食卓がオシャレになる!秋に作りたい「きのこのリエット」


秋と言えば、きのこを使ったお料理がテーブルを飾る季節...そこで、今回はきのこをたっぷり使った「きのこのリエット」のレシピを紹介します。

リエットはスライスしたバケットに塗ってワインのおつまみにもピッタリ。とっても簡単ですぐに出来るので是非作ってみてくださいね。

材料:1人分


生しいたけ 4個
ぶなしめじ 半パック
タマネギ 4分の1
にんにく 1片
アンチョビ 3フィレ
パセリ 少々
バター 5g
白ワイン 大1
オリーブオイル 大1

作り方


【1】タマネギ、ニンニク、椎茸、しめじは細かく切っておく。









【2】オリーブオイルでニンニク・タマネギ・生椎茸・しめじを炒める。










【3】全体がしんなりしてきたら、バター・白ワイン・アンチョビを入れさっと炒める。










【4】フードプロセッサーで撹拌しペースト状にする。(ゴロゴロとやや形が残る程度に粗めに撹拌しましたが、こちらはお好みで。)










【5】パセリをざっと混ぜ込んで出来上がり。









今回は生椎茸とぶなしめじで作ってみましたが、マッシュルームやエリンギで作っても美味しく出来ます。またアレンジでペーストをパスタに絡めたり、トーストに塗ってチーズを乗せて焼いて食べたり、他にも色々なバリエーションで楽しめるのも魅力です。

ワインと共に秋の味覚を楽しんでみてはいかがでしょうか?

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.