今さら聞けない!!ボルドーとブルゴーニュの違いを知っていますか?

ボルドーとブルゴーニュはフランスを代表するワインの名産地で、共に「素晴らしいワインを造る銘醸地」として有名なワイン生産地です。

しかし、甲乙つけがたい素晴らしいワインを造りますが、2つの地域では様々な違いがあります。今回はそんなボルドーとブルゴーニュの特徴とオススメのワインをご紹介します。

ボルドーの特徴

ボルドーワインの最大の特徴はブレンドにあります。ブルゴーニュをはじめ、世界には1つのブドウ品種でワインを造る産地が数多くありますが、ボルドーでは、2種類以上のブドウをブレンドし、複雑で豊かな味わいに仕上げています。また、2種類以上のブドウをブレンドしているため、ブレンドの比率を変えることで品種の出来がイマイチでも、ある程度カバーすることが出来ます。

ボルドーの赤ワインの特徴は、若いうちは力強く渋味があることです。ただし、熟成させることによって様々なニュアンスを感じられるワインへと変化していきます。実はボルドーでも白ワインを造っていますが、赤ワインの割合が圧倒的に多く、ボルドーのワイン生産量のうち、赤ワインが全体の90%近くを占めています。

ボルドーで赤ワインに使用が認められているブドウは、「カベルネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」「カベルネ・フラン」「マルベック」「プティ・ヴェルド」の5種類です。基本的にカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを主体としたワインが多く見られます。

白ワインは主に「ソーヴィニヨン・ブラン」「セミヨン」「ミュスカデル」の3種類です。ボルドー地方で造られる白ワイン、ボルドー・ブランは、ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンドで、力強いタイプからライトなタイプまで幅広く、ワインラヴァーを虜にしています。

おすすめワイン

サントリー
【シャトーラフィットがつくるボルドー赤の代名詞】 ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー レゼルブ スペシアル[フランス/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
サントリー
【シャトーラフィットがつくるボルドー白の代名詞】 ドメーヌ バロン ド ロートシルト ボルドー・レゼルブ・スペシアル [フランス/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

ブルゴーニュの特徴

ブルゴーニュはボルドーと違って、基本的に1つの品種だけで造られます。赤ワインは基本的にはピノ・ノワール、白ワインにはシャルドネを使用します。

1種類しか使わないため、土地の個性や生産者の個性(醸造方法)がワインにダイレクトに表れ、繊細な味わいが特徴的です。また、1種類しか使わないため、不作など自然の影響を大きく受けてしまいます。

ブルゴーニュの赤ワインは色鮮やかで渋味が少なく、すっきりした酸味があり、香り高いのが特徴です。また、ブルゴーニュは白ワインも有名で、モンラッシェ、ムルソー、コルトン・シャルルマーニュはブルゴーニュ3大白ワインともいわれています。

ブルゴーニュの赤ワインは、ピノ・ノワール、白ワインはシャルドネのみ使用しているため、レストラン等でブルゴーニュのワインを注文する時に赤、白さえ伝えれば、品種の話をする必要がないので覚えておきましょう。

おすすめワイン

アサヒビール
ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ガメイ 赤 750ml [フランス/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
日本リカー
ルイ・ジャド シャブリ・セリエ・ド・ラ・サブリエール 750ml [フランス/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

おわりに

もっともっと掘り下げれば、格付けや政治的な違いがありますが、今回はボルドーワイン、ブルゴーニュワインの特徴について比較してみました。

ボルドーとブルゴーニュ...比べてみるとその違いは多数あります。世界中の生産者たちは、この2大産地を目標にワイン造りに励んでいるといっても過言ではないので、ぜひ、この2大産地の違いを把握しておいて下さい。

サンクチュアリ出版
図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)
Amazonで見る

神奈川県生まれ。現在は東京を拠点に雑誌、Webメディア等の執筆活動中。20代後半からワインの楽しさに目覚め、ワインの楽しみ方も伝えています。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.