夏野菜を使ったヘルシーレシピ!浅利とフルーツトマト・胡瓜の冷製フェデリーニ

夏は食欲が減退していき、夏バテに発展してしまいます。そんな夏バテを解消してくれる栄養素は夏野菜に詰まっている事を知っていますか?

夏に不足しがちな栄養素を簡単に補給できるのが夏野菜の良いところ。という事で、今回は夏野菜を使った冷製フェデリーニのレシピをご紹介します。

ヘルシーでおいしいのはもちろん、彩りも美しく、夏バテ防止に大活躍の一皿です。

材料:2人分


フェデリーニ 120g
浅利 160g
フルーツトマト 2ヶ
胡瓜 2本
にんにく 1片(みじん切り)
白ワイン 60cc
エキストラヴァージンオリーブオイル 大さじ2
ピュアオリーブオイル 大さじ1

作り方


【1】胡瓜をすりおろす。











【2】フルーツトマトはくし形に切る。












【3】フライパンにピュアオリーブオイルと、にんにくを入れて強火にかける。










【4】香りが出てきたら、浅利を入れて白ワインを入れて蓋をする。浅利の殻がひらいたら、火を止めて全てボウルに取りだす。








【5】大き目の別のボウルに水を入れて【4】を冷やす。










【6】胡瓜、フルーツトマト、エキストラヴァージンオリーブオイルを【6】に入れる。










【7】パスタを茹でる。パスタが茹であがったら【6】に加え、冷やしながらまぜ合わせます。最後にお皿に盛りつけて完成です。※味見をして、足りなかったら塩を追加して下さい。





これからの夏にぴったりな1品が出来上がりました。

新鮮な夏野菜にさっぱりとした味付けで、夏の火照った体をクールダウンしてくれる絶品冷製フェデリーニ…あっさり塩味にフルーツトマトの甘みと酸味が絡んで、暑さで疲れた身体を癒してくれます。

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.