コロンと可愛く超カンタン!ミディトマトのファルシ(肉詰め)


赤ワインを口に含むと、思わずお腹がぐ~っと鳴るほど食欲を刺激されますよね。ジューシーでフレッシュなトマトの味わいを堪能しながら赤ワインを片手に陽気に語らう時間は最高です! トマト料理と言えばイタリアのピザやパスタ料理が思い浮かびますが、今回はコロンとした見た目が可愛い、トマトを丸ごと使ったおつまみ「ミディトマトのファルシ」をご紹介します。

具材を詰めて作る料理を「ファルシ」と言い、とっても簡単なのに見栄えするのでおもてなしにピッタリ。パクっと口に運べば肉汁が口中に広がり、赤ワインが止まりませんよ。

材料(2~3人分)


ミディトマト 6個
牛挽き肉 80g
玉ねぎ 1/8個
オリーブオイル 小さじ1/2(炒め用)
A ナツメグ 少々 (無くても可)
A ドライハーブ(バジルやセージなど) 少々
A 塩 小さじ1/4
A こしょう 少々
A 中濃ソース(またはウスターソース) 小さじ1
オリーブオイル 小さじ1


作り方(調理時間:約30分)


【1】 玉ねぎをみじん切りします。
ミディトマトの上部を切り取り、中身をくり抜き、細かく刻みます。トマトの上部は後程使用しますので残しておきます。

【2】 フライパンにオリーブオイルを入れ温め、ひき肉と塩を入れ炒めます。ひき肉の色が変わったら玉ねぎを入れ、しんなりするまでさらに炒めます。


【3】 刻んだトマトとAを入れて水分が飛ぶまで中火で約3~4分煮詰めます。

【4】  水分が飛んだ【3】をトマトの中に詰めます。

【5】トマトの上部を乗せ耐熱容器に入れ、上からオリーブオイルを回しかけます。(トマトがグラグラと不安定な場合は、倒れないようにアルミホイルを使用してトマトを囲うように並べると綺麗に焼けますよ。)

200度で13~15分オーブン(またはトースター)で加熱し、できあがりです!

盛り付け



できあがったら盛り付けです。フレッシュハーブを添えたり、小さな容器に入れても可愛く仕上がりますよ。

おすすめのイタリア赤ワイン



銘柄: HEBA(エバ)
生産者:ファットリア・ディ・マリアーノ 
品種: サンジョベーゼ主体
名称: D.O.C.G モレッリーノ・ディ・スカンサーノ

合わせたワインはイタリア・トスカーナ地方の赤ワインです。D.O.C.Gモレッリーノ・ディ・スカンサーノという舌を噛みそうなイタリアの格付ワインですが、モレッリーノはサンジョベーゼのクローンとも言われ、有名なキャンティのように瑞々しくジューシーな味わいです。

こちらのエバはフルボディで熟したプラムのような香り。味わいは力強さの中に伸びるようにイキイキとした酸味もありトマトとの相性もとっても良いんですよ。心地の良い余韻とともに、週末やおもてなしワインにいかがでしょうか。

ブログ
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.