見て学んで楽しめる!見どころ満載!大阪「飛鳥ワイナリーツアー」に参加しました

今、活気がある大阪のワインが盛り上がっています。大阪ワイナリー協会が設立され、大阪ワインの新しい歴史が始まっています。今回はそんな大阪のワインの中でも、豊富な品揃えで、かつ品質も評判の高い「飛鳥ワイン」のワイナリーツアー見学に参加しました。 

たわわに実るブドウ畑を見て歩き、ブドウを知り、ワインを味わう。見どころ満載のワイナリーツアーのご紹介です。

大阪 飛鳥ワイン 

近鉄線上ノ太子から徒歩3分の場所に、ブドウ造りから瓶詰まで一貫して行なっている飛鳥ワインがあります。昭和初期からブドウ栽培を始めており、大阪の農産物を支えています。

飛鳥ワインの特徴は、ラインナップの豊富さです。フルーツワインから甘口、辛口、さらに本格的な瓶内二次発酵のスパークリングワインまで揃っています。

ワインはコンクール等で受賞されているものも多く、品質の高さも魅力です。

そんな飛鳥ワインで定期的に開催されている2時間半のワイナリーツアーは、季節ごとのブドウ畑の様子を実際に見て回り、実際にブドウを触ったり、香りを楽しんだ後にワインを飲み、ランチまで味わえる五感で存分に楽しめる盛り沢山な内容です!

見どころ満載!飛鳥ワイナリーツアー

今回伺ったのは8月中旬、気温は35度近くまで上がりカンカン照りの中、20名近くの方々と一緒にお話を伺います。

大阪・河内長野周辺は瀬戸内気候で雨が少なく日照量が多いため、凝縮した品質の良いブドウができると言います。大阪は昭和のはじめ、ブドウの産地として全国1位の時代もあったほどですが、後継者不足や高齢化などの影響からやや減少。しかし現在でも食用からワイン用まで盛んにブドウが栽培されています。

気さくでアットホームな飛鳥ワインのスタッフの方々。ひとつひとつ、ブドウの様子や垣根づくりの理由、気候についても丁寧にご説明下さるので、ワインの知識が無い方でも分かりやすく、とても勉強になります。

甲州、シャルドネ、デラウェアなど白ワインの畑を見ていきます。ツアー当日の朝も、早くからスタッフの皆さまは手摘みでブドウを収穫されていたようです。品種によって収穫時期が異なり、日々の天候やブドウの熟し具合を確認しながら丁寧な栽培・収穫をされています。

ワイン用ブドウの実食

収穫時期のワイナリーツアーは、たわわに実るブドウが美しく、ツアー中に畑を歩いていても甘い香りが漂うほどです。

今回のツアーでは、特別に収穫間近のシャルドネを試食させていただきました。ワイン用ぶどうは、食用とは甘味や凝縮感が違うので、どうだろう?と思いましたが、実に甘く完熟しそのまま食べても美味しい!この甘さがワイン造りには必要なんですね。日本固有品種も多い中、欧州系品種のワインが高評価な飛鳥ワイン。

シャルドネの次は、メルローを試食させていただきました。

黒ブドウの果皮がしっかりと色付き、収穫を今か今かと待っているようにブドウが連なっています。シャルドネ同様、メルローもそのまま食べても美味しく味わえるほど熟され、ツアー参加者の喉を甘く潤してくれました。

まさに五感で味わえるワイナリーツアーです!

発酵中のワイン試飲

1時間ほどの畑巡りを終え、次はブドウからワインになる工程を学びます。。ここでは、どんな想いでブドウを育て、どうワインを造るのかを丁寧に教えてくださるので、もうテイスティングが待ち遠しくて仕方ありません!

収穫から除梗破砕し、圧搾、そしてアルコール発酵までの流れを一通りご説明いただきながら、今回は特別にまさに醗酵中のワインまで試飲させていただきました。まだ炭酸ガスが残り、アルコールに変わる前の糖分も残り、ジュースのようなデラウェアの味わいは赤ちゃんワインのようです。

ランチ付きテイスティングタイム

約1時間半の徒歩での見学後は、ランチ付きのテイスティングタイムです。テイスティングワインは飛鳥ワインのフラッグシップである6種です。

飛鳥 スパークリングシャルドネ2015

飛鳥 シャルドネ 2013

飛鳥 リースリング2016

飛鳥 メルロー 2015

飛鳥 カベルネ・ソーヴィビニョン2012

飛鳥 デラウェア 2016

香りをグラスに迎えにいくような控えめさもありながら、口に含むと雑味が無く透明感を感じる味わいのワインでした。樽熟成のワインは、樽の香りは強すぎることなく、優しい果実味に合うように、全体に溶け込み、バランスよくまとまっています。

最後に

実際に畑を見学し、造り手の丁寧な仕事ぶりや想いを理解した後に飲むワインは格別でした!

また、ワインコンクールでも受賞されているほどの高品質なワインを造る飛鳥ワインは、エコな造りとしても有名です。農薬や化学肥料の使用を通常の半分以下に抑えて栽培されており、大阪府が認証する「大阪エコ農産物」マークのあるワインが多くあります。

ぶどう畑の見学をし、ワインの造り方を学ぶことが出来、テイスティング6種が付き、さらにランチボックスが付くというお得なワイナリーツアー。口コミの告知でもすぐに埋まってしまうんだとか。

見どころ満載の飛鳥ワイナリーツアーは、定期的に開催されています。大阪ワインの新たな歴史を感じるワイナリーツアー。ぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

飛鳥ワイン
〒583-0842 大阪府羽曳野市飛鳥1104
TEL:072-956-2020/FAX : 072-956-4667
E-mail : info@asukawine.co.jp
facebookページはこちら
アクセス:近鉄南大阪線「上ノ太子駅」より徒歩約3分

公式サイトはこちら

大阪ワイナリー協会の公式サイトはこちら

ブログ
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.