春のワインの楽しみ方はロゼワインにあり!

はじめに


ワイン通にとって、ロゼワインはどのような立場にあるんでしょうか?ワイン初心者の人からすれば、ロゼワインは薄い赤ワインと思っていた!という声も聞いてみたり…。

ロゼワインには、いくつかの作り方があるのをご存知ですか?

・強めにプレスした果汁から作る。
・熟成させた果汁の上澄みを取ってワインにする。
・発酵前に黒ブドウと白ブドウを混ぜる。

このように、複数の作り方があるのがロゼワインです。しかも、ほとんど樽熟成をしないので、ブドウ本来の風味を感じることができる仕上がりになります。また、ブドウの種類、プレスの具合、醸しの時間によって、色の濃淡は決まるそうです。

さて、今回はこの季節にピッタリのロゼワインをご紹介したいと思います。

春と言えばロゼ


やはりロゼワインは「春のワイン」ですよね。日本には四季があり、季節ごとに行事が行われますが、桜色のロゼワインはお花見の時期にぴったりです。

J.J Mortier Rose d’Anjou
J.J.モルチェ ロゼ・ダンジュ

今回ご紹介する「ロゼ・ダンジュ」は、フランス北西部のロワール地方アンジューソーミュール地区で作られるロゼワインです。

グロロ種のブドウを主体として作られ、この地域のミュスカデやアントル・ドゥー・メールなどとともに気軽に飲まれているワインです。美しいサーモンピンクで、デリケートなアロマのある適度に甘口のワインは女性向けかもしれません。

和食にも合わせやすい


ロワール河沿岸には古城が点在し、フランスの庭と言われています。高い建物もなく、緑が豊かな中に、白いお城が立っている様子は、本当に美しく、中世のフランスを彷彿とさせます。

そんなロワール地方に思いを馳せつつ、よく冷えたロゼ・ダンジュを楽しんでいただきたいですね。

すっきりとした中にもふわっと香る果実感。ロゼは和食にも非常に良く合います。春野菜や、旬の鯛を使った軽やかな料理とも相性抜群です。春の恵みとワインのきれいな色で、身体に元気を取り込めそうですね。

おわりに


いかがでしたか?

春はロゼワインを身近に感じる季節でもあります。 ロゼワインの優しい色合い、味わい、飲み心地は、心を明るくしてくれますし、春からの新しい生活に向けてそっと背中を押してくれますよ。

TAGS

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.