フランスの冬の風物詩!アルザス地方の郷土料理「シュークルート」

今回はクリスマス時期に作りたくなるフランス・アルザス地方の郷土料理シュークルートをご紹介させて頂きます。

クリスマスシーズンのこの時期にパリをはじめ、フランス各地でマルシェ・ド・ノエル(クリスマス市場)が開催されます。

その市場ではクリスマスグッズはもちろん、フランスのクリスマスでは欠かせないフォワグラやパテなどの食材から、可愛いクッキーやクグロフ等たくさんの屋台が並び、歩いているだけでクリスマス気分が高まりワクワクしてしまいます。

その屋台の中でひと際美味しい香りを放っているのが、大きな鍋いっぱいにお肉と塩漬し発酵させたキャベツを煮込んで作られたシュークルートの店です。

寒空の下、マルシェ・ド・ノエルを回りながら熱々のシュークルートを頂く...これがフランスの冬の風物詩なんです。

材料:1~2人分


ソーセージ 4本
ブロックベーコン 200g
人参 1本
ジャガイモ 2個
ニンニク 1片
ザワークラウト 680g(一瓶)
白ワイン 100cc
コンソメ 1個
塩・胡椒 少々
オリーブオイル 大1
粒マスタード 適量
水 適量

作り方


【1】ニンニクはみじん切り、ジャガイモは半分、人参は拍子木切りにする。









【2】ソーセージは切り込みを入れ、ブロックベーコンは厚めのスライスにする。










【3】鍋にニンニク、人参、ジャガイモを入れオリーブオイルで軽く炒める。










【4】【3】の鍋にお肉を入れ材料がひたひたになる位に水と白ワインを加え、コンソメを入れ煮込む。










【5】蓋をする様にザワークラウトを被せ更に煮込む。野菜が柔らかくなったら塩・胡椒で味を整え出来上がりです。(約20分位煮込みました。)










このお料理に是非合わせて頂きたいのが、やはりアルザス地方のリースリングです。発酵したキャベツの酸味とドライなリースリングとの相性がピッタリです。

ザワークラウトとは千切りにしたキャベツを塩漬けし発酵させたもので、今回は市販の瓶詰めされたザワークラウトを使って作りました。輸入食材を扱うスーパーなどで売られています。

簡単に手軽に出来るので是非作ってみてくださいね。粒マスタードを添えて食べると一層美味しくお召し上がり頂けますよ。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.