ハロウィンパーティーで大活躍!かぼちゃのマリネ・ローズマリー風味

10月も後半。秋晴れの行楽日和が続いて紅葉シーズン到来。私たちは、10月の初めに日光へ行ってきましたが、奥日光はもう紅葉が始まっていましたよ♪きっと今は、ちょうど見頃なんでしょうね。

紅葉もそうですが、この時期盛り上がってくるのがハロウィンです。街はハロウィン一色...年々、仮装パレードに参加する人も増えて、派手になっている気がするのは私だけでしょうか...ハロウィンといえば「かぼちゃ」ですよね!

という事で、今回は「かぼちゃ」を使ったワインレシピをご紹介。

仮装まではしなくても、少しくらいハロウィンを楽しみたいという方は、かぼちゃを使ったおつまみで、ホームパーティーなんていかがでしょう!?

合わせるワイン


イタリア・ピエモンテ ガヴィ /ピッコロ・エルネスト
産地:イタリア ピエモンテ
タイプ:白ワイン(辛口)
品種:コルテーゼ種100%

ガヴィには、全部で11の地域がありますがその中で最も古く、高品質の葡萄を生産するのが、ピッコロが所有しているロヴェレート地区です。標高250~300mのなだらかな斜面の畑で、樹齢70年以上の葡萄がほとんどだそうです。

ガヴィでは近年、樽を使用する造り手が増えているそうですが、ピッコロでは、葡萄の個性を大切にするため全てステンレスタンク発酵・熟成を行っています。得意のコルテーゼ種の品質のみを追求し、他の葡萄・他のキュヴェは一切造らないというスペシャリストです。

材料:1人分



かぼちゃ 1/4ヶ
オリーブオイル 90cc
赤ワインビネガー 30cc
にんにく 2片
ローズマリー 2枝
砂糖 小さじ1
塩 少々
揚げ油 適量

作り方


【1】マリネ液をつくる。にんにくは半分に切り、芯を取る。鍋に、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。にんにくが色づいたら、ローズマリーを入れ、火を止める。







【2】かぼちゃは種を取り、皮を剥き、1cm位の厚さにスライスする。160℃位の揚げ油に、スライスしたかぼちゃを入れる。かぼちゃが串に通る位柔らかくなったら、バットに取り出し塩をふっておく。








【3】【1】のオイルが少し冷めたら、赤ワインビネガーと砂糖を入れ、弱火にかける。砂糖が溶けたら熱いうちに、バットに並べたかぼちゃの上にかける。








【4】ぴったりとラップをして、3~4時間ほど、漬け込んだら出来上がり。







いただきます。

ワインは、柑橘系の香りとハーブの様な清涼感のある香り。味わいは、厚みのあるミネラル。果実味と酸のバランスも良く、まろやかだけどとてもさわやかな印象です。

かぼちゃは、ローズマリーの香りが広がり、ビネガーの酸がワインと良く合い、食欲をそそります。

じっくり火を入れる事によって、かぼちゃはしっとりとした食感に!この一皿で、ハロウィンパーティーが彩ること間違いなしです。

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 賑やかな下北沢でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.