ワイン好きなら押えておきたい3つの赤ワイン用ブドウ品種

はじめに

カベルネソーヴィニヨンでしっかりしたワインの良さを知り、ピノノワールでフルーティーなタイプも美味しいと感じている。

今回はそんな赤ワインの懐の広さにはまりつつある赤ワインラヴァーの方におすすめしたい、赤ワイン用ブドウ品種を3つご紹介いたします。

テンプラニーリョ(Tempranillo)

スペインワインの代名詞のように知られているブドウ品種です。スペインでは樽による熟成を経てから出荷されるものが多いです。短期熟成のものは豊かな果実味を感じることができ、長期熟成のものは溶け込んだようなタンニンとそれを裏打ちする酸が素晴らしく、正に変幻自在なブドウといえます。

カベルネソーヴィニヨンのどっしりさとピノノワールの軽快さの両方がお好みの方におすすめです。

お店で探すなら スペイン(リオハ地方) 短期熟成のものは「テンプラニーリョ」とブドウ品種のみラベルに表記されているものを、長期熟成の重めのものは「レゼルヴァ Reserva」「グランレゼルヴァ Gran Reserva」とあるものをお選びください。その中間がよければ「クリアンサ Crianza」とあるものを探してください。

カベルネフラン(Cabernet Franc)

野菜のような香りと例えられることがあり敬遠されがちですが、実際飲んでみると滑らかなタンニンでベリー系の香りがする愛らしいワインです。

フランス・ボルドー地方ではカベルネソーヴィニヨンやメルローとブレンドされることが多いです。しかしフランス・ロワール地方ではカベルネフランだけで素晴らしいワインが造られています。

ピノノワールの軽やかさがお好きな方におすすめです。 お店で探すなら シノン(フランス・ロワール地方) アンジュー(フランス・ロワール地方)

マルベック(Malbec)

濃い赤紫色を呈し、ブラックチェリーやプラム、ブラックベリーなど、赤紫系果実をぎゅっと閉じ込めた果実爆弾のようなワインに仕上がります。アルゼンチンで成功している品種です。

フランスでは南西地方でメインのブドウとして、ボルドー地方ではブレンド用品種として使用されています。カベルネソーヴィニヨンの重厚な飲み口とメルローの滑らかさがお好きな方におすすめです。

お店で探すなら アルゼンチン カオール(フランス・南西地方)

まとめ

ひとつ好みのブドウ品種が見つかると、そこからまた好きなワインのタイプが見えてきます。いろいろなブドウ品種にチャレンジして好みのワインを見つけましょう。

ワイン業界に携わり12年目を迎えました。「正しい情報を分かりやすく」をモットーにコラムをお届けします。果実味と酸味のバランスのとれたワインが好き。日本ソムリエ協会ワインアドバイザー。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.