お祝いやプレゼントに最適!一流ファッションブランドのオーナーが手掛けるワインとは?

 

憧れている人も多い海外のハイブランドたち。実は、一流ファッションブランドのオーナーが経営するワイナリーがあったり、実際にプロデュースしているワインがあることをご存知でしょうか?

今回はお祝い事やプレゼントにも最適な、ハイブランドと関連するラグジュアリーなワインをご紹介します。

GUCCI(グッチ)が造るイタリアワイン

「G」のマークをモチーフに、カジュアルな普段使いからパーティーシーンまで活躍してくれる、バッグやワンピースなどのキュートなファッションで女性を虜にしているGUCCI。

4代目の創始者であるグッチオ・グッチが手を組んだのは、イタリアのスター醸造家の子息であるマルコ・ベルナベイ。トスカーナやヴェネトで栽培したブドウから飲みやすく爽やかな「GIOIA(ジオイア)シリーズをリリースしています。
お値段は、何と3000円台から。かなりお手頃ですが、花を思わせる現代風なラベルはGUCCIのスタイリッシュな雰囲気を漂わせています。

レストラン直営 『イタリア屋タニーチャ』
I.G.T. トスカーナ ロッソ 2015 750ml GIOIA (赤・サンジョベーゼ、シラー・イタリア)
Amazonで見る

公式サイトはこちら

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)の5代目がプライベートで造るワイン

出典:https://www.facebook.com/RestaurantWineBarXLV/

ブラウンをベースに、ロゴが散りばめられたモノグラムシリーズでお馴染みのLouis Vuitton。5代目のザビエ・ルイ・ヴィトンは、フランスの様々な地方でプライベートレーベル「XLV(エックス・エル・ヴィ)のワインを造っています。

コート・デュ・ローヌのヴァントゥーや、シャトーヌフ・デュ・パプ、ボルドーのメドックやポムロール、グラーヴなど、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルロー、グルナッシュを使用した上品で心地の良い重さのある赤ワインや、ブラン・ド・ブラン、ロゼ、そしてグラン・クリュであるブージー村のブドウで造られたシャンパンをリリース。

 2017年には「ジャパン インターナショナル ポートショー2017」に出展され、試飲・販売が行われました。

XLV ザビエ・ルイ・ヴィトン ヴァントゥー 2010
XLV ザビエ・ルイ・ヴィトン ヴァントゥー 2010 XLV ザビエ・ルイ・ヴィトン ヴァントゥー 2010【オリジナルボックス付】
Amazonで見る

公式サイトはこちら

CHANEL(シャネル)所有のシャトー

全世界の女性が憧れるCHANEL。近年では、黒のポシェットにゴールドのショルダーが愛らしい“マトラッセ”が爆発的な再ブームを呼びました。

そんなCHANELのオーナーであるヴェルテメール家が所有しているのは、ボルドー・メドックの第2級シャトーである「Ch.Rauzan Segla(シャトー・ローザン・セグラ)」です。

「え、こんな有名なシャトーが!?」と驚く人も多いと思いますが、1994年にCHANELが買収してからは減農薬栽培を取り入れるなど、多額の資金を投入して環境改善した結果、ワインの味が格段に良くなったという歴史があります。

さらに、同じボルドーの右岸にあるサン・テミリオン地区のプルミエ・グラン・クリュ・クラッセBに格付けされているシャトー・カノンも1996年に買収され、ヴェルメテール家所有になっています。

ローザン・セグラ
[2006] シャトー・ローザン・セグラ Ch.Rauzan Segla 750ml
Amazonで見る

公式サイトはこちら

HERMES(エルメス)のオーナー一族が所有するシャトー

 

セレブ御用達の高級バッグであるバーキンやケリーをはじめ、女性のファッションで常に最先端をいくHERMES。

そんなHERMESのオーナー一族が2006年から所有しているのは、ボルドーのリストラック村にある「Ch. Fourcas Hosten(シャトー・フルカ・オスタン)」です。自然が生み出すメルロのエレガントな風味を引き出すため、あらゆる最先端の醸造技術と設備が導入されつつも、昔ながらの伝統的な方法でしっかりとワインが造られています。

お値段も3000円台からと、お手頃価格。HERMESのバッグには、まだまだ手が届かないけど……という人にこそ、ぜひ味わって頂きたいおすすめワインです。


 


公式サイトはこちら

Versace(ヴェルサーチ)ファミリーが手がける歴史あるワイン

出典:https://justwines.com.au/

いつの時代もキャッチーできらびやかなデザインが華やかなイタリアのハイブランドVersace。1950年、創業者であるジャンニ・ヴェルサーチのいとこである、カルミネ・ヴェルサーチの一家がイタリアからオーストラリアに渡ったことから、その歴史が始まります。

南オーストラリア州のワイン銘醸地であるクナワラのワイナリーで本領を発揮したカルミネとその妻は、そこから北上したアデレード・ブレインズという土地にブドウ園を購入。そして1990年、カンガルー島にて商業ベースで成功を納め、2000年に現在も流通する「DOMINIC VERSACE WINES(ドミニクヴェルサーチワインズ)」を誕生させました。

赤、白、それぞれが濃厚でまろやかなスパークリングワインや、どっしりと重く芳醇な赤ワイン、そしてクリアですっきりとしたシャルドネの白ワインなど、様々なワインがリリースされていますが、ドミニク・ヴェルサーチラベルのスパークリングワインに関しては入手困難となっています。

公式サイトはこちら

まとめ

生活にセレブな風を取り込んでくれるハイブランド。バッグには手が届かなくても、ワインならちょっと特別な日に飲んでみようかな……という気分になるお値段ですよね。

入手が困難な場合もありますが、タイミングよく手にすることができたり、試飲会で飲める機会に恵まれることもあるかもしれません。また、お祝いごとでギフトとして贈っても喜ばれること間違いなし!憧れるブランドのワインで、セレブなひとときや思い出に残るシーンを演出してみてくださいね。

ホームページ
お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.