驚くほど簡単!プロヴァンス地方の郷土料理、茄子のタプナード

今回はフランス・プロヴァンス地方発祥の郷土料理タプナードをご紹介させて頂きます。

タプナードとは、オリーブ、アンチョビ、ケーパー、ニンニクが入った南仏を代表する食材から作るペースト状のお料理です。今回は今一番美味しい時期を迎えた茄子を入れたタプナードを作ってみました。

材料をミキサーにかけるだけで、簡単に出来るので是非作ってみてください。

材料と作り方


【材料】
黒オリーブ(種無し) 50g
アンチョビ 4フィレ
ニンニク 0.5片
茄子 1本
オリーブオイル 大1

【1】茄子に縦に切れ込みを入れアルミホイルに乗せトースターで片面10分ずつ焼き、焼き茄子を作る。







【2】茄子が焼けたら皮をむき輪切りにしておく。








【3】黒オリーブ、アンチョビ、ニンニク、オリーブオイルを入れミキサーにかける。ある程度細かくなってきてから茄子を入れ、さらに撹拌しペースト状になったらできあがりです。







今回は茄子を入れてみましたが茄子ではなく、他にツナやバジル、くるみなどを入れても美味しく出来ます。

バケットに塗って簡単なワインのおつまみにはもちろん、白身魚のポワレに添えて食べたり、パスタソースにアレンジしたり、サラダに和えたりと手軽なおつまみからおもてなし料理まで幅広くいろいろと楽しめるのも魅力です。

ワインと共にタプナードを楽しんでみてはいかがでしょうか。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.