盛り付けに差がつく!おつまみが簡単に見栄えする盛り付けテクニック

毎日の料理は、味わいだけではなく視覚も大切ですよね。自分の料理を写真に撮ったり、日々のご飯をSNSでアップしたり、家族に作るおつまみも、もちろん「見栄え」を意識せずにはいられません!

オシャレな盛り付けはセンスやテクニックがいると思っていませんか?「味は美味しいのに料理が美味しそうに見えない、なんだか写真に撮るとアカ抜けない…」そんな方に、今回はテクニックもセンスもいらない、見栄えするおつまみ料理の盛り付け方法をご紹介します。

見栄えのポイントは「スパイス」「ハーブ」を使用する

美味しそうなおつまみや、写真が撮りたくなるような料理には、必ずどこかに「ポイント」があります。お皿にドンと盛ってあるだけではなく、彩りを考えて添え物がプラスされていることが多いのです。

お皿に「ポイントとなる色」があるだけで全体の彩りが良くなり、美味しそうに見えたりしませんか?ちょっとしたひと手間を加えるだけで、お店で出る料理の見栄えを簡単に真似することができるんです!

美味しそうに見えるおつまみには、共通するアイテムが使用されています。それが「スパイス」や「ハーブ」。このアイテムを使用するだけで、いつものおつまみ料理の見栄えがランクアップします!

テクニック不要!乗せるだけ、かけるだけ、添えるだけ

難しいテクニックは一切不要です。実は、スパイスやハーブをおつまみに「乗せるだけ、かけるだけ、添えるだけ」で料理の見栄えが変わります。しかも、スパイスやハーブは独特の香りがあることが魅力。いつものおつまみがより、ワインのすすむ1品に早変わりします。

(上)ブラックペパー・ホワイトペパー・ピンクペパー
(下)クミンシード・パプリカパウダー・パセリ・タイム・セルフィーユ

フレッシュハーブを添える

例えば、洋食の添え物などで定番のパセリやセルフィーユ、タイム、ディルといったフレッシュハーブは、おつまみの横に添えるだけで彩りとナチュラルな雰囲気を演出することができます。さらに、ハーブには爽やかな香りがあるため、ワインのおつまみにもアクセントとして加えることができます。

スパイスは香りや味わいのアクセントにもなる

スパイスの代表、コショウも実は種類が豊富です。定番のブラックペパー・ホワイトペパーは香りで食欲をそそられますよね。見栄えのするピンクペパーは辛味が少なく清涼感があるため、1~3粒使用するだけで味わいのアクセントになり、色合いも良くなるマストアイテムです!

パプリカパウダーは、赤い色合いですが辛みはあまりありません。仕上げにかけたり、具材と和えたりするだけで、色味が鮮やかになります。スパイスの中でも香りが強いクミンは、カレーのような香りがするスパイスです。加熱料理にはもちろん、乗せるだけでもポイントになります。香りが強いので、野菜の味付けにもオススメです。

 

 

使えば差が付く!盛り付けビフォーアフター

実際にスパイスとハーブを「乗せるだけ、かけるだけ、添えるだけ」でどれほど盛り付けに差が出るかが気になりますよね。私は日頃、手軽に大きめのお皿を使っておつまみを何品か盛り付ける事が多いので、今回はおつまみのワンプレートを作ってみました。チーズやスープ、茹でた野菜にカナッペ、和え物などワインの定番おつまみです。

【Before】

数品を一皿に盛るだけのおつまみプレートは、それだけで気分が上がりますが、Beforeの写真は少し色合いが寂しい気がします。お皿に置いただけ…という感じがしますね。それが、先ほどのスパイス・ハーブを使ってみると…!
 

【After】

様々な色合いがハッキリと鮮やかになり、ハーブのナチュラル感で一気にレストランの一皿のように変身!フレッシュハーブを添えただけ、黒こしょうをかけただけでオシャレな雰囲気が出ます。全て「乗せるだけ・かけるだけ、添えるだけ」でこの差が出るのなら、すぐにでも試してみたくなりますよね!

最初にたくさんスパイスやハーブを揃えず、セルフィーユなど飾りのハーブを1種類・ピンクペパーなど飾りのスパイスを1種類など、ポイントとなる色味のアイテムを常備しておくだけで盛り付けがランクアップします。

乗せるだけ、かけるだけ、添えるだけでできる簡単盛り付け方法!ぜひ今晩のおつまみから始めてみてくださいね。

ブログ
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.