【連載】シャンパーニュは、心遣いの出来る「優等生」のオネエサン

オトナワイン - お家ワインを目指すための特訓講座第

【 登場人物 】
葉山さん:ワインの世界を新しい切り口で教えてくれる、人気ワインライター

マナブ:社会人3年目、ワイン初心者で彼女募集中のイマドキ風な若者


マナブ君を相手に、「初デートでオーダーするのはシャンパーニュ」の話が続く。

「ビールが好きな人って、どんな料理でもビールを飲むよね。フレンチでも鮨屋でもタイ料理でも中華でも。泡があると、大抵の食べ物に合うんだ。『泡は食べ物の間口を広くする』って言葉があるほどだから。でも、ビールだと、意外性とオシャレ感がないのがツラいよね。で、登場するのが『貴族のビール』、シャンパーニュって訳さ」


「シャンパーニュが大抵の食事に合うのは泡のせいなんすね。飲んでたんすが、気が付きませんでした。泡って、甘くなくて口の中がスッキリするし、食欲も湧くんで、僕も泡の出るお酒って大好きっすよ。モエ・エ・シャンドンなんか、何度か飲みましたよ」


「食事とワインの相性のことを『マリアージュ』と言って、フランス語で結婚のことだけど、マリアージュがワイン通の薀蓄の見せどころなんだ。例えば、『ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニー村の赤ワインと桃がいい相性』みたいな超マニアックなのもあるけど、この『無限に広がる底なし沼』を避ける上でも、万能選手のシャンパーニュはいい選択だよ」


シャンパーニュは、気遣いができて、誰とでも仲良くやっていける優等生的な女性って感じっすね。来週、会う彼女みたい」


「そうだ。ワイン・リストを彼女と見ながら、ワインを選ぶ時、『ワインのことはよく知らないけど、シャンパーニュが大好き』って言えば、ワインを知らないことが、逆に、カッコよさになるんだ。例えば、同期入社の女性が、『自動車のこと、全然知らなくて、お母さんのを借りてきたの』って言いながらベンツSL350に乗ってくるとビックリするのと同じかな」


彼女、ちょっと金持ちっぽいんで、お母さん、本当にベンツかも知れませんよ(軽くガッツポーズ)。僕はプリウスでも十分っすけど...来週のデートが楽しみっす」


「ここで、一つ注意だけど、ひょっとして、泡の出るワインならなんでもシャンパーニュって思ってないかい?」


「そんなこと、オレでも知ってますよ。泡が出るワインは、カリフォルニア、スペイン、イタリアとかでたくさん作ってますけど、これは全部スパークリングワインっすよね。その中で、シャンパーニュ地方でできたのがシャンパン、いや、シャンパーニュ。この前、旅行でシンガポールへ行った時、ワイン・リストに、『シャンパーニュ(カリフォルニア)』って書いてあって、ビックリしました」


「シャンパーニュとスパークリングワインのこと、意外によく勉強してるね。酢飯に魚を乗せたのが『鮨』で、東京の鮨を『江戸前』って言うのに似てるかな。『鮨』がスパークリングワインで、『江戸前』がシャンパーニュだね」


「なるほど!」


「大阪の鮨を江戸前と言わないように、カリフォルニアの泡をシャンパーニュとは言えないね。実際に、『シャンパーニュ』ってラベルに書いたカリフォルニアの泡もあるけど、イエローカードだな。シャンパーニュは真似をされるくらい、スパークリングワインの圧倒的な最高峰なんだ」(妙に力が入っている)


「カリフォルニア産の泡、結構、美味かったすけどね。本物のシャンパーニュか、それ以外のスパークリングワインか、見分けられるとカッコイイっすよね。味や銘柄以外で、見分けられるんすか?」


「見分けるのは超簡単さ。シャンパーニュは、ラベルに必ず、Champagneと書かなきゃいけないって法律で決まっているんだ。ワイン・リストにも、Champagneって書いてるはずだし、5,000円以下じゃ載ってないしね」


「えっ、5,000円っておかしくないっすか?」


「心配しなくていいよ。逆に、世界のどんな高級高価なレストランへ行っても、低価格帯のシャンパーニュは1本$100以下、100€以下、1万円以下で飲めるのがエラい。『お家ワイン』だと、小売価格で飲めるんで、この半額以下だ。その意味でも、『お家ワイン』、最強だろ? 泡の出ないフツーのワインだと、ワイン・リストを見て、『これを飲みたい』って思うのは1万円から始まる感じだからね」(と言いながら、遠くを見る)


(つられて、同じ方向を見る)


「低価格帯のシャンパーニュといっても高級感がタップリだし、食事にピッタリ合うんで、ワイン通は大好きだよ」(急にテンションが上がって、演説状態……)


「はい。じゃあ、ビストロへ行って、ワイン・リストを渡されたら、高そうな赤白のワインをチェックするふりをして、最後に『シャンパーニュをお願いします』って言えばいいんすね」


「これまで、シャンパーニュのいいところを言ったけど、選択肢が少ないことも嬉しいよね」


「えっ、種類が少ないんですか?なんですかそれ。それじゃあ、食事に合わせる時の選択肢が少ないってことっすか?」


「シャンパーニュの生産者をメゾンって言って、メゾンの数は日本酒の酒蔵の3倍ぐらいで5000ほどあるんだけど、ワインリストに載るのは大手の常連で、5、6メゾンぐらいかな」


「へぇ~」


「各メゾンで、いろんなシャンパーニュを作ってるんで、マリアージュのことは心配しなくて大丈夫。このメゾンの名前を正しく読んでオーダーできれば、第2関門通過で1塁へ行けるよ。


「ふむふむ」


「そして、泡の出ないワイン...これをスティルワインって呼ぶんだけれど、これだと、世界の500の生産者の20年分の情報が必要なんで、『にわかワイン通』を装うにはハードルが高いかな?ちなみに、ボルドーの生産者を『シャトー』、ブルゴーニュは『ドメーヌ』と呼んで、スペインの生産者は『ボデガ』、アメリカは『ワイナリー』かな」(アドレナリンが全開状態……)


……(一度にたくさん言われたが、「メゾン」だけを覚えておけばイイと涼しい顔)


「で、ワインリストに載っている可能性が高くて、読み方を覚えておくと威張れる有名メゾンは、『異端児が褒める萌えママ久里子は暴飲じゃ』の半ダースかな?」



Taittinger(テタンジェ)
略称:テタンジェ(語呂合わせ:異端児)

Pommery(ポメリー)
略称:ポメリー(語呂合わせ:褒める)

Moet et Chandon(モエ・エ・シャンドン)
略称:モエ(語呂合わせ:萌え~)

G.H.Mumm(ジェ・アッシュ・マム)
略称:マム(語呂合わせ:ママ)

Veuve Cliqcuot(ヴーヴ・クリコ)
略称:クリコ(語呂合わせ:久里子)

Bollinger(ボランジェ)
略称:ボランジェ(語呂合わせ:暴飲じゃ)


「大雑把に言って、上のメゾンほど、エレガントで女性的な作りで、下ほどドッシリと男性的になるかな? モエは飲んだことがあるって言ってたよね? それぞれのメゾンの特徴を一言で表現するとね……」


と言いながら、今回も絶好調の葉山さん...次回へ続く

シャンパーニュとブルゴーニュを愛するワイン・ライター。ワイン専門誌「ヴィノテーク」、「神の雫(モーニング)」等にコラムを執筆。2010年にシャンパーニュ騎士団オフィシエを受章。主な著書は「クイズでワイン通」「今夜使えるワインの小ネタ(以上講談社)」、「30分で一生使えるワイン術(ポプラ社)」など

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.