初心者でも分かる!ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

パンを焼き、ワインを飲み、チーズを食べる...これは、ヨーロッパの食文化の基本です。ワインとチーズは食の楽しみに欠かせない組み合わせですが、チーズには大きく分けて、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類がある事をご存知ですか?

では、どんな違いがあるのか、今回は、ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いについて紹介していきます。

ナチュラルチーズ

ナチュラルチーズと言えば「柔らかいチーズ」と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、ナチュラルチーズとは、乳を固めて発酵熟成させたチーズです。まさにナチュラルというべく、自然のままに乳酸菌も生きているチーズです。もちろん、そのまま置いておくと熟成します。

原料には、牛や山羊、羊、水牛などの乳が使用されており、乳酸菌や酵素の働きによって発酵させて固めます。また、ナチュラルチーズは原料の乳の種類や製造方法、乳酸菌やカビなどの微生物、生産地の風土(テロワール)などによって形も風味も大きく変わるのが特徴です。

熟成すると風味が変わるため、ナチュラルチーズには食べ頃があるんですが、難しく考えることなく、少しづつ食べてみて、好みの熟成状態を見つけるのが良いでしょう。

また、ナチュラルチーズは以下の種類に分けられています。

・フレッシュチーズ(モッツァレラ)

・白カビチーズ(カマンベール)

・ウォッシュチーズ(エポワス)

・シェーブルチーズ(クロタン・ド・シャヴィニョル)

・青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)

・セミハードチーズ(ゴーダ、チェダー)

・ハードチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)

それぞれの種類に特徴があるので、自分の好みのナチュラルチーズを見つけてみるのもたのしいかもしれません。

プロセスチーズ

日本でチーズといえば一般的には「プロセスチーズ」になります。

ブラックペッパー入り、ナッツ入り、スライスチーズや6Pチーズ、キャンディチーズなど、味も形も様々なチーズが市販されています。

プロセスチーズはナチュラルチーズを加熱して溶かし、乳化剤を加え、型に詰めて作ります。加熱しているため、乳酸菌は死滅していて、それ以上熟成することはありません。

食べるとプリプリした歯ごたえがあり、乳を加熱したコンデンスミルクのような風味が特徴的です。プロセスチーズは日持ちもしますし、品質が安定しているのでお手頃な値段で手に入るため、冷蔵庫に常備されているの方も多いかもしれませんね。

また、プロセスチーズは栄養価が高く美味しくて、コストパフォーマンスがとっても高い優等生チーズです。熟成がなく味が一定なので、ワインのおつまみにこだわりたい人やチーズ自体をしっかりと楽しみたい人には、あまり向いていないチーズかもしれませんが、逆にクセがないので、幅広い人が楽しめるチーズでもあります。

どちらがおすすめ?

チーズ本来の美味しさを楽しみたいなら、ミルクや熟成の味わいを感じられるナチュラルチーズがおすすめです。まずはクセの少ないフレッシュタイプのフロマージュ・ブラン白カビタイプのカマンベールチーズなどいかがでしょう。

ワインに合わせる場合もナチュラルチーズの方がよく合います。

お料理に使ったり、お弁当にチーズを入れるならプロセスチーズがいいです。プロセスチーズは保存性が良く、そのままでも、焼いても溶かしても美味しく食べられます。

「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」を上手く選んで、チーズを楽しんでください。



ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.