ソムリエ試験でも必須!パニエでの抜栓方法

  1. パニエを正しく配置しよう
  2. キャップシールの切り方
  3. スクリューを刺す
  4. フックを引っかける
  5. コルクを引き抜く

Youtube チャンネル登録

 雰囲気のあるレストランに行くと、ソムリエさんが籠に入れて、ワインを抜栓してくれることがあります。それが今回ご紹介する「パニエ抜栓」です。一見難しそうに見えますが、ワインボトルを立てて抜栓する応用編です。ポイントを押さえれば自宅でもカッコ良く実践することができます。

また、日本ソムリエ協会の2次試験でも行われるので、将来的にソムリエを目指している方は勉強してゆきましょう!今回は”シングルアクション”といって、フックがまっすぐなタイプのものを使用して行います。

パニエ(Panier)とは?

パニエ(Panier)は、ワインを寝かせたままグラスに注ぎ易くするために用いるカゴのことを指し、ワインバスケットと呼ばれることもあります。 熟成ワインや一部の自然派ワインなどの澱が多いワインは、寝かせて保存している状態から立ててしまうと、たちまち澱が舞い上がってしまいます。パニエは保存していたままの角度を維持しながら注ぐことを目的とした道具です。

パニエ抜栓の手順

パニエを正しく配置しよう

ワインを入れたパニエは机の奥ではなく、ボトルの首をテーブルから出すように配置しましょう。

キャップシールの切り方

顎下に刃をあてる時は、角度を付けて当てます。本物の刃ではないので、しっかりと力を入れて切ります。刃をあてる時は外側ではなく、なるべく内側からスタートして切ります。ぐるっと三回くらい刃を回して切ると良いです。ボトルを抑える手は、力をかけすぎるとバランスを崩してしまうので、そっと添えるように抑えます。

最後に自分の身体から一番遠い部分にまっすぐ刃を入れて、キャップシールをはがします。

スクリューを刺す

コルクが割れないようにするためには、スクリューがコルクに対して平行に入れるようにします。また、最初から真ん中に針が入っていないと、コルクが割れてしまう原因になるので、針がコルクの真ん中に入るようにしましょう。慣れなければ、見ながら入れて頂いても問題ありません。

通常のスクリューは8巻き分あるので、シングルアクションであれば、6回コルクにスクリューをねじ込んでください。古いワインだとコルクがボロボロになってしまう可能性があります。コルクをボトル内に落とさない為にも、押し込むような力のかけ方はせずに、スクリューが回転するのに任せて、針がコルクに入っていくようにします。

フックを引っかける

フックをひっかける時には、コルクを上がりやすくするために自分の身体から一番遠い場所に引っ掛けるようにしましょう。

逆にフックを真上にしてしまったり、自分側にしてしまうと、力が入らなくなってしまいます。必ず自分から遠い場所にフックをかけるようにしましょう。

コルクを1センチほど引き上げると、フックが引っかからなくなるので、残りの2巻き分を入れます。そしてもう一度、身体から遠いところにフックを引っかけて、ゆっくりとコルクを引き上げます。

 

もう抜けそうかな?と思うくらい引き上げたら、コルクを出来る限り下から握りしめ、そっと揺らしながらコルクを抜いてゆきます。若いワインはコルクが丈夫ですが、古いワインだとコルクが脆くなっているので、やさしくコルクを引き抜いて上げます。

そして、コルクを抜く時には優しく。ワインの液面が高くなっているので、必ず上から空気を入れるようにしましょう。下から空気を入れると、ワインが噴き出してしまう可能性があります。

最後に

いかがでしたか?今回はパニエを使った抜栓方法をご紹介しました。ワインは良い状態で飲むと味わいも変わってきます。ヴィンテージワインや自然派ワインなどの澱があるワインを飲む際は、ぜひパニエを使用して抜栓を行ってみてくださいね。

funVino/ファンヴィーノ
【ファンヴィーノ/funVino】シルバーパニエ 【業務用】
Amazonで見る
IEOKE
IEOKE ソムリエナイフ コルク抜き ワインオープナー ステンレス
Amazonで見る
Pulltex (プルテックス)
プルタップス エボリューション ブラック SX210BK
Amazonで見る
MONOPOL アーソー コルク抜き
Amazonで見る
Homestia
Homestia ラップワインサーバー 繰り返利用可能 十枚入れ シルバー
Amazonで見る

J.S.A.認定シニアソムリエ/International A.S.I. Sommelier Diploma(国際ソムリエ協会認定ソムリエ)/WSET ®Diploma/WSET ®Recommended Tutor/Internal Assessor/米国ワインエデュケータ協会認定CWE/2008年 「オーストリアワイン大使」コンテスト優勝/2010年 WSET®「The Wine Australia Scholarship Award」/2016年 第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会 優勝/アカデミー・デュ・ヴァン講師
大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.