名前が似てる間違えやすいブドウ品種「ミュスカ・ミュスカデ・ミュスカデル」の特徴と合う料理は?

ワイン用ブドウ品種の中には、一文字違いや同じような名前の品種名があります。”似たような名前=同じ品種=味わいも同じ”と勘違いしてしまうこともよくあります。

ブドウ品種には、同じ品種でも国が違えば呼び方が違う異名”シノニム”が存在しているため、違う品種だと気付かないことも多いのです。今回は、ワイン通でも間違いやすい、または知らなかった!という方も多そうな3つの品種について紹介します。

「ミュスカ・ミュスカデ・ミュスカデル」この品種はご存知ですか?この3品種は白ワイン用のブドウです。え、同じじゃないの?という方は必読!全く違う品種なので、チェックしておきましょう。さらに今回は品種ごとにどんな食材・料理と合うかも紹介します!

ミュスカ「Musucat」とは?

ミュスカと聞くと分かりづらいですが、マスカットと聞けば、ピン!と来るのではないでしょうか。ミュスカはマスカット・オブ・アレキサンドリアなどの異名を多数持ち、世界中で栽培されています。

イタリアの有名な甘口スパークリングワイン「Asti」の品種で、モスカート・ビアンコとして呼ばれています。さらにミュスカは、酒精強化ワインにも使用されます。その味わいは、とても芳香性が高く、熟した甘い香りと華やかさは女性に人気です。辛口から甘口まで多様な顔を持つミュスカですが、甘口を見掛けることが多いと思います。

ミュスカに合う食材・料理を紹介

合わせる料理は、アペリティフやデザートタイムにも合う、フレッシュチーズやフルーツがオススメです。フルーツをそのまま齧ったような、甘くて瑞々しいミュスカのジューシーさと合わさり、至福のマリアージュを愉しめますよ。

アスティ
マルティーニ アスティ スプマンテ 750ml 正規品
Amazonで見る

ミュスカデ「Muscadet」とは?

ミュスカデは、フランス・ロワール川の下流域で栽培されている白ワイン用ブドウ品種です。同意語として「ムロン・ド・ブルゴーニュ」とも呼ばれています。

軽快な酸と控えめながらも白い花のような香りですが、芳香性は強くはありません。ミュスカデは発酵を終えた後も滓引きせずに、滓とともに寝かせる「シュール・リー」製法が用いられることが多く、柔らかな酵母の香りがすることもあります。

ミュスカデに合う食材・料理を紹介

牡蠣には”シャブリ”と言われることも多いのですが、ミュスカデの軽快な酸は牡蠣とよく合います。ワイン通の方は、牡蠣はシャブリよりミュスカデを合わせる事の方が実は多いのです。生牡蠣や、シンプルに白ワイン蒸しにした牡蠣とともにミュスカデを一口。口いっぱいにミネラルが広がりますよ。

株式会社トゥエンティーワンコミュニティ
ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー750ml [フランス/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

ミュスカデル「Muscadelle」とは?

3つ品種の中で一番聞き慣れない、または初めて聞く方も多いのでは?というミュスカデル。ミュスカデルは単一品種でワインが造られることが少なく、他の品種とブレンドされる補助品種として知られているので、あまり身近な印象ではないかもしれません。

栽培地域は、フランスのボルドーやオーストラリアです。ボルドーでは、ミュスカデルはソーヴィニヨン・ブラン種やセミヨン種とブレンドされ、ボルドー・ブランとして造られています。ボルドー・ブランは、蜂蜜のような甘い香りやジャスミンのようなフラワリーな香りが楽しめます。さらに、ミュスカデルが貴腐菌をまとえば、高貴な貴腐ワインである極甘口ワインとしてもブレンドされます。

ミュスカデルに合う食材・料理を紹介

合わせる料理は、辛口のボルドー・ブランには、ソーヴィニヨン・ブランの持つ爽やかな香りが特徴なので、魚や野菜との相性も良いんです。さらに貴腐ワインにはブルーチーズを合わせると、甘さと塩味のバランスが最高の組み合わせになります。

シャトー ラグランジュ
レ ザルム ド ラグランジュ シャトー ラグランジュ 2014 白 750ml
Amazonで見る
シャトー リューセック
カルム ド リューセック 375ml [フランス/ソーテルヌ/白ワイン/極甘口/1本]
Amazonで見る

まとめ

いかがでしたか?似たような品種名ですが、それぞれ個性や栽培地域が違う別品種。合わせる食材や料理も変わってくるところも面白いですよね。意外に知られていないワイン品種の違い。品種を知ると、ラベルを見る楽しみも生まれますね!ぜひチェックしてみてください。

ブログ | instagram
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.