イタリアが誇る赤いスパークリングワイン「ランブルスコ」ってどんなワイン?

出典:http://www.seriouseats.com/
メジャーなスパークリングワインといえば「シャンパン」ですが、世界各国でその土地の特徴を表したスパークリングワインが造られています。そんな中でもイタリアのランブルスコは初心者にも飲みやすく、非常に人気のスパークリングワインです。

今回はそんな「ランブルスコ」についてご紹介いたします。

ランブルスコとは?


ランブルスコとは黒ブドウの品種の総称で、この品種を使った微発泡性、発泡性のワインをランブルスコと呼びます。

ランブルスコとはブドウ品種の総称なので、細かくみていくと以下のような品種があります。

・ランブルスコ・ディ・ソルバ―ラ
・ランブルスコ・グラスパロッサ
・ランブルスコ・サラミーノ
・ランブルスコ・ルベルティ
・ランブルスコ・マラーニ
・ランブルスコ・マエストリ


ランブルスコは、70年代から80年代に微発泡性の赤ワインが大きな人気を呼んだために赤ワインかロゼワインしかないと思われがちですが、実際には白ワインも造られています。

赤ワインを「ロッソ」、ロゼワインを「ロゼ」、白ワインを「ビアンコ」といい、「ランブルスコ・ビアンコ」は、ランブルスコの白ワインということになります。

ランブルスコ種は花の香りと酸味が多く、辛口から甘口まで多様なタイプを生み出しています。イタリアでは実に300種類以上のランブルスコが造られていて、比較的お手軽な価格で楽しめる上品で爽やかな飲み心地は、世界中のワインファンを魅了しています。

主な産地はエミリア・ローマーニャ州


ランブルスコは主にイタリア北部のエミリア・ロマーニャ州と、その北部に位置し接しているロンバルディア州南東部で造られています。

エミリア・ロマーニャ州は州都・ボローニャから東西で歴史や文化が大きく異なります。西側のエミリア地方からロンバルディア州に向かってランブルスコの主要産地となっています。

その中でも北側に位置する地域ではフレッシュでエレガントかつミネラルに富んだランブルスコが造られおり、その南に位置する地域では、最近人気のフルボディの果実味豊かなランブルスコが造られています。

合わせるなら生ハムやハードチーズ


ランブルスコにはエミリア・ロマーニャ州の郷土料理であるパルマ産の生ハムや仔牛のカツレツやハードチーズのパルミジャーノ・レッジャーノと合わせてみて下さい。

口触りのいい泡が肉の油を流してくれたり、果実の風味がチーズや肉のコクをより引き立ててくれます。

こってりした郷土料理に合わせて、爽やかなランブルスコが愛されてきた歴史をうかがうことができるので、ぜひ一度ランブルスコを楽しんでみてください。

お酒と書籍をこよなく愛すワイン好きなライターです。ワインの魅力にとりつかれ、現在ワインエキスパートを目指して勉強中。「ワイン=敷居が高い」という既成概念を壊していきつつ、一緒にワインの楽しさを探っていきましょう。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.