クリームチーズと混ぜるだけ!水煮缶を使った簡単サバのリエット

秋はお魚も美味しい季節。さんま、鯖など旬を迎えていますね。

さばの旬は10~12月。代表的な種類の「マサバ」は日本近海で獲れます。「秋さば」「寒さば」などと呼ばれるように、秋から冬にかけてが脂がのるので今が食べごろです。

魚のお料理にワインを合わせるとなると大体の方が「白ワイン」と思うのですが、脂ののった秋さばには軽めの赤ワインの方が合いますよ。

塩焼きも美味しいけれど、ワインに合わせて洋風に。魚料理は下ごしらえが面倒という方向けに、さばの水煮缶を使います。クリームチーズと混ぜるだけで、ワインに合う簡単絶品おつまみの出来上がりです。

材料のクリームチーズは料理に取り入れやすく、冷蔵庫から出したてだと固く締まった状態ですが、室温にしばらく置いておくとなめらかなクリーム状になります。

クリームチーズは大体が工場製で、加熱殺菌された生乳に生クリームを添加し、乳酸菌で発酵させて作られます。非熟成で、爽やかな酸味とミルクのコクが感じられる人気の高いチーズなので、世界中で作られています。

今回使用したクリームチーズはおなじみの「フィラデルフィア」。

クリームチーズは本来はナチュラルチーズ(火を通していない生のチーズ)ですが、加熱して加工したチーズを意味する「プロセスチーズ」と記載されています。クリームチーズの中でもポーションタイプは加熱加工しているので、日持ちするのでおすすめのタイプです。

森永乳業
【3個セット】フィラデルフィア クリームチーズ 200g x 3個(冷蔵品)
Amazonで見る
スイートキッチン
業務用 KRAFT ( クラフト ) フィラデルフィア クリームチーズ 2kg
Amazonで見る

フィラデルフィア公式サイト

材料:2人分

さば水煮缶 60g

クリームチーズ 30g

玉ねぎすりおろし 10g

レモン汁 小さじ1/2

塩胡椒 適量

好みのパン、クラッカーなど 適量

セロリの葉(あれば)適量

作り方

【1】ボウルにさばを入れてフォークなどでほぐす。

【2】室温で柔らかくしたクリームチーズと玉ねぎのすりおろし、レモン汁を加えて混ぜ合わせる。

【3】塩胡椒で味を整える。

【4】器に盛り付け、胡椒やセロリの葉をトッピングする。

さばの水煮缶を使いましたが、焼いたさばをほぐして使ったり、茹でてもOK。胡椒をしっかり効かせて仕上げましょう。

パンやクラッカーにのせたり、サンドイッチにしたり。パスタやオムレツの具にもぴったりです!パーティーシーンにおすすめのメニューです。ボージョレヌーボーなどの軽めの赤ワインにも合わせてみてくださいね。

サントリー
【世界NO.1 イタリアテーブルワイン】 タヴェルネッロ ロッソ イタリア 750ml [イタリア/赤ワイン/辛口/ライトボディ/1本]
Amazonで見る

ホームページ
料理研究家/フードコーディネーター/チーズプロフェッショナル/ワインエキスパート
本郷台駅徒歩3分の自宅にて「パン&料理教室 サロンドファリーヌ」を主催。自家製酵母パン、ドイツパンについても研究を深めている。パン屋さんを巡ることがライフワーク。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.