12日間続けてビックリ!ワイン風呂効果は想像以上に凄かった!

今回はワイン風呂の継続結果についてお伝えしたいと思います。前回のコラムで「ワイン風呂体験」をスタートしました。

前回のコラムはこちら「ワイン風呂で貴婦人になれるかな?」 今回は、12日間これでもか!と言うくらいしっかり満喫したので、想像以上の効果がありました。(毎回2時間ちかく浸かって、潜るも欠かさず決行していた。笑)

まず肌ですが、私は冬になると乾燥肌がヒドく、お風呂上がりは慌てて化粧水やら保湿クリームを全身に塗っていたのですが、6日たったあたりから塗るのを忘れて服を着ていました。顔にはもちろん塗るのですが、体にはとくに保湿クリームを塗らなくてもカサカサせず、しっとり肌をゲットしました。(ちなみに赤ワインは油肌に効果があるそうです。) 次に冷え性です。こちらも冬になるとヒドく、お風呂から上がって、数分もしないうちに足先が冷たくなっていましたが、こちらも6日たったあたりから、すぐに冷たくならず足の裏全体がポカポカした状態が続くようになりました。以前はドライヤーで足先を温めながら、髪を乾かしていたのですが、その必要がなくなりました。

ワイン風呂をすると保湿クリームの消費量が減り、ドライヤー時間も短縮でき、体質の改善プラス節約までできてしまうという・・・ワイン風呂様々です!! それと、12日間のワイン風呂入浴の中で、“ワインに浸かりながらワインを飲む“はやっておかねば!と思い、こちらもしっかり体験しました。

しかし、酔いが回るのがもの凄く早い!たった1杯で、すっかり気持ちよくなってしまいました。皮膚からも吸収しているからなのか?温まっているからなのか?(たぶん後者)2杯目を飲んだら絶対危険だと本能が騒ぐので、1杯だけでやめておきました。正直、お酒が弱い方にはあまりオススメしません。でも、どうしてもやってみたいという方は、水の用意を絶対にしておきましょう。 でも、少量のお酒で気持ちよくなれ、同時に汗もかけるので、快適な眠りにつけました。なかなか寝付けない夜には良いかもしれません。

最後にワイン風呂を一言で表すと、“最高”です。美の超カリスマ、クレオパトラが好んで入っていたのも納得。これからもクレオパトラになれるかも?という幻想を抱きながら、ワインが余るたびに入ろうと思います。

ホームページ | ブログ
1988年広島生まれ。2013年に上京。以来、徒歩10分圏内ですべてが揃う快適生活に魅了されっぱなしのイラストレーター。ワインに対しては、グラスを肘で倒しそうと、リラックスして楽しめない臆病者。優雅に楽しむ自分になれることを期待している。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.