短時間でサッと作れる!ブルターニュ地方の郷土料理、ムール・マリニエール


今回はフランス・ブルターニュ地方の郷土料理、ムール・マリニエールをご紹介させて頂きます。「マリニエール」とは漁師風という意味で、ムール・マリニエールはブルターニュ地方の漁師料理として親しまれてきました。

現地では鍋に山盛りのムール・マリニエールとフライドポテトが添えられ出てくるのが定番でムール・フリットと呼ばれています。

初めて食べた時は、とても一人では食べられない量だったので驚きましたが、1人1ポット頼まれる方がほとんどで、ワイン片手におしゃべりを楽しむのがブルターニュスタイルです。

作り方はとても簡単。短時間でサッと出来るので是非作ってみてくださいね。

材料と作り方


ムール貝 300~400g
タマネギ 1/2個
ニンニク 2片
白ワイン 50cc
バター 5g
パセリ 少々

【1】ムール貝の貝と貝をこすり合わせながら洗い、ひげは取る。







【2】タマネギ、ニンニク、パセリをみじん切りにする。








【3】タマネギとニンニクをオリーブオイルで炒める。










【4】ムール貝とワインを入れ、蓋をして3分位蒸し焼きにする。








【5】貝の口が開いたらバターと入れざっくり混ぜパセリを散し出来上がりです。









貝を召し上がった後、旨味がぎゅっと詰まった出汁をバケットに浸して食べる、第二の楽しみも是非ご堪能ください。

ムール貝が手に入らない場合、あさりでも美味しく出来ます。あさりの酒蒸しを作る感覚で日本酒をワインに代えて楽しんでみてください。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.