カレーとワインのマリアージュ!カレーと相性の良い「ゲヴェルツトラミネール」

はじめに


2015年もそろそろ終わりに近づいてきましたね。

お仕事もゆっくり冬休みの方も、それらしい気分を味わえる食事といえば、年越しそば・お雑煮・おせち料理・鍋料理...といったところでしょうか。

これらのメニューに合わせたいお酒は、日本酒やビール、スパークリングワインに白ワインなど、様々思い浮かびます。和食は、幅広くいろいろなお酒と相性が良いので、大変有難いメニューです。

しかし、和食続きのあとは、無性にスパイシーなものが食べたくなる!!なんていうことはありませんか?私は、スパイシーなもの=カレーが食べたくなることがよくありますが、カレーは、お酒選びに難儀すると言われがちなメニューのひとつです。

カレーにワインを合わせるなら


インドカレー、タイカレー、ビーフやチキンカレーなど、カレーにもいろいろありますが、これらに共通する「辛さ」は、非常にインパクトが強く、ワインの持つ複雑な味わいを消してしまいがちです。

個人的には、赤の「グルナッシュ」「ジンファンデル」などと合わせることもありますが、みなさんに一番におすすめしたいのが、白の「ゲヴェルツトラミネール」です。

聞き慣れない品種かもしれませんが、これは、冷涼な気候を好み、ゆっくりと熟すことで本来の個性を発揮する品種であるため、ドイツの国境に近いフランス・アルザス地方が主要産地です。ドイツでも、ゲヴェルツトラミネールの甘口高級ワインが造られていますが、今回は、是非、辛口に仕上げられたゲヴェルツトラミネールでお試しください。

ゲヴェルツトラミネールとは


このブドウの一番の特徴は、その芳醇で個性的な香りです。

ライチ、バラ、そして、エキゾチックなスパイスの香りを持ち、その華やかさに一度でも触れると、忘れることはないかもしれません。口に含むと、濃厚な果実味と酸のバランスが素晴らしく、どっしりとしたボリュームを感じます。

ちなみに、「ゲヴェルツ」とは、ドイツ語で「スパイス」という意味ですので、名前からもその雰囲気を感じ取っていただけるのではないでしょうか。

ダイナミックな香りと味わいをもつこのゲヴェルツトラミネール。これをカレーに合わせると、カレーのインパクトに負けず、カレーの味を邪魔せず、ワインの魅力も増す...お互いの相乗効果で素敵で面白いマリアージュを体感できると思います。

ゲヴェルツトラミネールの個性ゆえに、最初は苦手と感じた方が、カレーと一緒に召し上がることで、あっというまにゲヴェルツトラミネールのファンになられた光景をこれまでに何度か目にしていますので、きっと、みなさんにも気に入っていただけるのではないかと思っております。

まとめ


アルザス地方のワインは、ブドウ品種がエチケットに書いてあるので、見つけやすいのも良いですね。ワインショップで見かけたら、是非手にとってみてください。そして、このマリアージュを試してみてくださいね。

国際線CA時代にJSAソムリエ資格を取得。その後、育児の傍らアカデミー・デュ・バンに1年間通い、現在は兵庫県の自宅にて少人数でのワイン教室を主宰しています。 美味しいものとワインがあれば幸せ。そして、ワインは人と人をつなぐ魔法。ワインを少し知るだけで、ワインライフはもっと楽しくなるはずです!

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.