フランス・サヴォワ地方の郷土料理「タルティフレット」

今回はフランス・サヴォワ地方の郷土料理「タルティフレット」をご紹介させて頂きます。

世界有数のスキーリゾート地としても知られるサヴォワ地方は、ラクレットやチーズフォンデュなどチーズを主体としたお料理が多く、アルプスの山で放牧された牛から搾られた良質なミルクを使ったチーズ造りの盛んな地方でもあります。

今回ご紹介するタルティフレットもジャガイモに炒めた玉葱とベーコン、そこにチーズを乗せてオーブンで焼いた素朴でシンプルな山のお料理です。

とろ〜りとろけたチーズと、熱々のジャガイモは寒い日に恋しくなる冬のごちそうです。

材料:2人分


ジャガイモ 2個
ベーコン 30g
玉葱 1/4
ルブロションチーズ 100g
※カマンベールで代用可
生クリーム 100cc
塩・胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ1

作り方


【1】ジャガイモは皮をむき厚めのスライス、玉葱は薄めのスライス、ベーコンは短冊切りにします。









【2】チーズは薄めにスライスしておきます。(今回、ルブロションチーズを使用しました。)










【3】玉葱、ベーコンをオリーブオイルで炒める。










【4】ジャガイモは電子レンジ600Wで2分加熱し耐熱皿に並べます。










【5】ジャガイモの上に炒めた玉葱、ベーコンを並べ生クリーム(一人分50cc)を回しかける。










【6】その上からチーズを並べ200℃に熱したオーブンで約20分焼く。チーズがとろけ熱々になったら出来上がりです。









合わせるワインは、サヴォワ地方で作られるルーセット・ド・サヴォワの辛口白ワインをはじめ、果実味豊かなフルーティーな白ワインがオススメです。

このお料理で使用するチーズは本来、サヴォワ地方で作られるルブロションというチーズを使用しますが、日本ではチーズ専門店などでしか売られておらず、なかなか手に入らないと思うので、カマンベールチーズやハード系のチーズ、シュレッドチーズなどで代用し作ってみてくださいね。

素材のシンプルな味わいと、チーズのコクが広がる素朴なジャガイモグラタンが楽しめます。簡単に出来るので是非作ってみてください。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.