宮崎の希少ブランド牛『尾崎牛』を味わえる肉バル 恵比寿「GATSBY」


恵比寿「GATSBY」は、希少な宮崎のブランド牛『尾崎牛』を味わえる数少ないお店。
尾崎牛って、ご存知でしたか?

品種としては黒毛和牛ですが、尾崎さんという生産者の方が独自に試行錯誤し、無農薬堆肥で作った牧草や自家製飼料を使って牛を育てるなど、こだわりにこだわって生産されているブランド牛なんだそうです。個人の生産者さんなのであまり多くは出荷されておらず、都内でも食べられるお店は数えるほどしかないので、幻のお肉と呼ばれているとか…。

そんな希少な尾崎牛をリーズナブルに楽しめる肉バル「GATSBY」。
先日お邪魔してきましたので、ご紹介したいと思います。


席数はそれほど多くないながら、食事をゆったり楽しめるスペースの確保された店内。
1~2人での利用なら、お肉が焼かれる様子を眺めながら食事できるカウンター席がいいですね!

さて、食前酒にグラスのスパークリングワインをいただきながら、まずは前菜7種盛り合わせ。
ナッツ入りのキャロットラペがお気に入り。


こちらも前菜、フォアグラのブリュレ。
クレームブリュレと同じように、焦がしキャラメルの表面をパリパリと割って食べます。楽しい、そしておいしい。


こちらがワインリスト。
常時50種ほどのワインが取り揃えられているそうです。マスカット・ベリーAや農民ロッソなど国産ワインの名前も!


飲んだのはこの3本。
Marchese Montefusco Syrah、イタリア・シチリア産。

La Vendimia Palacios Remondo、スペイン・リオハ産。

Du Clos Rocher de Vierge Vieilles Vignes、フランス・ラングドック産。

個人的な好みですが、2本目のLa Vendimiaが非常にまろやかな味わいで好きでした。

そして、いよいよメインのお肉!
黒毛和牛 内モモ、尾崎牛 クラシタ、あかりん豚 肩ロースのグリル。

期待の尾崎牛だけでなく他のお肉も、染みわたるような旨味がありつつ、すっと融けていくようなさっぱりした脂。後味がしつこくなく、すぐに次の一口を頬張りたくなってしまうお肉が揃っていました。

後から調べたところ、あかりん豚も、奄美大島産の希少なブランド肉だそうです。
生産者の方が試行錯誤し、手間ひまかけて丁寧に育ててくださるから、この柔らかさと甘さが生まれるのですよね…。

付属のタレもいいのですが、岩塩を挽いて食べると肉の甘みがさらに引き立ちます。

この他にも2~3品オーダーしましたが、どれもワインがグイグイ進んでしまうメニューでした。
お肉は時期によって入荷している部位が違うようなので、何度行っても新鮮な気持ちで楽しめるお店だと思います。

尾崎牛専門 肉バル GATSBY
東京都渋谷区恵比寿1-25-11 TYMSビル 1F
TEL : 03-5449-7170
火~金 17:30 – 2:00
土・日 17:00 – 23:00
月曜定休
食べログ

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.