自分の好きなワインを知りたい!簡単ワインテイスティングのすすめ

「自分の好みのワインを知りたい」これはワイン好きなら誰もが思うことではないでしょうか。そのために今回はテイスティングのお話をしたいと思います。

小学生の頃に朝顔の観察日記をつけた方が多いと思います。「朝顔を観察して記録する。」テイスティングと聞くとソムリエが険しい表情でワインを表現するような、難しいイメージが湧くかもしれませんが、実際は朝顔の観察日記と同じことなのです。

テイスティングの順番

テイスティングで行うことはこれだけです。「目」で見て「鼻」で嗅いで「口」で味わう。そしてそれを「手」で記録する。 それでは具体的にどういったことをするのか見ていきましょう。

【1】目で見る

ワインの色を観察してみましょう。ワイングラスを少し傾けて下地に白いナプキンや紙を敷いて見ると分かりやすいです。

白ワインと一口に言っても、青みがかったレモンイエロー、出汁のような黄金色、麦茶のような茶色よりの黄色と表現は様々です。また、赤ワインも、サツマイモの皮のような紫よりの赤色、宝石のようなルビー色、紅葉のような茶色がかった赤色などが見られます。

【2】鼻で香りを嗅ぐ

グラスを少し傾けて香りを嗅ぎましょう。 コツはグラスの中に鼻を突っ込むイメージです。次にグラスを回してみましょう。グラスをテーブルに置いたまま回すと回しやすいです。

そして、その香りをもう一度嗅いでみましょう。この二回分の香りのうち、始めの香りをアロマと言い、原料のぶどうと発酵に由来する香りとなります。二回目の香りはブーケと言い、熟成過程で生まれる香りとなります。

これらの香りは何かの香りに似ていませんか。焼きたてのパンの香り、オレンジ皮の香り、削った鉛筆の香り、新品の革財布の香りなど、コツは自分の記憶にあるイメージで香りを表現してみることです。

【3】口で味わう

最後に口にワインを含んでみましょう。どんな味がしますか。第一印象は?甘い?渋い?酸っぱい?飲んだ後の余韻は?など、あらかじめ自分なりのチェック項目を決めておくといいですね。もう一度飲んでみたい、こんな料理と合わせると美味しいと思うなど、合わせて簡単な言葉で感想を書いておくと記憶がより一層深まります。

まとめ

テイスティングは決して難しいものではありません。 ワインの観察日記をつけるイメージで記録をしてみてはいかがでしょうか。記録を重ねることで、自分の好みを知る大きな手がかりとなりますよ。

日本文芸社
The WINE ワインを愛する人のスタンダード&テイスティングガイド
Amazonで見る
日本経済新聞出版社
ワインスタイル 失敗しないテイスティング道場 (日経ムック)
Amazonで見る

ワイン業界に携わり12年目を迎えました。「正しい情報を分かりやすく」をモットーにコラムをお届けします。果実味と酸味のバランスのとれたワインが好き。日本ソムリエ協会ワインアドバイザー。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.