贅沢な組み合わせ!お寿司とシャンパンのマリアージュ

はじめに


先日、奈良から柿の葉寿司をお取り寄せしたので、シャンパーニュを合わせてみました。お寿司をつまみながらシャンパンを飲むって贅沢ですよね。

今回、なぜシャンパンを選んだかというと、シャンパンは繊細でエレガントなのでお寿司の味の邪魔せず、それでいて自己主張もできる香りと味わいを持っているからです。

ワインはその温度によって酸味の感じ方が変わり、冷たくなるほど酸味は感じにくくなるので、シャンパンの酸味と酢飯の酸味がマッチします。いまでは、お寿司やさんでもシャンパンを置いているお店が多数見かけるようになりました。

合わせるシャンパン


今回選んだのは、モエ・エ・シャンドン社のブリュット・アンペリアルのキャールサイズ。

モエ・エ・シャンドンは大手メーカーの1つで、かの有名な「ドン・ペリニヨン」はモエ・エ・シャンドン社の高級銘柄でもあります。

キャールサイズとは、シャンパーニュのボトルサイズで187mlのことです。普通サイズは750mlでブテイユと言います。

ブテイユサイズと比較してみると、とても、かわいらしいキャールサイズですね。

ちなみにモエ・エ・シャンドンは187ml~15Lまで9サイズ販売されています。15Lのボトルサイズなんて見てみたいものですね。

ワンポイント豆知識


シャンパーニュのコルクを抜くときの基本は、なるべく音をたてずにシュッと開け、泡も出さないようにします。このシュッという音を「天使の溜息」とも言います。

ただし、お祝いなどの派手なイベント時は例外として、シャンパンを豪快に空けます。この時、シャンパンから飛び出すコルクのスピードは時速約40キロだとか。

おわりに


今回の柿の葉寿司だけではなく、シャンパーニュとお寿司とのマリアージュは楽しめそうです。だだ、タレがついているアナゴやいくらなどはお寿司の方の主張が強くなってしまうかもしれませんね。

フランス シャンパーニュ地方のランスには、最初から最後までシャンパーニュと合わせるミシュランの星を獲得している「ボアイエレクイエール」というレストランがあるそうです。それを考えるとシャンパーニュのマリアージュは奥が深くまだまだ未知の部分がありそうです。

横浜在住の本職は薬剤師。ある日突然ワインに目覚め、ワインの奥深さに驚き、それから、ワインの勉強には現在進行形です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.