タブーにご注意!ワインの注ぎ方、注がれ方

  1. レストランで
  2. 持ち寄りのワイン会で
  3. 格好いい注ぎ方

Youtube チャンネル登録

 高級レストランに行くと、立ち居振る舞いが気になるものですよね。出来ればかっこよく、スムーズにできるようになりたいものです。今回はレストランでのワインの注がれ方と、ワイン会やホームパーティーでのワインの注ぎ方のマナーについてご紹介します。

レストランでのマナー

レストランでは絶対に手酌をしないように注意しましょう。

ワインの本場のフランスでは、”女性がワインを男性に注ぐ行為は、娼婦がすることだ”とされ、NGとなっています。

またワインを注がれる際は、グラスを持ち上げるような仕草はしないようにしましょう。グラスを持ってしまうと体温がグラスに伝わり、ワインの味が変化してしまったり、注ぐ側もやりにくいのでワインがごぼれてしまう原因になります。

ワインを注いていただく際のスマートな方法は、目でソムリエさんに合図をし、グラスをテーブルに置いたまま、注いてもらう方法です。

ワイン会やホームパーティーでのマナー

持ちよりのワイン会やホームパーティーで、たくさんの本数のワインがある場合は、「手酌ルール」を決めておくと良いです。

理由は、中には体調の優れない人や、たくさんお酒が飲めない人もいるかもしれません。注ぎ合ってしまうと、強要をしてしまう形になってしまいます。また、ワインが余ってもったいないという現象も起こりうります。

ワインの世界では、このような方法を「南極船方式」と呼ぶ人もいます。なぜなら、南極船に乗っている人は酔っぱらうことが許されていないからです。

格好良いワインの注ぎ方

では、実際自分でワインを注ぐときは、どのように行えば格好よく見えるのでしょうか?

ワインを注ぐとき、ラベルにワインが滴り落ちると血が流れているようで見苦しいです。このようなことを”液だれ”と言います。

ここからは液だれをせずに格好よくワインを注ぐ方法とポイントをご紹介します。またワインを注ぐ際は、トーション(リトー)を用意しておくと、なお良いでしょう。

ワインを注ぐ際の5つのポイント

1:ワインボトルは必ず片手で持ちましょう。
2:ボトルを持つ際、ワインのラベルが上になるように持ちましょう。
3:ボトルは瓶底を持つようにしましょう。手で握るように持っても、ボトル底のくぼみに親指を入れ、他の4本指をボトルに添えて持ってもOKです。
4:ワインを注ぎ終わる際は、ボトルを軽くひねりましょう。液だれ防止になります。
5:注ぎ終わったら、トーション(リトー)で瓶口をぬぐいましょう。

最後に

いかがでしたか?ワインは他のお酒と比べると、注ぐ時・注がれるときに気を付けなければいけないことがあります。

いざという時のためにも、知っておくと安心ですね。事前に注ぐ練習をしてみると、さらにスマートに立ち居振舞えるので、自宅でワインを飲む際に、少し意識して注ぐ練習をしてみると良いかもしれません。

Trudeau
Trudeau (トゥルードゥー) ラギオール ソムリエナイフ 革ケース付 レッドステイブルウッド 【並行輸入品】
Amazonで見る
Homestia
Homestia ラップワインサーバー 繰り返利用可能 十枚入れ シルバー
Amazonで見る
ESMA
日本製 グラスタオル 綿100% 45×80 10枚入り プロ用 業務用 白無地
Amazonで見る

J.S.A.認定シニアソムリエ/International A.S.I. Sommelier Diploma(国際ソムリエ協会認定ソムリエ)/WSET ®Diploma/WSET ®Recommended Tutor/Internal Assessor/米国ワインエデュケータ協会認定CWE/2008年 「オーストリアワイン大使」コンテスト優勝/2010年 WSET®「The Wine Australia Scholarship Award」/2016年 第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会 優勝/アカデミー・デュ・ヴァン講師
大手ワイン専門輸入商社にてマーケティングを担当、世界中のワインに触れる。退社後渡米し、カリフォルニアでのワイン修行を経て帰国。現在は、日本最大のワインスクール「アカデミー・デュ・ヴァン」の人気講師としてワインの魅力を伝えている。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.