裏技パスタレシピ!乾麺がモチモチの生パスタ風に。簡単さんまのラグーパスタ

家でご飯を作る際、手軽に様々なレパートリーを楽しめるパスタ。今回は乾麺のパスタをお店で出てくる生麺に近づけ、家で余っていそうな材料で作るお洒落で簡単なパスタのレシピをご紹介します。

今回は季節を選ばずに簡単に作ることができる「さんまの蒲焼き缶詰を活用し、家で簡単に作れる本格パスタです。

【材料:2人分】

乾燥パスタ(今回は1.7mm使用)…120g

パプリカ1/4カット

塩こしょう適量

玉葱1/2個

オリーブオイル15g

ニンニク1粒 

ケチャップ大さじ1

さんまの蒲焼き缶詰1缶

オレガノ適量

はじめに

パスタが納まる容器に水が完全に被るくらいの量の水を入れ、パスタを1時間浸しておきます。

パスタを水に浸しておくことで白く変色し、写真の様にしなるまでになります。水に浸すことで、通常の乾麺を茹でる時よりもモチっとコシのある食感になり、ゆで時間も8~9分から2~3分へと時短が進むなど、メリットがたくさんあります。

水に浸す上でのポイント

常温で浸す場合は1〜1時間半です。それ以上浸すとパスタが溶け始めてしまい食感を失うのはもちろん、麺がボロボロになってしまいます。

調理までに時間がある場合は、水に浸した状態で容器ごと冷蔵庫で水を吸わせます。その場合は5~6時間まで時間を引き延ばす事が可能です。

【1】ニンニクと玉葱はみじん切りにし、パプリカは写真のような1口大にカットしておきます。

【2】フライパンにオリーブオイルとにんにくを加え、弱火で香りが出るまで温める。ニンニクオイルが温まったら玉葱を透明になるまで炒め、缶詰を加えて身をほぐします。

【3】蒲焼きがほぐし終わった頃にパプリカ、塩こしょう、ケチャップを加え、50cc程加水する。

 

【4】3分ゆでたパスタとオレガノを加え、香りが立ったら完成!

★レシピのワンポイント

さんまの蒲焼きは、メーカーによって味が異なります。塩こしょうで味の調整を行う以外に、ハーブやチーズを加えたり、ケチャップを入れないなど、味にアレンジを加えることで和風から洋風まで変化を楽しむことができます。

また、さんまの蒲焼きでなくてもイワシの蒲焼きでも代用可能です。

合わせるワイン

今回のレシピに合わせるワインは、アメリカ・カリフォルニア州のピノノワールです。
造り手のボーグル・ヴィンヤード(Bogle Vineyards)は、カリフォルニアのセントラル・ヴァレー、クラークスバーグにある家族で経営を続けるファミリー経営ワイナリーです。
全てのブドウ品種が安定して高い品質を誇っているため、そのワインは「外れ無し」と言われるほどです。

Bogle Vineyards Pinot Noir 2015

銘柄:ボーグル ヴィンヤーズ ピノノワール 2015

原産国:アメリカ カリフォルニア州

味わい:辛口・フルボディ

葡萄品種:ピノノワール

スミレやチェリーなどの豊かで華やかな香りの中に、皮革、たばこの風味、アメリカンオークとフレンチオークの2種類のオークが印象的な1本です。スパイシーですが、上品なタンニンを伴った完璧なバランスのとれた赤ワイン。カリフォルニアでこの質・価格のワインはなかなかありません。

蒲焼き特有の焦げた香りと、2種類のオークが口の中でマッチします。

ボーグル・ヴィンヤーズ
ピノ・ノワール[2015]ボーグル(赤ワイン)
Amazonで見る

まとめ

少しの手間とアレンジで、いつものパスタが1段上のパスタへ変身します。

ご家庭でもある材料を使っているので、簡単にチャレンジできる1皿です。お子様のいるご家庭からワインのお供まで、幅広いシーンで活用できますよ。ぜひ作ってみてくださいね。

マルハニチロ食品
マルハ からだに思いやりさんま蒲焼 100g×3個
Amazonで見る

ホームページ | instagram
群馬県出身。Ginger Garden AOYAMA シェフ。
高校時代をNew Zealandの首都Wellingtonで過ごし、現地の「Cafe Mojo」を始め、10年以上グローバルに飲食事業に従事。 New Zealandでワインへの見聞を深め、帰国後に銀座を中心にワインバー、ダイアモンドダイニンググループ、リッツカールトン、KENZO ESTATEにて勤務。会員制レストランを始め、数店舗でのアドバイザーを経て現在に至る。現在は出張シェフや料理教室でも講師等も務める。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.