イタリアが誇る赤いスパークリングワイン「ランブルスコ」ってどんなワイン?

出典:http://www.seriouseats.com/

メジャーなスパークリングワインといえば「シャンパン」ですが、世界各国でその土地の特徴を表したスパークリングワインが造られています。そんな中でもイタリアのランブルスコは初心者にも飲みやすく、非常に人気のスパークリングワインです。

今回はそんな「ランブルスコ」についてご紹介いたします。

ランブルスコとは?

ランブルスコとは黒ブドウの品種の総称で、この品種を使った微発泡性、発泡性のワインをランブルスコと呼びます。 ランブルスコとはブドウ品種の総称なので、細かくみていくと以下のような品種があります。

・ランブルスコ・ディ・ソルバ―ラ

・ランブルスコ・グラスパロッサ

・ランブルスコ・サラミーノ

・ランブルスコ・ルベルティ

・ランブルスコ・マラーニ

・ランブルスコ・マエストリ

ランブルスコは、70年代から80年代に微発泡性の赤ワインが大きな人気を呼んだために赤ワインかロゼワインしかないと思われがちですが、実際には白ワインも造られています。

赤ワインを「ロッソ」、ロゼワインを「ロゼ」、白ワインを「ビアンコ」といい、「ランブルスコ・ビアンコ」は、ランブルスコの白ワインということになります。

ランブルスコ種は花の香りと酸味が多く、辛口から甘口まで多様なタイプを生み出しています。イタリアでは実に300種類以上のランブルスコが造られていて、比較的お手軽な価格で楽しめる上品で爽やかな飲み心地は、世界中のワインファンを魅了しています。

主な産地はエミリア・ローマーニャ州

ランブルスコは主にイタリア北部のエミリア・ロマーニャ州と、その北部に位置し接しているロンバルディア州南東部で造られています。

エミリア・ロマーニャ州は州都・ボローニャから東西で歴史や文化が大きく異なります。西側のエミリア地方からロンバルディア州に向かってランブルスコの主要産地となっています。

その中でも北側に位置する地域ではフレッシュでエレガントかつミネラルに富んだランブルスコが造られおり、その南に位置する地域では、最近人気のフルボディの果実味豊かなランブルスコが造られています。

合わせるなら生ハムやハードチーズ

ランブルスコにはエミリア・ロマーニャ州の郷土料理であるパルマ産の生ハムや仔牛のカツレツやハードチーズのパルミジャーノ・レッジャーノと合わせてみて下さい。

口触りのいい泡が肉の油を流してくれたり、果実の風味がチーズや肉のコクをより引き立ててくれます。

こってりした郷土料理に合わせて、爽やかなランブルスコが愛されてきた歴史をうかがうことができるので、ぜひ一度ランブルスコを楽しんでみてください。

サッポロビール
キアリ ランブルスコ ・ロッソ 750ml [イタリア/スパークリングワイン/甘口/ライトボディ/1本]
Amazonで見る

ホームページ
お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、知識を深め、ワインエキスパートの資格を取得。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.