カラフルでビタミンCたっぷり!夏にうれしい鯛と甘夏のセビーチェ


いま、世界中で大流行している「セビーチェ」を知っていますか?

セビーチェは、生魚を柑橘類の果汁でマリネした、ペルーやメキシコなど南米の名物料理。魚に含まれる動物性たんぱく質はビタミンCで効率よく体内に吸収されるため、栄養バランスに優れたメニューです。
雑誌で見かけておいしそうだったので、先日作ってみました。

果物は柑橘類ならなんでも良さそうですが、今回は八百屋の店先で目に止まった甘夏で!

材料:3~4人分


真鯛(刺身用) 1柵
甘夏 1個
カブ(葉付き) 2本

-- A --
ココナッツオイル 小さじ1(オリーブオイルでも可)
塩 小さじ1/2
粉山椒 適量

作り方


【下準備】
・白身魚は2cm角程度に切り、塩(分量外)を振っておく。
・甘夏は半分にカットし、片方は果汁を絞り、もう片方は皮をむいて果肉をひと口大にほぐす。

【1】ボウルに甘夏の果汁とAを合わせ、ペーパータオルで水気をとった白身魚を加える。しばらく置いて味をなじませる。
【2】カブをよく洗って葉と根に分け、葉はラップにくるんでレンジで30秒ほど加熱し、ざく切りにする。根は皮のままスライサーで薄切りにする。
【3】1に2と甘夏の果肉を加えて全体を和える。汁ごと器に盛り、粉山椒(分量外)をふりかける。

ビタミンカラーがかわいい!天気のいい休日のブランチに、スパークリングや柑橘の香りの白ワインとあわせていただくと、かなり爽やかなのではないでしょうか。

これからの夏、暑さで疲れた体に染み渡りそうです。ぜひ作ってみてくださいね!

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.