カラフルでビタミンCたっぷり!夏にうれしい鯛と甘夏のセビーチェ


いま、世界中で大流行している「セビーチェ」を知っていますか?

セビーチェは、生魚を柑橘類の果汁でマリネした、ペルーやメキシコなど南米の名物料理。魚に含まれる動物性たんぱく質はビタミンCで効率よく体内に吸収されるため、栄養バランスに優れたメニューです。
雑誌で見かけておいしそうだったので、先日作ってみました。

果物は柑橘類ならなんでも良さそうですが、今回は八百屋の店先で目に止まった甘夏で!

材料:3~4人分


真鯛(刺身用) 1柵
甘夏 1個
カブ(葉付き) 2本

-- A --
ココナッツオイル 小さじ1(オリーブオイルでも可)
塩 小さじ1/2
粉山椒 適量

作り方


【下準備】
・白身魚は2cm角程度に切り、塩(分量外)を振っておく。
・甘夏は半分にカットし、片方は果汁を絞り、もう片方は皮をむいて果肉をひと口大にほぐす。

【1】ボウルに甘夏の果汁とAを合わせ、ペーパータオルで水気をとった白身魚を加える。しばらく置いて味をなじませる。
【2】カブをよく洗って葉と根に分け、葉はラップにくるんでレンジで30秒ほど加熱し、ざく切りにする。根は皮のままスライサーで薄切りにする。
【3】1に2と甘夏の果肉を加えて全体を和える。汁ごと器に盛り、粉山椒(分量外)をふりかける。

ビタミンカラーがかわいい!天気のいい休日のブランチに、スパークリングや柑橘の香りの白ワインとあわせていただくと、かなり爽やかなのではないでしょうか。

これからの夏、暑さで疲れた体に染み渡りそうです。ぜひ作ってみてくださいね!

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.