美食の地・バスク地方の郷土料理「アショワ」

はじめに

今回はバスク地方の郷土料理「アショワ」をご紹介させていただきます。 アショワとはバスク語で“細かく刻んだもの”を意味する、伝統的な家庭料理です。バスク地方の特産品ピーマンをたっぷり使い、仕上げにピマン・デスプレットを効かせたピリっと辛みのあるバスク版“キーマカレー”の様なお料理です。 バスク地方の郷土料理ではありますが、スーパーで手に入る食材を使って簡単に出来るので是非作ってみてください。

材料と作り方

【 材料 】 牛挽肉 300g

緑ピーマン 2個

赤ピーマン 2個

タマネギ 半玉 ニンニク 2片

白ワイン 50cc

ブーケガルニ(ティーバッグタイプ) 1個

塩・胡椒 少々

ピマン・デスプレット 小1

※パプリカパウダーと一味唐辛子で代用可

【1】ピーマン・タマネギは1cm角に切り、ニンニクはみじん切りにする。

【2】オリーブオイルでニンニク、タマネギ、ピーマン、挽肉を全体に火が通るまで炒める。

【3】水200cc、白ワイン50cc、ブーケガルニ1個入れ、15分位煮込む。ピマン・デスプレットを入れさらに5分ほど煮込み完成です。

ピマン・デスプレットは日本ではなかなか手に入りにくいと思うので、パプリカパウダーと少量の一味で代用出来ます。その際一味の入れ過ぎにはご注意下さいね。お好みで辛さを調節してください。

おわりに

現地ではご飯と一緒にカレーライスの様に食べたり、茹でたジャガイモが添えられていたりします。バケットに具を乗せてタパスの様に食べるのもオススメで、ワインとの相性も良く、ワインのおつまみとしても楽しめる一品です。

仕上げに使うピマン・デスプレットのピリ辛な味付けで胃腸を刺激し食欲を増進してくれます。また発汗作用によって体温を下げてくれる働きもあるので、夏にオススメしたいお料理です。

TAGS

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.