ピクニックやお花見にも最適!簡単オシャレな前菜カナッペ

ワインを愉しむ週末のおもてなしやパーティ料理には、前菜感覚のおつまみが欠かせませんよね。私は週末に家族や友人と一緒にワインを愉しむことが大好きです!おもてなしのメイン料理にコンロもオーブンも使用することも多く、前菜は火を使わない1品を必ず用意しています。ただ、前菜は食事のスタートなだけに気分が上がるような「お~!」という見栄えが良いオシャレ感も重要だったりしますよね。

今回はおもてなしにも喜ばれる、火を使わないカナッペをご紹介します。スーパーでも手に入りやすい市販のうずらの卵(水煮)とサバ缶(水煮)を使用してオシャレな1品に仕上げます。おもてなし前日に用意して、当日はクラッカーに盛り付けるだけで完成です。

材料:4人分

[調理時間] 15分(ピクルスは一晩漬ける)
クラッカー 16枚
【うずら卵のピクルス】
うずらの卵(水煮) 8~10個
A 水 100ml
A 酢 100ml
A きび砂糖 大さじ2
A 塩 小さじ1/2
A ローリエの葉 1枚
【サバ缶のリエット風】
サバの水煮缶 1缶(190g)
ディル 3~4本 (パセリでも代用可)
オリーブオイル 大さじ2
レモン汁 大さじ1
粒マスタード 小さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1/3
【盛り付け】
ピンクペッパー 、粒マスタード、ハーブ、黒こしょう 適量

作り方(前日の仕込み)

【1】うずら卵のピクルスを作る Aを小鍋に入れ煮立たせ、煮立ったら火を止め水切りしたうずらの卵を入れます。そのままあら熱が取れたら、冷蔵庫で一晩置いてできあがりです。

【2】サバのリエット風を作る 缶詰をザルにあげ水気を落とし、ボールに移してフォークで細かく潰します。サバの皮も取り除くと仕上がりの臭みが取れます。

【3】ディルを細かく刻み材料を全てよく混ぜて、前日の仕込みは終了です。

盛り付け(おもてなし当日)

クラッカーに材料を乗せて、お皿に盛り付けます。盛り付ける時はフレッシュハーブや、粒マスタード、彩りのピンクペパー・小さく切ったレモンを添えると見栄えしますよ。黒こしょうを挽いて香りのアクセントをプラスします。

うずらのピクルスは多めに作り置きし、ピンに刺しておつまみにもなる優れもの!食べやすいサイズと切り口も可愛いので女性が集まる日のおつまみにオススメです。

オススメのスパークリングワイン

名前:CHANDON Brut
分類:スパークリングワイン
品種:シャルドネ、ピノ・ノワール

シャンパーニュで有名なモエ・エ・シャンドン社がオーストラリア・ヴィクトリア州で作るスパークリングワインです。シャンパーニュと同じ製法で造られるスパークリングワインは、泡立ちがきめ細かくクリーミー。香りもキレのある柑橘類に加え、ふくよかな酵母の香りが立ち上り複雑性も感じられます。週末やおもてなしのスターターにピッタリです!

ブログ | instagram
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.