フランス・サヴォワ地方の郷土料理「タルティフレット」

今回はフランス・サヴォワ地方の郷土料理「タルティフレット」をご紹介させて頂きます。

世界有数のスキーリゾート地としても知られるサヴォワ地方は、ラクレットやチーズフォンデュなどチーズを主体としたお料理が多く、アルプスの山で放牧された牛から搾られた良質なミルクを使ったチーズ造りの盛んな地方でもあります。

今回ご紹介するタルティフレットもジャガイモに炒めた玉葱とベーコン、そこにチーズを乗せてオーブンで焼いた素朴でシンプルな山のお料理です。

とろ〜りとろけたチーズと、熱々のジャガイモは寒い日に恋しくなる冬のごちそうです。

材料:2人分


ジャガイモ 2個
ベーコン 30g
玉葱 1/4
ルブロションチーズ 100g
※カマンベールで代用可
生クリーム 100cc
塩・胡椒 少々
オリーブオイル 大さじ1

作り方


【1】ジャガイモは皮をむき厚めのスライス、玉葱は薄めのスライス、ベーコンは短冊切りにします。









【2】チーズは薄めにスライスしておきます。(今回、ルブロションチーズを使用しました。)










【3】玉葱、ベーコンをオリーブオイルで炒める。










【4】ジャガイモは電子レンジ600Wで2分加熱し耐熱皿に並べます。










【5】ジャガイモの上に炒めた玉葱、ベーコンを並べ生クリーム(一人分50cc)を回しかける。










【6】その上からチーズを並べ200℃に熱したオーブンで約20分焼く。チーズがとろけ熱々になったら出来上がりです。









合わせるワインは、サヴォワ地方で作られるルーセット・ド・サヴォワの辛口白ワインをはじめ、果実味豊かなフルーティーな白ワインがオススメです。

このお料理で使用するチーズは本来、サヴォワ地方で作られるルブロションというチーズを使用しますが、日本ではチーズ専門店などでしか売られておらず、なかなか手に入らないと思うので、カマンベールチーズやハード系のチーズ、シュレッドチーズなどで代用し作ってみてくださいね。

素材のシンプルな味わいと、チーズのコクが広がる素朴なジャガイモグラタンが楽しめます。簡単に出来るので是非作ってみてください。

東京都在住。主人の海外赴任によりフランス・パリへ移住。そこで、フランスワインやフランス家庭料理・地方料理を学ぶ。フランスワイン10大産地を巡り知識を深め、日本に帰国後、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナルを取得。おもてなし料理を得意とし、家ワインを楽しんでいます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.