日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

 イタリアを代表する発泡性赤ワインといば、ランブルスコ。

そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長したイタリアエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。F1フェラーリのスポンサーなど、ジャンルを超えたコラボレーションを積極的に行うことで知られる、世界的にも有名なワイナリー。

先日、イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行いました。

ランブルスコへの思いはもちろん、ドネリ社について、更にはおすすめのワインなど、貴重なお話をお聞きすることができました。ぜひ、お楽しみください。

Q.ドネリ社の歴史を教えてください。

ドネリ社』は、1915年にアドルフォ・ドネリ(上記肖像)によって、ランブルスコの主要産地である、北イタリアのレッジョ・エミリアという都市で創業されました。アドルフォ・ドネリは、もともとこの土地でランブルスコを栽培しており、最初は自家消費用としてワインを作っていました。その一部を友人や知り合いにプレゼントしていたところ、味わい良さが評判に。結果、市場を相手にワインづくりを仕事としてスタートさせたのです。

Q.ドネリ社のこだわりを教えてくだい。

私たちはランブルスコを作る畑にとてもこだわっています。ランブルスコの畑がある場所は平地で、その昔、川がよく氾濫したため土壌が水をよく含む湿地帯でした。この肥沃な土地であることが、ランブルスコを育てる上で重要な条件なのです。

Q.ランブルスコの醸造について教えてください。

ランブルスコは、醸造が難しいワインです。まず、アルコール発酵の後、発泡をつくる工程があるため、発酵の工程が二回あります。また、ほかのワインに比べてアルコール度数が低いため、作業全体をデリケートに行わなければなりません。最終的に、酸味残糖ストラクチャーという、三つのバランスが取れたワインになっている必要があります。このバランスを取ることが、本当に難しいですね。

Q.ドネリ社ではさまざまなランブルスコを揃えていますね。

ランブルスコと一言で言っても、クローン品種など、さまざまな種類があります。『ランブルスコ・ディ・ソルバーラ』、『ランブルスコ・サラミーノ』など、品種によってできてくるランブルスコの味わいが違うため、さまざまな種類を揃えています。

Q.イタリア国内ではどのようにランブルスコが楽しまれていますか?

ランブルスコは、イタリアで最も消費されているワインで、若い方から年配の方まで、幅広い層に好んでいただけています。発泡性のワインなので、さまざまなシチュエーションに対応しますし、アルコール度数が低いのでランチタイムにも飲まれています。若い方など、ワインを飲み始めた方が最初に飲むワインがランブルスコだった、という場合も多いですよ。

Q.日本でランブルスコが人気です。その理由は何だと思いますか?

ランブルスコは、現代に適したワインだからではないでしょうか。発泡性であり、アルコール度数が低いため、飲みやすいということもひとつの要因だと思います。また、いろいろなお料理に合わせやすいというのも、日本の方々に選ばれている理由のひとつだと考えています。

Q.「缶入りのワイン」は、日本では珍しいですが世界での反応は?

世界中で、缶入りのランブルスコをつくり出したのは、『ドネリ社』が初めてです。アメリカでは爆発的な人気を博しており、ロシア、スペイン、北ヨーロッパでも受け入れられています。ここで挙げた国以外にも、今後広く受け入れられる商品になっていくのではないでしょうか。

Q.ドネリ社が今後チャレンジしたいと考えていることはありますか?

今、さまざまなプロジェクトが進行していますが、力を入れている方向性は、クオリティの高い商品を生み出していくことです。白いランブルスコ、伝統的な製法のアンチェストラーレ、瓶内二次発酵のロゼなど、『ドネリ社』では、今後もさまざまなチャレンジを行っていきます。

ジョバンニ氏が日本の皆さんにおススメする1本!

ランブルスコ・レッジャーノ・アマービレ

英字名:Lambrusco Reggiano Amabile

ブランドDonelliドネリ

原産国名イタリア

産地(地方)エミリア・ロマーニャ

分類:赤フリッツアンテ

ブドウ品種:ランブルスコ、ランチェロッタ

格付け:Reggiano D.O.C.(D.O.P.) 

アルコール度数 9%

ボディライトボディ
飲み口:甘口

内容量:750ml

ジョヴァンニ氏のテイスティングコメント

 『ランブルスコ・レッジャーノ・アマービレ』は、日本で最も人気がある、やや甘口タイプのランブルスコです。

外観は濃い赤。泡立ちが良く、持続性があります。桑のやブルーベリーのような赤いベリー系の香りが漂うのが特徴です。やや甘口で芳醇ですが、少しだけタンニンを感じることができます。フィニッシュに心地良い酸があり、甘く、持続性があります。提供温度はやや低めの12がおすすめ。さまざまなお料理と合わせやすい、万能タイプのランブルスコです。 

Q.日本のワインファンにメッセージをいただけますか?

ワイン愛好家の方々にお伝えしたいのは、ブドウ品種でワインを選ぶのも良いですが、高品質なワインをつくるワイナリーでワインを選んでいただきたい、ということです。

例えば、我々『ドネリ社』は100年の歴史を持ち、ブドウ樹からボトリング、販売までを保証された中で一貫して行うワイナリーです。私たちは40年前から日本でランブルスコを販売し、これから40年先も高品質なランブルスコをマーケットに届けたいと考えています。『ドネリ社』は、日本の消費者の方々と、夫婦のように、共に成長していける存在でありたいと思っています。

撮影にご協力いただいた店舗

 

CA'MONTE(カ・モンテ)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビルB1F

TEL:03-5466-4535

営業時間:月~金 10:00~20:00、土日祝11:00~18:00

定休日:年末年始

山梨県生まれの東京暮らし。フリーライター。音楽、ラジオ、ファッション、グルメなどさまざまなフィールドで活動中。甲州ワインに日常的に触れていたことで、知らぬ間にワイン通に…。ワインのちょっとした知識を小出しに紹介していきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.