フライパンで作る!ハッセルバックポテトの簡単レシピ

新じゃがの美味しい季節がやってまいりました。そのせいでしょうか?クリームポテトやエッグスラット、変わりフレーバーのフライドポテトや塩肉じゃがなど、いろんなジャガイモ料理が次々と話題になってるように感じます。

中でも注目を集めているのが、スウェーデンの家庭料理「ハッセルバックポテト」。

切込みを入れローストされた丸ごとのジャガイモは、見た目にも楽しく、いかにも美味しそう!そして、いかにもワインに合いそう!

通常はジャガイモに細かい切込みを入れ、オイルをかけてオーブンで焼く料理なのですが...繋げたまま切り込みを入れるのは結構難しかったり、ジャガイモの大きさによって加熱時間の調整が必要なので、できたと思ったらまだシャリシャリだったり、うまく焼き色がつかなかったり、オイルがはねてお掃除が大変だったり。と言うか、そもそもオーブンで焼くっていうのがハードル高かったり。

そんなわけで、今回は思いっきりアレンジして、フライパン1つで焼ける「ハッセルバックポテトの超お手軽バージョン」をご紹介します。

材料:1~2人分


[難易度] ★★☆
[調理時間] 15分
ジャガイモ 300g
バター 20g
塩小さじ 1/4
黒コショウ 少々

作り方


【1】ジャガイモは皮をむき、薄い輪切りにする。食感を楽しみたいならごく薄切りに、ホクホクが好きならちょっと厚切りに。
※ここで水洗いはしないでください!重要!







【2】フライパンに1を並べて敷き詰める。ジャガイモのでんぷんがノリ代わりになってくれるので、多少雑な並べ方でもOK!バターをちぎって散らし、全体に塩・黒コショウをふる。






【3】蓋をして中火で8~10分、蒸し焼きに。ジャガイモに火が通ったらフライパンに器をのせ、返すように盛り付ける。







バターと一緒にベーコン、アンチョビ、スパイスやハーブなどを加えたり、仕上げにクリームチーズやマスカルポーネをのせたり、粉チーズ、トマトソース、メープルシロップなどをかけても美味しいですよ。

合わせたワイン


富士山 赤池幻酵母 ブラン2014
[分類] 白(辛口)
[生産] 山梨県
[品種] 山梨県産甲州100%

富士山麓に数年に一度だけ出現する幻の湖「赤池」から採取した酵母を使用した希少ワインです。入手しづらいワインを紹介して申し訳ございません。

発売に先駆けお披露目されたFOODEX JAPAN 2015で大反響だったワインが、先週、ルージュ(山梨県産カベルネソーヴィニヨン50%・マスカットベーリーA50%の赤ワイン)とブラン(今回ご紹介する白ワイン)の各8,000本が限定発売されました。

ルージュ、ブランとも共通して感じる味わいの第一印象は、名前のとおり「酵母」のニュアンス。まるで、バゲットの旨みを飲んでいるような錯覚。飲み口は、日本の山のミネラルウォーター的なやわらかさで、静かでピュア。静かではあるけれど、奥底からエネルギーも感じられ、ゆったり長い余韻を楽しめます。

コンセプトは「海外からのお客様が日本で飲みたい純日本のワイン」とのことですが、日本に住む私たちにとっても魅力的な存在になりそうです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.