旨みと甘味が凝縮した南仏ピザ「ピサラディエール」の簡単レシピ

はじめに

今日は南仏郷土料理“ピサラディエール”をご紹介させて頂きます。ピザ生地にじっくり炒めたタマネギとアンチョビ、黒オリーブをトッピングして焼き上げたピザの様なニースの郷土料理です。

“ピサラ”とはニースの言葉で『塩漬けの魚』という意味で、アンチョビの塩気とじっくり炒めたタマネギの甘みが絶妙です。キリッと冷やしたロゼワインや白ワインがグイグイ進んでしまう一品で、
とても簡単に出来るので是非作ってみてください。

材料:作りやすい分量

市販ピザクラスト 1枚

タマネギ 2玉

アンチョビのオイル漬け 8枚

黒オリーブ 5個

オリーブオイル 適量

作り方

【1】タマネギは薄くスライスし、黒オリーブは輪切りにスライスする。アンチョビはオイルを軽く拭き取っておく。

【2】スライスしたタマネギをオリーブオイルで炒める。火加減は中火から始め、タマネギがしんなりしてきたら弱火で炒めます。

【3】飴色になるまで30分位じっくりと炒めます。

【4】ピザクラストに炒めたタマネギを薄く敷く。

【5】放射線状にアンチョビを並べ、その間に黒オリーブを散らす。200℃に熱したオーブンで生地に焼き色がつく様に5分位焼いて出来上がりです。

まとめ

ピザ生地の他に、スライスしたバケットに具材を乗せてタルティ−ヌとしても楽しめ、アペリティフのおつまみとしても大活躍してくれるレシピです。

ポイントはタマネギをじっくり炒め甘みを引き出す事です。飴色になるまで炒めるには30分位かかってしまいますが、この手間ひまが美味しさの秘訣です。

この飴色タマネギはハンバーグやスープ、カレーなどにも使えるので沢山作っておくと色々とアレンジ出来るのでとても便利です。冷凍保存も出来るので、時間が無いときも冷凍庫にストックしておくととても助かりますよ。

冷やしたワインと合わせて、南仏郷土料理「ピサラディエール」を楽しんでみてはいかがでしょうか?

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.