浦和ロイヤルパインズホテルのワイン会主催「ポル・ロジェ ワインメーカーズディナー」が2017年3月9日(木)に開催!!

浦和ロイヤルパインズホテル19階に構えるレストラン RPR(アールピーアール)は、2017年3月9日(木)に1日限定で「ポル・ロジェ ワインメーカーズディナー」を開催します。
 

ポル・ロジェ社の社長であるローラン・ダルクール氏をお呼びし、世界大会優勝経験もあるレストラン RPRの料理長・竹下公平が手掛けた料理とシャンパーニュ「ポル・ロジェ」のマリアージュを楽しむことができます。

お席に限りがあるそうなので、早めの予約をおすすめします(お問い合わせはこちら)。

ポル・ロジェ

 

1849年に設立され「気品と優美」を哲学とし、格調高いシャンパーニュを造り続けているポル・ロジェは紳士のシャンパンとして人気があります。
 
ブドウ本来の繊細な味わいを引き出すために、木樽を一切使用せずステンレスタンクで発酵させ、今でも職人の手作業でルミュアージュ(動瓶)を行う数少ないハウスの一つです。


地下に広がるセラーはエペルネで最も深く、ゆっくりと熟成させることによって極上の泡を伴うシャンパーニュが造られています。

ポル・ロジェの品質は元イギリス首相チャーチル氏をも虜にしたといわれ、2004年には英国王室御用達に任命、2011年のロイヤルウエディングでも提供されるなど、国際的に高い評価を受けています。

レストランRPR料理長 竹下 公平プロフィール

金沢国際ホテルやリーガロイヤルホテルでの勤務を経て2002年に浦和ロイヤルパインズホテルに入社しました。数々のコンクールにて受賞歴を持たれています。

主な受賞歴

・2009年「第43回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール・ジャポン」優勝

 「第43回ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」世界第4位入賞

・2010年「第5回エスコフィエ・フランス料理コンクール」日本大会優勝

・2011年「第3回オーギュスト・エスコフィエ国際コンクール」世界大会優勝

イベント詳細

メニュー

・フォアグラとトリュフ

・金目鯛の柑橘マリネと甘海老、蕪のラヴィオリ風

・北寄貝と2種のアスパラガス アンサンブル

・甘鯛のカリカリ焼きと根菜の軽いコンフィナージュ風

・国産ホロホロ鶏とモリーユのパイ包み焼き マデラソース

・苺のヴァシュラン

ワインリスト

・ポル・ロジェ ピュア

・ポル・ロジェ ブリュット・レゼルヴ

・ポル・ロジェ ブリュット・ヴィンテージ

・ポル・ロジェ キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル

・ポル・ロジェ リッチ

 ※仕入れ状況等により、食材・メニューに変更がある場合がございます。

日時:2017年3月9日(木)受付/18:30~ ディナー/19:00(予約制)

会場:レストラン RPR(アールピーアール)(19F) 

料金:20,000円

※上記料金に、シャンパン(各1杯)、お料理、サービス料・税金が含まれております。
お席に限りがあるそうなので、早めの予約をおすすめします(お問い合わせはこちら)。

 編集部のコメント
記事でご紹介したこともある「ポル・ロジェ」はロイヤルウェディングや英国王族たちに愛されている、格式高いシャンパンです。ポル・ロジェを飲みながら優雅なひとときを過ごしたいですね。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.