初心者向け!家ワインがおすすめするワイングラスと正しいグラスの選び方

はじめに

自宅でワインを飲むときに必要な道具といえば、ワイングラスとワインオープナーです。ワインオープナーはワインボトルを開ければいいので、基本好みのオープナーでいいと思います。 しかし、ワイングラスは色んな種類があるので、何を選んでいいか分からないと思います。そこで、今回はワイン初心者の方へ、グラス選びのポイントと、お薦めのワイングラスをご紹介します。

ワイングラスで味が変わる?

なぜグラスでワインの味が変わってくるのかというと、それは、ワイングラスの形が、ワインを流し込む位置に非常に関係しているからです。「まさか!?」という思う方もいると思いますが、普通の紙コップとワイングラスで飲み比べてみれば分かると思います。 これは全てのワインに共通のワイングラスを使うのではなく、赤ワイン用と白ワイン用で分けた方が美味しく飲めますし、ブドウの品種によっても適したグラスまであります。 さすがにブドウ品種毎に揃える必要はありませんが、赤ワイン用、白ワイン用で分けていた方が、よりワインを美味しく楽しむことができます。

グラスの色

ワイングラスは色も重要です。ワインには美しい色があり、色を楽しむこともワインの楽しみなので、色が付いたカラフルなワイングラスや切子やグラヴィールが入っているグラスよりは、無色透明のシンプルなワイングラスを選んで下さい。

グラスの形

ワイングラスの基本の形はチューリップ型です。ワインの香りは非常に重要なファクターなので、グラスが大きくなればなるほど圧倒的に香りが立ち、美味しく感じることができます。 しかし、あまり大きく過ぎると扱いづらく、家での置き場所にも困るので、ほどよいサイズのワイングラスを選びましょう。 ちなみに、白ワインやスパークリングワインのように冷やして飲む場合は、冷えている間に飲みきれるように小さいサイズになっています。

グラスの耐久

ワイングラスは半永久的に使用できるものではありません。ワイングラスはあくまでも消耗品なので、自分の身の丈に合ったワイングラスを選びましょう。 もちろん、薄手で繊細なワイングラスはそれなりの値段になる上、割れやすくなります。高級グラスを揃えてハラハラドキドキしながらワインを楽しむのではなく、割れてもまた購入できるワイングラスを選びましょう。

お薦めのワイングラス

名の知れたグラスメーカーであれば、ワインの種類、葡萄の品種毎にワイングラスがあります。例えばブルゴーニュ、ボルドーと、この2種類でもグラスが違います。他にもスパークリング、白ワインなど、上げればキリがありません。それらを全て買い揃えるとなれば、お金も掛かりますし、収納場所も必要になるので、赤白兼用のワイングラスをお薦めします。

例えば、リーデルの万能グラスと言えば、ブドウ品種を特定せず、幅広く使えるオヴァチュアレッドワインがお薦めです。名前はレッドワインと付いていますが、軽めの赤ワインやさっぱりとした白ワインなど、幅広い用途でご利用いただけるカジュアルグラスです。

もうひとつ上のヴィノムシリーズに「ジンファンデル/リースリング・グラン・クリ」という万能グラスがあるんですが、値段が少し高くなるので、ビギナーの方はオヴァチュアレッドワインをおすすめします。

脚付きではなく、カジュアルなタンブラータイプが良い人は、リーデル・オー リースリング/ソーヴィニヨン です。家ワインの定期購入をお申し込みいただいた方にプレゼントしているグラスです。 こちらも万能グラスとなっていて、軽めの赤ワインやさっぱりとした白ワインには最適のグラスです。

重めの赤ワインをメインに飲まれる方には、このグラスがあれば十分でしょう。

もちろん、これ以外にも多数のワイングラスがありますが、リーデルはグラスで飲むと香りや味わいの印象が変わるという事実に着目しています。ただし、割れやすいので、取り扱いには気を付けて下さい。 ワイングラスは消耗品なので、割れづらいグラスの方が良いという方は、ドイツのツヴィーゼルクリスタル社のワイングラスもいいでしょう。衝撃、キズに強いトリタンクリスタルを使用し、このディーバ・リビングシリーズは、最新技術によりステム部分への強化処理でグラス全体の耐久性がアップし、従来品に比べキズがつきにくく、ステム部分は2倍の強度を誇ります。レッドワインという名前ですが、赤白兼用のグラスとなっています。

こちらは125年余の歴史を持つドイツの大手ガラスメーカーStolzleから販売されているこの赤白兼用のワイングラスです!初心者ですぐに割ってしまいそう...と不安な方には価格も手ごろなのでお薦めです。

まとめ

ワイングラスには、ワインの味と香りを最大限に引き出す役目があるので、グラスを変えればワインの味もグッと変わります。 リーデルだけに限らず、他のグラスメーカーもワインの味、香りを引き出すように造られているので、ぜひ自分にあった1脚を見つけてみて下さい。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.