【セルリアンタワー東急ホテル】ローラン・ペリエを楽しむ特別な一夜!シャンパン フリーフロー企画第9弾

 セルリアンタワー東急ホテルの40階にある「ベロビスト」で定期的に行われるシャンパン フリーフロー企画は、回を重ねるごとにファンが増えている人気イベントです。シャンパンの新たな魅力の発見や料理とのマリアージュを楽しむ贅沢なひとときをご提案いたします。

今回は、「ローラン・ペリエ」よりブランドアンバサダー、フィリップ・ソーゼット氏を招き、ローラン・ペリエの歴史や特徴などを伺いながらお過ごしいただける内容にいたしました。「ローラン・ペリエ」は、1812年に創立された、世界で有数の優れたシャンパンメゾンの1つです。

2時間のフリーフロースタイルでお楽しみいただけるシャンパンは「ローラン・ペリエ ブリュットLP」。そのほか、1グラスずつ「ローラン・ペリエ ロゼ」と、「ローラン・ペリエ グラン シエクル」をご用意いたしました。料理は、シャンパンとの相性を考え、シェフがこの日のためにアレンジいたしました。東京の夜景を眺めながら、ローラン・ペリエの魅力に迫る特別な一夜をご堪能ください。

 

 フィリップ・ソーゼット シャンパン ブランド アンバサダー 

フランス・フォンテーヌブロー出身。
1974
年に来日し、以降、日本におけるフランス食文化の普及をめざし積極的に活動。
1982
年、ミッテランフランス元大統領来日記念晩餐会にて昭和天皇、ミッテラン大統領夫人を含めたメインゲストのサービスの責任者を務める。
1990
年、フランス政府より農事勲章オフィシエを受章。
現在は、イベントのプロデュースやホテル、レストランを対象に、接客サービス向上を目的とする研修セミナーを行うほか、ローラン・ペリエのアンバサダーとして活動。

ベロビスト グレイスフル モーメント概要
企画名称: シャンパン フリーフロー企画 「ベロビスト グレイスフル モーメント」
期間: 2017526日(金)の1日間限定 ※要予約・席数限定
場所: タワーズバー「ベロビスト」(40F
時間: 18001900の間にご来店ください。(ご利用時間2時間)
金額: 1名さま 11,000
内容:「ローラン・ペリエ ブリュットLPLaurent-Perrier BRUT L-P<フリーフロー>
   「ローラン・ペリエ ロゼ」Laurent-Perrier CUVÉE ROSÉ BRUT1グラス>
  「ローラン・ペリエ グラン シエクル」Laurent-Perrier GRAND SIÈCLE1グラス>
    シェフおすすめ料理(グルメプレート・メインプレート・デザートプレート)
ブランドアンバサダー: フィリップ・ソーゼット
備考:ご参加のお客さまから3名さまに、素敵なプレゼントをご用意した「お楽しみ抽選会」もございます。
表示の料金には、サービス料10%および消費税8%、テーブルチャージ料(通常1名さま1,306円)が含まれております。
ご予約・お問い合わせ:03-3476-3398(ベロビスト直通)
URLhttps://www.ceruleantower-hotel.com/restaurant/bellovisto/?id=entry2871

 編集部のコメント

 家ワインの中のローランペリエについての記事はコチラ。ロゼも1杯楽しめるようですから、ぜひ堪能してください。

家ワインニュースは、ワインに関するプレスリリースやニュースをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.