カレーとワインのマリアージュ!カレーと相性の良い「ゲヴェルツトラミネール」

はじめに


2015年もそろそろ終わりに近づいてきましたね。

お仕事もゆっくり冬休みの方も、それらしい気分を味わえる食事といえば、年越しそば・お雑煮・おせち料理・鍋料理...といったところでしょうか。

これらのメニューに合わせたいお酒は、日本酒やビール、スパークリングワインに白ワインなど、様々思い浮かびます。和食は、幅広くいろいろなお酒と相性が良いので、大変有難いメニューです。

しかし、和食続きのあとは、無性にスパイシーなものが食べたくなる!!なんていうことはありませんか?私は、スパイシーなもの=カレーが食べたくなることがよくありますが、カレーは、お酒選びに難儀すると言われがちなメニューのひとつです。

カレーにワインを合わせるなら


インドカレー、タイカレー、ビーフやチキンカレーなど、カレーにもいろいろありますが、これらに共通する「辛さ」は、非常にインパクトが強く、ワインの持つ複雑な味わいを消してしまいがちです。

個人的には、赤の「グルナッシュ」「ジンファンデル」などと合わせることもありますが、みなさんに一番におすすめしたいのが、白の「ゲヴェルツトラミネール」です。

聞き慣れない品種かもしれませんが、これは、冷涼な気候を好み、ゆっくりと熟すことで本来の個性を発揮する品種であるため、ドイツの国境に近いフランス・アルザス地方が主要産地です。ドイツでも、ゲヴェルツトラミネールの甘口高級ワインが造られていますが、今回は、是非、辛口に仕上げられたゲヴェルツトラミネールでお試しください。

ゲヴェルツトラミネールとは


このブドウの一番の特徴は、その芳醇で個性的な香りです。

ライチ、バラ、そして、エキゾチックなスパイスの香りを持ち、その華やかさに一度でも触れると、忘れることはないかもしれません。口に含むと、濃厚な果実味と酸のバランスが素晴らしく、どっしりとしたボリュームを感じます。

ちなみに、「ゲヴェルツ」とは、ドイツ語で「スパイス」という意味ですので、名前からもその雰囲気を感じ取っていただけるのではないでしょうか。

ダイナミックな香りと味わいをもつこのゲヴェルツトラミネール。これをカレーに合わせると、カレーのインパクトに負けず、カレーの味を邪魔せず、ワインの魅力も増す...お互いの相乗効果で素敵で面白いマリアージュを体感できると思います。

ゲヴェルツトラミネールの個性ゆえに、最初は苦手と感じた方が、カレーと一緒に召し上がることで、あっというまにゲヴェルツトラミネールのファンになられた光景をこれまでに何度か目にしていますので、きっと、みなさんにも気に入っていただけるのではないかと思っております。

まとめ


アルザス地方のワインは、ブドウ品種がエチケットに書いてあるので、見つけやすいのも良いですね。ワインショップで見かけたら、是非手にとってみてください。そして、このマリアージュを試してみてくださいね。

国際線CA時代にJSAソムリエ資格を取得。その後、育児の傍らアカデミー・デュ・バンに1年間通い、現在は兵庫県の自宅にて少人数でのワイン教室を主宰しています。 美味しいものとワインがあれば幸せ。そして、ワインは人と人をつなぐ魔法。ワインを少し知るだけで、ワインライフはもっと楽しくなるはずです!

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.