ハロウィンパーティーで大活躍!かぼちゃのマリネ・ローズマリー風味

10月も後半。秋晴れの行楽日和が続いて紅葉シーズン到来。私たちは、10月の初めに日光へ行ってきましたが、奥日光はもう紅葉が始まっていましたよ♪きっと今は、ちょうど見頃なんでしょうね。

紅葉もそうですが、この時期盛り上がってくるのがハロウィンです。街はハロウィン一色...年々、仮装パレードに参加する人も増えて、派手になっている気がするのは私だけでしょうか...ハロウィンといえば「かぼちゃ」ですよね! という事で、今回は「かぼちゃ」を使ったワインレシピをご紹介。

仮装まではしなくても、少しくらいハロウィンを楽しみたいという方は、かぼちゃを使ったおつまみで、ホームパーティーなんていかがでしょう!?

合わせるワイン

イタリア・ピエモンテ ガヴィ / ピッコロ・エルネスト

産地:イタリア ピエモンテ

タイプ:白ワイン(辛口)

品種:コルテーゼ種100%

ガヴィには、全部で11の地域がありますがその中で最も古く、高品質の葡萄を生産するのが、ピッコロが所有しているロヴェレート地区です。標高250~300mのなだらかな斜面の畑で、樹齢70年以上の葡萄がほとんどだそうです。

ガヴィでは近年、樽を使用する造り手が増えているそうですが、ピッコロでは、葡萄の個性を大切にするため全てステンレスタンク発酵・熟成を行っています。得意のコルテーゼ種の品質のみを追求し、他の葡萄・他のキュヴェは一切造らないというスペシャリストです。

材料:1人分

かぼちゃ 1/4ヶ

オリーブオイル 90cc

赤ワインビネガー 30cc

にんにく 2片

ローズマリー 2枝

砂糖 小さじ1

塩 少々

揚げ油 適量

作り方

【1】マリネ液をつくる。にんにくは半分に切り、芯を取る。鍋に、オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。にんにくが色づいたら、ローズマリーを入れ、火を止める。

【2】かぼちゃは種を取り、皮を剥き、1cm位の厚さにスライスする。160℃位の揚げ油に、スライスしたかぼちゃを入れる。かぼちゃが串に通る位柔らかくなったら、バットに取り出し塩をふっておく。

【3】【1】のオイルが少し冷めたら、赤ワインビネガーと砂糖を入れ、弱火にかける。砂糖が溶けたら熱いうちに、バットに並べたかぼちゃの上にかける。

【4】ぴったりとラップをして、3~4時間ほど、漬け込んだら出来上がり。

いただきます。

ワインは、柑橘系の香りとハーブの様な清涼感のある香り。味わいは、厚みのあるミネラル。果実味と酸のバランスも良く、まろやかだけどとてもさわやかな印象です。 かぼちゃは、ローズマリーの香りが広がり、ビネガーの酸がワインと良く合い、食欲をそそります。

じっくり火を入れる事によって、かぼちゃはしっとりとした食感に!この一皿で、ハロウィンパーティーが彩ること間違いなしです。

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.