パーティーにも最適!オーストリアの郷土料理「シンケンフレッカール」

こんにちは。KITCHEN CLOWN五十嵐です。早いもので新酒の季節ですね。

新酒といえば、フランスのボジョレー・ヌーボーが11月の第3木曜日に解禁になるのは、あまりにも有名ですが、新酒の解禁は各国で異なります。日本では山梨ヌーボーが11/3に解禁になりました。

イタリアのノヴェッロは10/30、ドイツのディア・ノイエは11/1、オーストリアのホイリゲは11/11などなど...各地で、新酒は楽しまれているんですね。

そこで今回は、オーストリアの新酒『ホイリゲ』と郷土料理をご紹介します。

シンケンフレッカールとは、シンケン=ハム、フレッカール=四角くて平べったいショートパスタの事。フレッカールは、日本では入手しづらいので、リボン型のショートパスタ・ファルファッレで代用します。

今年は、ボジョレー以外の新酒も楽しんでみてはいかがですか?

合わせるワイン

ホイリゲ / クロスター・ノイブルク

産地:オーストリア

ブドウ品種:ミュラートゥルガウ、グリューナーヴェルトリナー、フル―ロータヴェルトリナー

聖マルティン祭の日(11/11)に解禁されるオーストリアの新酒・ホイリゲは、ウィーンの伝統的ワインです。 1114年に、アウグスティヌス派修道院の中に建てられたクロスター・ノイブルグは、オーストリアで最も古い醸造所の一つです。信者から寄進された108haの畑は国内最大規模を誇っています。2009年、秋篠宮両殿下が訪問したそうです。

材料:1人分

ファルファッレ 120g

ロースハム(スライス) 100g

玉子 1ヶ サワークリーム 90g

生クリーム 100g

ナツメグ 少々

パルミジャーノ(パウダー) 大さじ2

パン粉 大さじ1.5

塩・こしょう 適量

作り方

【1】ファルファッレをアルデンテに茹でる。茹で上がったら、冷水にとり水気を切っておく。ファルファッレを茹でている間に、ハムを1cm角に切っておく。

【2】玉子は卵黄と卵白に分け、それぞれボウルに入れる。卵黄に、サワークリーム・生クリームを入れよく混ぜる。そこに【1】を加え、塩・こしょう・ナツメグで味付けをしてよく混ぜる。

【3】オーブンを180℃にセットして、グラタン皿にバターをぬっておく。卵白のボウルに、塩をひとつまみ入れ、角が立つまで泡立て、そこに【2】を加えざっくりと混ぜる。

【4】【3】をグラタン皿に入れ、上にパルミジャーノとパン粉をちらす。

【5】オーブンで40分程焼いたら、出来上がり。

まとめ

ワインはとてもフレッシュで軽やかです。生き生きとした青リンゴのような爽やかさ、心地よい酸味でとても新酒らしい味わいなので、前菜や軽めの温菜と幅広く料理に合いそうです。

続いてシンケンフレッカール。郷土料理らしくとてもシンプルな味わいです。焼き色のついた表面はパリパリと香ばしく、中はフワフワの卵のソースに、パスタの食感が楽しめます。

サワークリームを使う事によって、酸味が加わり、重たくなりすぎずついつい箸が進んでしまいます。これから増えてくるパーティーにも最適なので、ぜひ作ってみて下さい。

TAGS

夫婦で営むカジュアルフレンチ。 厳選した各国のワインとそれに寄り添う料理、心地よい空間。 経堂でホッと息のつける隠れ家です。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.