超簡単!アルザス地方の郷土料理タルトフランベ

前回のコラムでご紹介させて頂いたアルザス地方に続き、今日はアルザス地方の郷土料理「タルトフランベ」の簡単レシピをご紹介させて頂きます。 オーソドックスなスタイルは、薄いパン生地にタマネギ、ベーコン、フロマージュブランを乗せ、オーブンでパリパリに焼き上げたものです。フランベとは炎のことで、薪釜の炎で焼いたことから、炎のタルト=タルトフランベと呼ばれる様になったそうです。 「白いチーズ」という意味の名を持つフロマージュブランは、フレッシュタイプの熟成させない作りたてのチーズでヨーグルトの様なまろやかな酸味があり、フロマージュフレとも呼ばれます。


イズニーサントメール フロマージュフレ 原産国:フランス 原材料名:牛乳 乳脂肪分:40%

このフロマージュブランを使って、簡単タルトフランベを作りたいと思います。見た目はピザの様ですが、生地も薄くチーズも軽やかなので、前菜としてもピッタリです。 是非、作ってみて下さい。


材料:作りやすい分量


ピザクラフト生地(市販のもの)1枚 タマネギ 半玉 フロマージュブラン 100g ブロックベーコン 100g

作り方


【1】タマネギは薄切りにし、ブロックベーコンは棒状にカットする。※この間にオーブンを200度に予熱しておく。






【3】生地にフロマージュブランを塗り、スライスしたタマネギを敷きつめる。




【4】その上からベーコンを散らし、予熱しておいたオーブンで5分位焼きます。※端に焼き色がつく程度に焼き出来上がりです。

合わせたワイン



タイプ 白ワイン 原産国 フランス・アルザス地方 品種 リースリング

外観は輝きのあるレモンイエロー。グレープフルーツや、かりんなど黄色い果実の香りとフレッシュな酸味が心地よく、上品で清らかな味わいを感じられます。 アルザス郷土料理で多く見られる、お肉やソーセージ、ジャガイモを使ったしっかりとしたお料理にも合わせられ、幅広く楽しめるワインです。 今回は、タマネギに新タマネギを使いました。普通のタマネギでも、もちろんOKですが、甘みが強く、採れたて新鮮な今しか味わえない旬の新タマネギを使いました。オーブンで火を通しただけなので、新玉ねぎのフレッシュ感と甘みも十分に楽しむ事が出来ました。 この季節に飲みたいアルザスワインとともに、楽しんでみては、如何でしょうか?

TAGS

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.