ギフトや持ち運びに最適!ワインを風呂敷でラッピングしてエコで小粋な演出を。

年末年始は、贈答用ワインを用意する予定の方も多いのではないでしょうか。そんな時は、昔ながらの風呂敷を使ったワインの包み方にチャレンジしてみませんか?

日本ワインが定着している今、日本ワインを風呂敷に包んで大切なあの人にお渡しすると、センスが光るプレゼントになりますよ

使用する風呂敷について

風呂敷のサイズは大小様々あります。今回はワインボトルを包む為にちょうど良い、【70㎝】のものを使用しています。結び目など柄があると綺麗に映えるので、両面の色が違った風呂敷がオススメです。難しそうに見えますが、コツを掴めば意外に簡単です。風呂敷でのラッピングは、紙のようにシワにならないので何度でも練習できますよ。では、早速包んでみましょう!

簡単にチャレンジできる2本包み

1本包みからチャレンジしたいところですが、実は2本包みがとっても簡単なので最初にご紹介します。2本包みも風呂敷は同じ70㎝タイプで包むことができます。

包み方

【1】風呂敷を広げ、底を向き合わせて中央にボトル2本を置きます。この時に底は離しておきます。

【2】手前の風呂敷を奥に折り、クルクルとボトルを奥に向かって巻きます。【3】瓶を立てます。
【4】上部の風呂敷を真結びしたら、完成です。

覚えておくとスマートな1本包み

次に、ぜひマスターしたい1本の包み方です。

 包み方

【1】風呂敷を広げ、ワインボトルを中央に立てます。
 
【2】手前の風呂敷の端と奥を持ち上げ、瓶の上で真結びをします。
【3】左右の風呂敷の端を瓶の後ろに回し、交差し、瓶の手前に持ってきます。
綺麗に仕上げる為に、なるべく瓶に風呂敷を添わせながら後ろで交差し、手前に回すようにします。難しい場合は、左右の風呂敷を少しねじるように後ろで交差すると瓶に沿わせやすくなりますよ。
【4】正面で真結びをします。不安定な時は、瓶を寝かせて結んでください。
これで完成です。1本包みは2本包みよりも難易度は上がりますが、マスターすれば自分なりのアレンジもできるようになります。上部の結びを1つほどき、手持ちにアレンジする方法もあるようです。結び目の位置も上下で印象が変わりますね。

上手に包むポイント

風呂敷をワインで包む際、最初に練習しておくと便利な「真結び」。通常の簡単に靴紐を結ぶような結び方ではなく、この方法だと横方向に結ぶことができ、強度も強くなります。

【1】風呂敷の両端を交差させ、一巻きします。(通常の2本の紐結び方です。)
【2】右手の風呂敷の端を左に倒し、左の端をその上にかぶせます。
【3】かぶせた左端を、出来た輪に下から入れて結びます。

最後に

ワインを風呂敷に包む方法は、輪ゴムを使用したりとバリュエーション豊富にあるようですが、まずは1つマスターして自分なりにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

今回は日本が誇る白ワイン「甲州」と日本の「ロゼスパークリング」を包んでみました。風呂敷から日本ワインが出てきたら、プレゼントとしてセンスが光りますよね!年末年始やお呼ばれのシーンで、ぜひご活用ください!

今回使用した風呂敷はこちら

山田繊維
むす美 ふろしき 70 季色 利休梅 (ピンク/クリーム)
Amazonで見る

 

山田繊維
むす美 ふろしき 70 リバーシブル 鮫 (テツ/ローズ)
Amazonで見る
 

ブログ | instagram
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.