フライパンで作る!ハッセルバックポテトの簡単レシピ

新じゃがの美味しい季節がやってまいりました。そのせいでしょうか?クリームポテトやエッグスラット、変わりフレーバーのフライドポテトや塩肉じゃがなど、いろんなジャガイモ料理が次々と話題になってるように感じます。

中でも注目を集めているのが、スウェーデンの家庭料理「ハッセルバックポテト」。

切込みを入れローストされた丸ごとのジャガイモは、見た目にも楽しく、いかにも美味しそう!そして、いかにもワインに合いそう!

通常はジャガイモに細かい切込みを入れ、オイルをかけてオーブンで焼く料理なのですが...繋げたまま切り込みを入れるのは結構難しかったり、ジャガイモの大きさによって加熱時間の調整が必要なので、できたと思ったらまだシャリシャリだったり、うまく焼き色がつかなかったり、オイルがはねてお掃除が大変だったり。と言うか、そもそもオーブンで焼くっていうのがハードル高かったり。

そんなわけで、今回は思いっきりアレンジして、フライパン1つで焼ける「ハッセルバックポテトの超お手軽バージョン」をご紹介します。

材料:1~2人分


[難易度] ★★☆
[調理時間] 15分
ジャガイモ 300g
バター 20g
塩小さじ 1/4
黒コショウ 少々

作り方


【1】ジャガイモは皮をむき、薄い輪切りにする。食感を楽しみたいならごく薄切りに、ホクホクが好きならちょっと厚切りに。
※ここで水洗いはしないでください!重要!







【2】フライパンに1を並べて敷き詰める。ジャガイモのでんぷんがノリ代わりになってくれるので、多少雑な並べ方でもOK!バターをちぎって散らし、全体に塩・黒コショウをふる。






【3】蓋をして中火で8~10分、蒸し焼きに。ジャガイモに火が通ったらフライパンに器をのせ、返すように盛り付ける。







バターと一緒にベーコン、アンチョビ、スパイスやハーブなどを加えたり、仕上げにクリームチーズやマスカルポーネをのせたり、粉チーズ、トマトソース、メープルシロップなどをかけても美味しいですよ。

合わせたワイン


富士山 赤池幻酵母 ブラン2014
[分類] 白(辛口)
[生産] 山梨県
[品種] 山梨県産甲州100%

富士山麓に数年に一度だけ出現する幻の湖「赤池」から採取した酵母を使用した希少ワインです。入手しづらいワインを紹介して申し訳ございません。

発売に先駆けお披露目されたFOODEX JAPAN 2015で大反響だったワインが、先週、ルージュ(山梨県産カベルネソーヴィニヨン50%・マスカットベーリーA50%の赤ワイン)とブラン(今回ご紹介する白ワイン)の各8,000本が限定発売されました。

ルージュ、ブランとも共通して感じる味わいの第一印象は、名前のとおり「酵母」のニュアンス。まるで、バゲットの旨みを飲んでいるような錯覚。飲み口は、日本の山のミネラルウォーター的なやわらかさで、静かでピュア。静かではあるけれど、奥底からエネルギーも感じられ、ゆったり長い余韻を楽しめます。

コンセプトは「海外からのお客様が日本で飲みたい純日本のワイン」とのことですが、日本に住む私たちにとっても魅力的な存在になりそうです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.