カラフルでビタミンCたっぷり!夏にうれしい鯛と甘夏のセビーチェ

いま、世界中で大流行している「セビーチェ」を知っていますか?

セビーチェは、生魚を柑橘類の果汁でマリネした、ペルーやメキシコなど南米の名物料理。魚に含まれる動物性たんぱく質はビタミンCで効率よく体内に吸収されるため、栄養バランスに優れたメニューです。

雑誌で見かけておいしそうだったので、先日作ってみました。

果物は柑橘類ならなんでも良さそうですが、今回は八百屋の店先で目に止まった甘夏で!

材料:3~4人分

真鯛(刺身用) 1柵

甘夏 1個 カブ(葉付き) 2本

-- A --

ココナッツオイル 小さじ1(オリーブオイルでも可)

塩 小さじ1/2

粉山椒 適量

作り方

【下準備】 ・白身魚は2cm角程度に切り、塩(分量外)を振っておく。

・甘夏は半分にカットし、片方は果汁を絞り、もう片方は皮をむいて果肉をひと口大にほぐす。

【1】ボウルに甘夏の果汁とAを合わせ、ペーパータオルで水気をとった白身魚を加える。しばらく置いて味をなじませる。

【2】カブをよく洗って葉と根に分け、葉はラップにくるんでレンジで30秒ほど加熱し、ざく切りにする。根は皮のままスライサーで薄切りにする。

【3】1に2と甘夏の果肉を加えて全体を和える。汁ごと器に盛り、粉山椒(分量外)をふりかける。

ビタミンカラーがかわいい!天気のいい休日のブランチに、スパークリングや柑橘の香りの白ワインとあわせていただくと、かなり爽やかなのではないでしょうか。

これからの夏、暑さで疲れた体に染み渡りそうです。ぜひ作ってみてくださいね!

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.