ちょっとだけボルドー通になれる?5大シャトーの中にも順位があった!

出典:http://www.interestinwine.co.uk/

ワイン好きの方であれば、おそらくほとんどの方が知っているであろう、フランス・ボルドーのメドック格付け。第1級シャトーから第5級シャトーまで、61個のシャトーが選定されており、その全てが個性的で素晴らしい味わいのものばかりです。

特に、第1級に鎮座する5つのシャトーは、『ボルドー5大シャトー』と呼ばれており、他の追随を許さない最高品質の赤ワインを生み出し続けています。

そんなボルドー5大シャトーなのですが、実はこの1級シャトー内においても、ちょっとした格付け順が存在していたことをご存知でしょうか。今回は、知っていると楽しい、ボルドー5大シャトーのちょっとした豆知識を紹介していきます。

格付けは基本的に動かない!?

まず本題に入る前に、メドック格付けの特徴を理解しておくと、5大シャトーのことがより理解できると思います。このメドックの格付けは、1855年に開かれたパリ万博博覧会において、ナポレオン3世の指示によって制定された格付けです。

ちなみに、この年に貴腐ワインで有名な『ソーテルヌ&バルサック』の格付けも制定されています。(この話はまた次の機会に…)。実はこの格付け、1855年から160年あまり経った今でも、ほぼ見直されていはいません。

イレギュラーとして変更があったのは2回だけで、格付け制定直後にオー・メドックのカントメルルが5級に追加されたこと、1973年に2級だったムートン・ロートシルトが1級となったことくらいです。メドック格付けは、丸ごと、数十のシャトーが入れ替わるということはありません。

基本的には、現在のその地位が絶対的であり、第2級のシャトーがどれだけ優れたワインを造っても「シャトー1級をも凌駕する味わい!」となり、1級に昇格することは無いのです。

もちろん、今後何があるかは分かりませんが、これらのことからメドック地区の1級シャトーは地位を脅かされる事の無い、絶対的な帝王ということになるのです。

格付け制定方法に秘密あり!?

さて、ここから本題が本題です。 前述した通り、1級シャトーは絶対的な地位を確立しています。5つのシャトーそれぞれに個性があり、さまざまな表現がなされているので、1級シャトーの中でどれが素晴らしくてどれがダメなど、優越をつける評価は的確とは言えないかもしれません。

しかし、実は1855年の格付け方法を辿ると、この中にも格付けが存在していたというのです。1855年に格付けを実際に制定したのは、ナポレオン3世ではなく、ボルドー商工会議所です。その選定の仕方は、ワインの1樽分の価格を考慮しただけの、非常にラフなものだったようです。

その中身としては、958ℓ(1樽)当たり3000フランが1級、2500から2700フランが2級、2100から2400フランが3級…と、当時の価格の高い順で格付けが制定されていきました。

となると、全てのシャトーのランキングがおのずと決まっていきますよね。一体、どのシャトーが一番高額だったのでしょうか。

シャトー・ラフィット・ロートシルトがトップ!

1樽の価格順で格付けをしていったところ、一番高額だったのがシャトー・ラフィット・ロートシルトでした。基本的に同階級内では格付けは存在しませんが、ラフィットが1級シャトーの筆頭格として今でも紹介されています。

そして、1973年に1級格上げとなる、ムートンは当時は2級だったので、結果的に5シャトー全てを紹介される時は高いの確率で最後となります。一応、当時はこの1級の中にもちょっとした「順位」が存在していたんですね。

まとめ

フランスが万博の目玉にしようと、ラフな決め方をしたこの格付け。その後、ワイン界を大きく揺るがすこととなるとは、その時は夢にも思わなかったのではないでしょうか。

メドック格付けの在り方は、昔よりさまざまな議論の対象となっているようですが、やはりワインを好きになったばかりの方からすると、良い手引きにもなります。 ぜひ、ワインに興味を持った方はメドック格付けについて調べてみてはいかがでしょうか?

山梨県生まれの東京暮らし。フリーライター。音楽、ラジオ、ファッション、グルメなどさまざまなフィールドで活動中。甲州ワインに日常的に触れていたことで、知らぬ間にワイン通に…。ワインのちょっとした知識を小出しに紹介していきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.