炙りベーコンとさつま芋のニョッキ クリーミーチーズソース


家ワインがお届けするワインと相性抜群の料理をご紹介します。

スタートワインセットの赤ワイン「セレスト・ルージュ」にぴったりのレシピを、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。

かわごえ直子先生のコラムはこちら

「セレスト・ルージュ」は、黒い果実やスパイスが香り、南のワインならではの芳醇な果実味と豊かな渋みで、丸みと滑らかさをもつ赤ワインです。しっかりとした飲みごたえのワインには、さつま芋とチーズのこっくりとしたソースをたっぷりからめたニョッキをどうぞ。

材料:2人分


厚切りベーコン 100~120g程

-- ニョッキ --
さつま芋 200g程
みりん 50ml
塩 小さじ1/2
溶き卵 25g
薄力粉 大さじ3~4程

-- ソース --
みりん 50ml
ミックスチーズ 40g
生クリーム 80~100ml
塩 適量
こしょう 少々
粗びき黒こしょう お好み量

作り方


【1】さつま芋は皮をむいて2cm角くらいに切り、水につけて水気をきり、耐熱ボウルにみりんと共に入れラップして電子レンジにかける。(600wで5分ほど)
※さつま芋が柔らかくなるまで。



【2】【1】をラップしたまま10分ほど置いておく。
※少し冷ます事で次の作業がしやすくなる。




【3】【2】を潰して40gを別容器に取り分ける(ソース用)。ニョッキ用のさつま芋生地に塩を混ぜ、溶き卵も混ぜる。薄力粉を大さじ3程度混ぜ、全体をまとめる。生地が手にべったりつくようなら少し粉を足す。
※柔らかくベタつくが、丸められる固さに調節する。さつま芋の品種によって固さが違うため調節してください。
※紅あずまのような繊維質の品種では作りにくい。金時芋や安納芋がベスト。


【4】手に水をつけ1cm位の大きさに丸める。沸騰した湯に分量外の塩を入れ、ニョッキを茹でる。上に浮き上がってきたら30秒ほど茹で、ザルにあげる。
※塩分1%程度の湯で茹でる。(海水程度、お吸い物より塩辛い程度)






【5】フライパンを熱し、1cm厚さに切ったベーコンを両面炙って皿に移す。同じフライパンにみりんとミックスチーズを混ぜ、ソース用のさつま芋を入れなじませ、少しづつ生クリームも混ぜる。塩、こしょうで味を調える。








【6】【5】のソースに茹で上がったニョッキを混ぜ全体に絡め、ベーコンと共に器に盛り付ける。ニョッキの上に粗びき黒こしょうを散らす。
※クレソン、パスタを添えると華やかな一皿になる。
※ニョッキはベーコンと一緒に食べるとワインとの相性がとっても良くなる。



いかがでしょう?

さつま芋の甘みとチーズの塩気が一体となり、それだけでも濃厚な旨味が感じられますが、ベーコンとニョッキを一緒に食べるとさらに相乗効果あり。

ゆったり過ごす週末のワインタイムにおすすめのレシピです。ぜひお楽しみください。

[レシピ提供] 料理研究家 かわごえ直子
website | blog
東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.