ワインをカジュアルに!ボルミオリ・ロッコのグラスと簡単にんじんマリネ


はじめまして!「家ワイン」新人編集部員の山本です。
もともとビール&日本酒党のわたくしですが、この度ワインの世界に飛び込んでまいりました。

錚々たる執筆陣のなかコラムに参加するのはかなり勇気がいりますが、ワイン初心者の目線で、時々家ワイン舞台裏なども織り交ぜながら、楽しく更新していきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

グラスとオープナーを揃える!


さて、ワインを勉強するぞ!と思った私がまず最初にしたことはグラスとワインオープナーを揃えることでした。何事もカタチから入るタイプです。テンションを上げるのが大事なんです。

そこで購入したのがこちら。

ボルミオリ・ロッコのグラス
イタリアの老舗ガラスメーカー、ボルミオリ・ロッコ社のグラス。レストランやバー、カフェなどでも幅広く愛用されているそうです。










家ワインですから食卓でカジュアルにワインを楽しみたかったのと、脚が短いので扱いやすそうだな~と思い購入しました。実際、とても洗いやすく、縦にスタッキングして置けるのも省スペースでポイント高し。










ル・クルーゼのワインオープナー
紫貴さんのようにソムリエナイフでスマートに開けられたらかっこいいのですが、初心者にはハードルが高い…。ということでまずはスクリュータイプを購入しました。

こんなに楽に開けられるオープナーが存在することを初めて知りました…。感動です。これで飲む前に疲弊せずにワインを開けることができます。


そんなこんなで順調なワインライフのスタートを切ったところであります。
せっかくなので、趣味の料理と絡めてマリアージュというものを研究していければと思っています。
手始めに、私がよく作る一品をひとつご紹介しますね。

にんじんのマリネの材料:1人分


にんじん 1本
塩 適量
てんさい糖(砂糖でも可) 適量
オリーブオイル 適量
ワインビネガー 適量

作り方


【1】にんじんをピーラーでスライスする。




【2】にんじんの水分を出すため塩を全体に軽く振り、しばらく置く。








【3】にんじんがしんなりしたらぎゅっと絞って水分をきる。












【4】てんさい糖、オリーブオイル、ワインビネガーを回しかけ、マリネして完成です。最初は少しずつ加えて、味を見ながらお好みに合わせて調節してください。

お皿に盛りつけてから胡椒を挽くと、見栄えがよくきれいです。
お肉料理に添えても、にんじんのオレンジ色でお皿が華やかに☆


家ワイン公式Instagramでも少しずつですが「今日のワイン飯」を更新していますので、ぜひご覧になってくださいね。「#家ワイン」タグでみなさんのワインライフもシェアしてもらえたら嬉しいです!

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.