炙りベーコンとさつま芋のニョッキ クリーミーチーズソース


家ワインがお届けするワインと相性抜群の料理をご紹介します。

スタートワインセットの赤ワイン「セレスト・ルージュ」にぴったりのレシピを、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。

かわごえ直子先生のコラムはこちら

「セレスト・ルージュ」は、黒い果実やスパイスが香り、南のワインならではの芳醇な果実味と豊かな渋みで、丸みと滑らかさをもつ赤ワインです。しっかりとした飲みごたえのワインには、さつま芋とチーズのこっくりとしたソースをたっぷりからめたニョッキをどうぞ。

材料:2人分


厚切りベーコン 100~120g程

-- ニョッキ --
さつま芋 200g程
みりん 50ml
塩 小さじ1/2
溶き卵 25g
薄力粉 大さじ3~4程

-- ソース --
みりん 50ml
ミックスチーズ 40g
生クリーム 80~100ml
塩 適量
こしょう 少々
粗びき黒こしょう お好み量

作り方


【1】さつま芋は皮をむいて2cm角くらいに切り、水につけて水気をきり、耐熱ボウルにみりんと共に入れラップして電子レンジにかける。(600wで5分ほど)
※さつま芋が柔らかくなるまで。



【2】【1】をラップしたまま10分ほど置いておく。
※少し冷ます事で次の作業がしやすくなる。




【3】【2】を潰して40gを別容器に取り分ける(ソース用)。ニョッキ用のさつま芋生地に塩を混ぜ、溶き卵も混ぜる。薄力粉を大さじ3程度混ぜ、全体をまとめる。生地が手にべったりつくようなら少し粉を足す。
※柔らかくベタつくが、丸められる固さに調節する。さつま芋の品種によって固さが違うため調節してください。
※紅あずまのような繊維質の品種では作りにくい。金時芋や安納芋がベスト。


【4】手に水をつけ1cm位の大きさに丸める。沸騰した湯に分量外の塩を入れ、ニョッキを茹でる。上に浮き上がってきたら30秒ほど茹で、ザルにあげる。
※塩分1%程度の湯で茹でる。(海水程度、お吸い物より塩辛い程度)






【5】フライパンを熱し、1cm厚さに切ったベーコンを両面炙って皿に移す。同じフライパンにみりんとミックスチーズを混ぜ、ソース用のさつま芋を入れなじませ、少しづつ生クリームも混ぜる。塩、こしょうで味を調える。








【6】【5】のソースに茹で上がったニョッキを混ぜ全体に絡め、ベーコンと共に器に盛り付ける。ニョッキの上に粗びき黒こしょうを散らす。
※クレソン、パスタを添えると華やかな一皿になる。
※ニョッキはベーコンと一緒に食べるとワインとの相性がとっても良くなる。



いかがでしょう?

さつま芋の甘みとチーズの塩気が一体となり、それだけでも濃厚な旨味が感じられますが、ベーコンとニョッキを一緒に食べるとさらに相乗効果あり。

ゆったり過ごす週末のワインタイムにおすすめのレシピです。ぜひお楽しみください。

[レシピ提供] 料理研究家 かわごえ直子
website | blog
東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.