幅広いスタイルを持つスペインワインの特徴と格付は?種類別おすすめワイン4選

日本において輸入量第4位をほこるスペインワイン。今回は、専門家も注目するスペインワインの特徴と階層構造、そしてラベルの読み方から、ワイン選びのポイント、更にはおすすめのスペインワインをご紹介します。

スペインワインの特徴

出典:http://winefolly.com/review/map-of-spain-wine-regions/

スペインはイベリア半島に位置する大国で、面積はEUにおいて第3位の広さを所有します。緯度33~44度の間に広がり、南部アンダルシアが東京、バルセロナが青森と同緯度です。そのため気候の幅が広く、一つの国に地中海性気候、海洋気候、大陸性気候を保有しています。

加えてワイン造りの歴史も長く、あけぼのは紀元前1100年ともいわれています。フランスは紀元前6世紀にワイン造りが伝播したので、とても長い歴史があることがわかります。そのため、スペインは他国と比べて非常に幅広いワインのスタイルが産出されています。

例えば、赤・白・ロゼに加えてスパークリングワイン、シェリーに代表されるような酒精強化ワインもあります。また何といっても固有ブドウ品種の圧倒的な数が、バラエティーの豊かさに拍車をかけてきました。

スペインワインの階層構造

EUに所属する国々は共通の法律の枠組みを有しています。その枠は3つあり、ピラミッドになっています。一番下が地理的呼称のないワイン、真ん中が生産地域とブドウ品種を名乗れる指定地域で栽培されたブドウを85%以上使用して醸造される地酒的なワインであるIGP、そして最上位のヒエラルキーが、指定の地域内で栽培されたブドウのみから醸造される、地域特産の上級ワインであるAOPです。

スペインは、このヒエラルキーの中をさらに細かく分けており全部で7つの階層にしています。地理的呼称のないワインは「Vino」、IGPが「Vino de la Tierra」、そして「AOP」にあたるものに下から「V.C.」「D.O.」「D.O.C.」「V.P.」「V.P.C.」です。特によく見かけるのが「D.O.」と「D.O.C.」ではないでしょうか。これはフランスのA.O.C.にあたるヒエラルキーで、土地の個性を反映した品質の高いワインです。現在D.O.は約70個存在しますが、中でも超越したものを他のD.O.と区別するためにD.O.Ca.という階層が設けられました。それがRioja(リオハ)とPriorato(プリオラート)といった2つの産地です。

美味しいワインの選びのポイントは?

 

美味しいワインをさがすコツは、ラベルにD.O.(Denominacion de Origen)やD.O.Ca.(Denominavion de Origen Calificada)と記されているワインを選ぶことでしょうか。特にテンプラニーリョ種から造られる赤ワインで人気があるRioja D.O.Ca.やRobera del Duero D.O.、1980年代以降に急激に有名になったPriorato D.O.Ca.のグルナッシュや、カリニャン主体のモダンのワインも目が離せないでしょう。

こういった有名D.O.やD.O.Ca.を覚えておくだけでもずいぶんワイン選びが楽になりそうです。特にRiojaのワインはラベルにReservaや Grand Reservaと記されていることが多く、これらは熟成していることを表していますので、年月を経た優しい雰囲気のワインを飲みたいと思った場合はこの2つの言葉を探すのも目安になるでしょう。Grand Rservaのほうがより熟成しています。

名称/略称 読み方
Vino de Pago Calificado/V.P.C. ビノ・デ・カリフィカード
Vino de Pago/V.P. ビノ・デ・パゴ
Denominacion de Origen Calificada/D.O.Ca. デノミナシオン・デ・オリヘン・カリフィカーダ
Denominacion de Origen/D.O. デノミナシオン・デ・オリヘン
Vino de Calidad con Indicacion Geografica/V.C. ビノ・デ・カリダ・コン・インディカシオン・ヘオグラフィカ
Vino de la Tierra/V.T. ビノ・デ・ラ・ティエラ
Vino ビノ

おすすめのスペインワイン

スパークリングワイン:ロジャー・グラート カヴァ ゴールド ブリュット

三国ワイン
ロジャー・グラート カヴァ ゴールド ブリュット 750ml [スペイン/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

シャンパンと同じ製法で造られているカヴァ。しかしこのスパークリングワインはシャンパンよりも清涼感があり、キリっと冷やして楽しむことができます。財布にもうれしいお値段で毎日気軽に飲めそう。

赤ワイン:クネ リオハ クリアンサ

三国ワイン
クネ リオハ クリアンサ 750ml[ミディアムボディ] [スペイン/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

「クリアンサ」は「レセルバ」と比べて熟成が短いことを表しています。もぎたてのフランボワーズのような生き生きとした果実味を楽しむことができます。スペインを代表する伝統的ブドウ品種テンプラニーリョの良さがわかる1本。

白ワイン:NK チャコリ デ ゲタリア

サンリバティー
NK チャコリ D.O. チャコリ デ ゲタリア [スペイン/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

ミシュランガイドで「世界一美食の地」と称賛をうけ、10年間で瞬く間に有名になったのがサンセバスチャンを包括するバスク地方です。チャコリはこのバスクで造られる軽快な白ワインです。すっきり冷やしてホームパーティでピンチョスと楽しめば気分はバスク!

ロゼワイン:トーレス サングレ・デ・トロ ロゼ

エノテカ
トーレス サングレ・デ・トロ ロゼ 750ml [スペイン/ロゼワイン/辛口/ライトボディ/1本]
Amazonで見る

アメリカの文豪ヘミングウェイは、スペインのロゼワインを毎日3本は飲んでいたともいわれています。スペインのロゼワインがそれくらい素晴らしいということでしょうか。

同国を代表するトーレス社が造る辛口ロゼ。ガルナッチャ種を主体としているので、しっかりとした味わいで幅広い料理に合います。

まとめ

国土が広いためにバラエティーに富んだワインが造られているスペイン。飲みつくすのにも時間がかかりそうです。しかし、裏を返せばシチュエーションや料理に合わせて、最初から最後までスペインワインで通せてしまうという魅力もあるのです。今日から気軽にスペインワインを試してみたいですね。

J.S.A.認定シニアソムリエ/International A.S.I. Sommelier Diploma(国際ソムリエ協会認定ソムリエ)/WSET ®Diploma/WSET ®Recommended Tutor/Internal Assessor/米国ワインエデュケータ協会認定CWE/2008年 「オーストリアワイン大使」コンテスト優勝/2010年 WSET®「The Wine Australia Scholarship Award」/2016年 第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会 優勝/アカデミー・デュ・ヴァン講師
大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.