春のワインの楽しみ方はロゼワインにあり!

はじめに


ワイン通にとって、ロゼワインはどのような立場にあるんでしょうか?ワイン初心者の人からすれば、ロゼワインは薄い赤ワインと思っていた!という声も聞いてみたり…。

ロゼワインには、いくつかの作り方があるのをご存知ですか?

・強めにプレスした果汁から作る。
・熟成させた果汁の上澄みを取ってワインにする。
・発酵前に黒ブドウと白ブドウを混ぜる。

このように、複数の作り方があるのがロゼワインです。しかも、ほとんど樽熟成をしないので、ブドウ本来の風味を感じることができる仕上がりになります。また、ブドウの種類、プレスの具合、醸しの時間によって、色の濃淡は決まるそうです。

さて、今回はこの季節にピッタリのロゼワインをご紹介したいと思います。

春と言えばロゼ


やはりロゼワインは「春のワイン」ですよね。日本には四季があり、季節ごとに行事が行われますが、桜色のロゼワインはお花見の時期にぴったりです。

J.J Mortier Rose d’Anjou
J.J.モルチェ ロゼ・ダンジュ

今回ご紹介する「ロゼ・ダンジュ」は、フランス北西部のロワール地方アンジューソーミュール地区で作られるロゼワインです。

グロロ種のブドウを主体として作られ、この地域のミュスカデやアントル・ドゥー・メールなどとともに気軽に飲まれているワインです。美しいサーモンピンクで、デリケートなアロマのある適度に甘口のワインは女性向けかもしれません。

和食にも合わせやすい


ロワール河沿岸には古城が点在し、フランスの庭と言われています。高い建物もなく、緑が豊かな中に、白いお城が立っている様子は、本当に美しく、中世のフランスを彷彿とさせます。

そんなロワール地方に思いを馳せつつ、よく冷えたロゼ・ダンジュを楽しんでいただきたいですね。

すっきりとした中にもふわっと香る果実感。ロゼは和食にも非常に良く合います。春野菜や、旬の鯛を使った軽やかな料理とも相性抜群です。春の恵みとワインのきれいな色で、身体に元気を取り込めそうですね。

おわりに


いかがでしたか?

春はロゼワインを身近に感じる季節でもあります。 ロゼワインの優しい色合い、味わい、飲み心地は、心を明るくしてくれますし、春からの新しい生活に向けてそっと背中を押してくれますよ。

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.