餃子の皮を使ってワインのおつまみにアレンジ!クルミ味噌チーズのクリスピー餃子

以前、「餃子の皮で作る!リンゴとブルーチーズのひとくちクリスピー」をご紹介しましたが、SNSを中心に餃子の皮を使ったアレンジレシピは益々広がっています。 春巻き風にしたり、ラザニア風にしたり、鍋に入れたり・・・アレンジ自在で残ったら冷凍保存もできる、餃子の皮って本当に便利ですね。 今回ご紹介するのは、私自身もヘビーローテーションしているお気に入り。餃子の皮を使って、包まないで作るパリパリおつまみです。中に入れるのは「スライスチーズ・クルミ・味噌」この組み合わせを聞くだけで、もう美味しそうだと思えちゃう黄金コンビ。フライパンでパリッと焼けば、これはもうワインの出番です!


材料:2人分


[難易度] ★★☆☆☆ [調理時間]10分 餃子の皮 18枚 スライスチーズ 3枚 白みそ 大さじ1 クルミ 30g オリーブオイル 少々

作り方


【1】フライパンにオリーブオイル少々をたらし、刷毛やキッチンペーパーで薄く均一に広げます。餃子の皮8枚を少しずつずらしながらグルリと置き、中央に1枚重ねて隙間ができないように並べます。 【2】 スライスチーズをのせます。2枚はそのまま、1枚は半分に切って上下に置くと全体に広げられます。全体に白みそを薄く塗り、乾煎りしたクルミを散らします。白みそは甘みがあり塩味控えめの味噌です。一般的な味噌(合せ味噌など)を使用する場合は分量を減らしてください。 【3】残りの餃子の皮を1と同様に重ねてのせていきます。最後にフライ返しや手のひらで、全体を軽くプレスして密着させ、表面にオリーブオイル少々をたらし、刷毛で薄く均一に塗ります。 【4】フライパンの淵に水大さじ1をまわしかけ、蓋をして中火で焼きます。5分ほど経過すると、裏側にこんがり焼き色がついてくるので一度返します。中火で更に3~4分焼き、食べやすい大きさにカットします。 【5】チーズとクルミが一体化した断面。香ばしさと、パリッカリッと食感が楽しいおつまみ。チーズをクリームチーズ、カマンベール、ブルーチーズなどに変えるとまた違った魅力に。ハムやベーコン、しらす、ドライフルーツなどを加えてアレンジを楽しんでも。 【6】前半はそのまま食べて、途中からメイプルシロップやハチミツをかけていただくのが私のお気に入り。塩味と甘みのバランスがたまりません~♪ さて、何飲もう? あくまでもカジュアルなデイリーワインでいただきたいのですが、味噌もクルミもインパクトがあるので軽すぎるワインではちょっと残念。ややコクのあるミディアムボディで、果実の凝縮感もある味わい赤ワインがオススメです。 例えばモンテプルチアーノやサンジョベーゼ、和のニュアンスを生かして日本ワインを合わせてみるのも楽しそうです。

ホームページ | ブログ
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.