こんなにあった!ワインのいろいろなボトルサイズ

  1. ワインのボトルサイズについて
  2. 飲み手の用途に合わせるため
  3. ボトルサイズごとに味わいが違うから

Youtube チャンネル登録

今回のワンポイントレッスンは、ワインのボトルサイズと味わいの違いです。

ワインのいろいろなボトルサイズについて

一般的にワインは、750ml入りのボトルに入っています。しかし、それ以外にも様々なサイズのボトルがあることをご存知でしょうか。

例えば、350ml入りのハーフボトル、1,500ml入りのマグナムボトル、その他にはレオボワームやジェロボアムなど、サイズによって難しい名前がついています。これらの名前は、戦隊もののヒーローや薬品の名前ではありません。

ワインボトルの名前は、旧約聖書や新約聖書に出てくる、王様や賢者の名前が由来となっています。ヘブライ語やギリシャ語なので、少し覚えづらい名前となっています。

では、なぜこのような様々なサイズが存在するのか……。今回はワインボトルのサイズの目的を大きく2つにわけてご紹介します。

飲み手の用途に合わせるため

1つ目は、消費者の様々なニーズに応えるためです。

一人飲み用には、1/4サイズのキャールを。2人飲み用には、1/2サイズのドゥミ、もしくはハーフを。パーティー用には2倍のサイズのマグナムを……。と、様々な用途に合わせて使い分けができるワインボトルは便利なのです。

インターネットで購入できるのは、通常のワインの16本分に値するバルタザール(12,000ml)までで、そのほとんどのワインがシャンパ―ニュです。

シャンパーニュ地方の呼び方 ボルドー地方の呼び方 容量
キャール(Quart) キャール(Quart) 1/4本分サイズ(188ml)
ドゥミ・ブテイユ(Demi bouteille) ハーフボトル(Half bottle) 1/2本分サイズ(375ml)
ブテイユ(Bouteille) ブテイユ(Bouteille) 1本分サイズ(750ml)
マグナム(Mugnum) マグナム(Mugnum) 2本分サイズ(1,500ml)
ジェロボアム(Jeroboam) ダブルマグナム(Double mugnum) 4本分サイズ(3,000ml)
レオボアム(Rehoboam) ジェロボアム(Jeroboam) 6本分サイズ(4,500ml)
マチュザレム(Mathusalem) アンぺリアル(Imperial) 8本分サイズ(6,000ml)
サルマナザール(Salmanazar) 12本分サイズ(9,000ml)
バルタザール(Balthazar) 16本分サイズ(12,000ml)
ナビュコドノゾール(Nabuchodonosor) 20本分サイズ(15,000ml)

※ジェロボアム(Jeroboam)は同じ名称でサイズが異なるので、気を付けましょう。

ボトルサイズごとに味わいが違うから

2つ目は、ワインのボトルサイズによって味わいが異なるので、その違いを楽しむためです。

では、どのように味わいが異なるのでしょうか。そのことを知る前にワインは生き物のようなもので、常に熟成が進んでいることを知っていてください。

「熟成」というとカッコイイですが、科学的な言い方をすると熟成は、「酸化」を意味します。

酸化とは、酸素と成分が結びついて、元の性質ではなくなることを示します。例えば、林檎を切って置いておくと茶色くなる現象も、酸化の一種なのです。

それでは、ワインボトルのサイズとワインの味わいの関係にフォーカスしていきます。

ワインボトルは小さな瓶であればある程、ワインと酸素の触れる面積が大きくなります。すなわち、小さい瓶に入っているワインの方が熟成の速度が早くなります。

それに対して、大きな瓶にワインが入っているとワインと酸素の触れ合う面積がさほど大きくないので、ワインの熟成はゆっくりと進んでゆきます。

そのため専門家の中には、「普通のボトルと比べると、大きいボトルに入っている方が美味しい。」という方もいらっしゃいます。

最後に

いかがでしたか。いろいろなサイズの瓶が用意されていたり、ユニークな名前がついているのはワインならではですね。こういったことを知っていると、家飲みの楽しくなりそうですね。

 

酒のキンコー
【辛口スパークリングおすすめ】辛口スパークリングワイン ハーフボトル 3本セット
Amazonで見る
日本リカー
ヘンケル・トロッケン ドライ・セック ダブルマグナム 3000ml [ドイツ/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る
サントリー
【英国王室御用達のシャンパン】シャンパン ローラン・ペリエ ラ キュベ 12000ml バルタザール [フランス/スパークリング/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

J.S.A.認定シニアソムリエ/International A.S.I. Sommelier Diploma(国際ソムリエ協会認定ソムリエ)/WSET ®Diploma/WSET ®Recommended Tutor/Internal Assessor/米国ワインエデュケータ協会認定CWE/2008年 「オーストリアワイン大使」コンテスト優勝/2010年 WSET®「The Wine Australia Scholarship Award」/2016年 第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会 優勝/アカデミー・デュ・ヴァン講師
大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.