余ったお餅を使ってとろ~りもちもちオニオン餅グラタン


今年もワインに合う美味しいおつまみや、お料理の役立つ情報をのせていきます、よろしくお願い致します。

さて、お正月にはお雑煮をはじめ、たくさんのお餅を食べたとおもいますが、まだお餅が残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、余ったお餅を使って、ひと手間で美味しく、身体も温まる、お餅のオニオングラタンのレシピをご紹介します。スパークリングや、白ワインにも合うのでぜひ試してみて下さい。

材料:2人分


玉ねぎ 中サイズ 2個(350~400g)
オリーブオイル 大さじ2杯
A 水 300ml
A 白だし 大さじ2(※市販品)
A みりん 大さじ1
ミックスチーズ 40g
餅 2個

作り方


【1】玉ねぎは皮をむいて薄切りにする。











【2】テフロンフライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、最初は強火で炒める。










【3】しんなりしてきたら弱火でじっくり炒める。かさが1/4量位になり茶色っぽくなるまで炒める。










【4】【3】にAを加え蓋をして沸騰したら弱火にして10分程煮る。










【5】餅は2等分にし、トースター等で焼く。










【6】少し深めのグラタン皿に【5】を入れ【4】を注ぐ。










【7】上にミックスチーズをのせトースターでチーズに焦げめがつくまで焼く。









ポイント
※玉ねぎは繊維を断ち切るように薄切りにすると、火の通りも早く煮えます。
※テフロンのフライパンを使うと焦げつきにくく炒められます。
※【2】の工程でじっくり時間をかけて炒めますが、弱火にしたらたまに混ぜる感じで、つきっきりにならなくても大丈夫です。
※じっくり炒める事で濃厚な深い味わいになります。

まとめ


玉ねぎはじっくり炒めると味わいも濃厚になり、シンプルな材料でも絶品な味わいになります。コンソメ味より優しい味わいの白だしを使ったほうがお餅との相性もよく、玉ねぎの旨味が引き立ちます。

玉ねぎの甘さもでて濃厚な味わいになるので、軽い白ワインから、しっかり系の白ワイン
ロゼワインにも合わせられるかと思います。オニオングラタン、中がお餅の意外性も楽しめて会話もはずむかと思います。

ホームページ | ブログ
料理研究家。東京世田谷で少人数料理教室サロン・ド・ルージュを主宰。栄養士。身近な旬の食材で家庭でも作りやすい料理を提案。 お酒全般好きで、ワインも大好き、自称、飲むリエ。 得意料理は家にある食材でササっと作るお酒のおつまみ。 家に人が集まる機会が多く、家ワインとおつまみで楽しんでます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.