余ったお餅を使ってとろ~りもちもちオニオン餅グラタン

今年もワインに合う美味しいおつまみや、お料理の役立つ情報をのせていきます、よろしくお願い致します。 さて、お正月にはお雑煮をはじめ、たくさんのお餅を食べたとおもいますが、まだお餅が残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、余ったお餅を使って、ひと手間で美味しく、身体も温まる、お餅のオニオングラタンのレシピをご紹介します。スパークリングや、白ワインにも合うのでぜひ試してみて下さい。


材料:2人分


玉ねぎ 中サイズ 2個(350~400g) オリーブオイル 大さじ2杯 A 水 300ml A 白だし 大さじ2(※市販品) A みりん 大さじ1 ミックスチーズ 40g 餅 2個

作り方


【1】玉ねぎは皮をむいて薄切りにする。







【2】テフロンフライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、最初は強火で炒める。




【3】しんなりしてきたら弱火でじっくり炒める。かさが1/4量位になり茶色っぽくなるまで炒める。




【4】【3】にAを加え蓋をして沸騰したら弱火にして10分程煮る。




【5】餅は2等分にし、トースター等で焼く。




【6】少し深めのグラタン皿に【5】を入れ【4】を注ぐ。




【7】上にミックスチーズをのせトースターでチーズに焦げめがつくまで焼く。



ポイント ※玉ねぎは繊維を断ち切るように薄切りにすると、火の通りも早く煮えます。 ※テフロンのフライパンを使うと焦げつきにくく炒められます。 ※【2】の工程でじっくり時間をかけて炒めますが、弱火にしたらたまに混ぜる感じで、つきっきりにならなくても大丈夫です。 ※じっくり炒める事で濃厚な深い味わいになります。

まとめ


玉ねぎはじっくり炒めると味わいも濃厚になり、シンプルな材料でも絶品な味わいになります。コンソメ味より優しい味わいの白だしを使ったほうがお餅との相性もよく、玉ねぎの旨味が引き立ちます。 玉ねぎの甘さもでて濃厚な味わいになるので、軽い白ワインから、しっかり系の白ワイン ロゼワインにも合わせられるかと思います。オニオングラタン、中がお餅の意外性も楽しめて会話もはずむかと思います。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」ってどんなワイン?

チリワインは、カジュアルなデイリーワインとして注目を浴びています。2015年には、日本への輸入量が本場フランス産を抜いて1位となり、チリワインの存在感が一段と高まってきています。今回は、数あるチリワインの中でも、世界で一番売れているチリワイン「フロンテラ」についてご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.