珍しいワイン特集!黒ブドウなのに白ワイン?白ブドウなのにオレンジワイン?おすすめ珍ワイン7選

ワインは白や赤・ロゼ・スパークリング・辛口から甘口までと、様々なタイプが存在していますが、思わず二度見してしまうような、珍しいワインに出逢ったことはありませんか?最近では「オレンジワイン」という名も、よく耳にするのではないでしょうか。今回は、通常のワインとは少し異なる、珍しいワインをご紹介します。

珍しいワインってどうやって造られるの?

ワインの造り方は、日本酒やビールとは異なり、実はとてもシンプルです。ブドウの実には糖分・水分があるので、収穫後にアルコール発酵をさせればワインのできあがりです。ワインの見た目の違いと言えば、白や赤などの色合いの濃さですよね。ブドウは、果皮は紫色でも、中身の果肉は白っぽい色合いをしています。収穫したブドウをそのまま絞り、果汁をアルコール発酵させれば、黄緑~黄色のワインができます。

赤ワインは赤い色合いを出す為に、ひと手間を加えます。収穫したブドウを果皮・種子と果汁と一緒に漬けこみ(醸し・マセラシオン)、果汁に色素のアントシアニンを抽出すれば赤い色合いが付きます。

ワインの通常の造り方を理解しておくと、珍しいワインの造り方も理解できます。赤ワインは色素を抽出するために「漬け込み」の作業をするので、色を付けないようにするには、醸しの作業をせずに黒ブドウを収穫してすぐにジュースに絞ってしまえば、色素は付かないことになります。

「黒ブドウから白ワインを造る」と聞くと驚きですが、分かりやすい例がシャンパーニュです。シャンパーニュは、「ピノ・ノワール」「ムニエ」という黒ブドウの品種からも造られます。しかし、シャンパーニュは赤くないですよね(ロゼはあります)。黒ブドウを収穫した後、黒ブドウの皮の色が付かないように静かに絞り発酵させるので、白ワインのような色合いになります。

白ワインを造る際は、白ブドウの果汁をそのまま発酵させて、フレッシュなワインを造ります。しかし、醸すことにより果皮の旨味や香りの成分が抽出され、色合いもややオレンジがかります。オレンジワインの製法には2種類ほどあり、伝統的製法によって造られるオレンジワインは、酸化を促して造られます。もう1つは、スキン・コンタクト(果皮との接触)と言われ、果皮と果汁の漬け込み作業を行うことで、より果皮の成分を抽出する製法です。

珍ワインには何を合わせたらいいの?

このような珍ワインには何を合わせたらいいのか、少し悩んでしまいますよね。黒ブドウから造られた白ワインの場合、渋みが控えめになり飲みやすくなります。香りの華やかさは充分残っていることが多いので、赤身肉よりも白系の肉(鶏・豚など)の方が、味わいのバランスが取りやすくなります。赤ワインでは合わせづらい魚料理との相性も良くなります。

白ワインから造るオレンジワインは、さっぱりとした白ワインから一転、香りや味わいの複雑性も増し、渋みも増しています。このようなオレンジワインは、実はアジア料理がとても合います。甘辛さや酸味もある中華料理やタイ料理、和食の家庭料理にも万能です。赤ワインでは重すぎる場合や、白ワインでは軽すぎるという場合にも合わせやすいので、オレンジワインはロゼワインのような感覚で、第4のワインとして人気が高くなっています。

おすすめ珍ワイン7選

ディープ・ブルー テッシュ

テッシュ
ディープ ブルー テッシュ 2015 白 750ml
Amazonで見る

こちらはドイツで造られている白ワインですが、品種は人気な黒ブドウ品種の「ピノ・ノワール」が使われています。とてもフレッシュでミネラル感に溢れています。ピノ・ノワール品種の華やかな香りと繊細な味わいが、白ワインで楽しめる珍しいワインです。

甲州F.O.S 

ココ・ファーム・ワイナリー
ココ・ファーム・ワイナリー 甲州F.O.S. 2015 白ワイン 750ml
Amazonで見る

日本のココファーム・ワイナリーが製造する甲州種。珍しい日本ワインです。白ワインと謳われていますが、造り方は赤ワインを造る要領でブドウから香りと成分を抽出した、オレンジワインのような仕上がりです。通常の白ワインとは違う、パワフルな香りと味わいです。

シャトー・マルス 甲州 オランジュ・グリ

本坊酒造株式会社
シャトー・マルス 甲州 オランジュ・グリ 2016年 750ml
Amazonで見る

こちらも珍しい日本ワインです。従来よりも長くスキン・コンタクトし、心地よい渋味と旨味が特長的で、ブドウの個性が際立つ果実味豊かなワインです。

クーリー デュテイユ ブラン ド フラン 

ドラジェ
ブラン・ド・フラン 2015 クーリー・デュテイユ 白
Amazonで見る

こちらのワインは、赤ワイン品種の「カベルネ・フラン」が使われています。ブラン(白)・ド・フラン(カベルネ・フラン)というユニークなネイミングの白ワインです。カベルネ・フランの持つ華やかな香りはそのままに、味わいはピュアな白ワインに仕立てられています。生産者の思いの通りに繊細で華やかな”新たなカベルネ・フランの魅力”が発見できます。

モルドバワイン ラダチーニ ブラン ド カベルネ

ドラジェ
ラダチーニ ブラン・ド・カベルネ 2017 白
Amazonで見る

黒海の西側に存在するモルドバ共和国は、今注目されている歴史あるワイン生産地です。ここで造られているワインは、驚きの「カベルネ・ソーヴィニヨン」から造られる白ワイン。

カベルネ・ソーヴィニヨンといえば、赤ワインの中でも濃い色調のタイプです。そんな面影すら見せないこの色合いですが、爽やかな香りに果実味に溢れた味わいに仕上がっています。

コーヒー ピノ・タージュ / ヴァンジール


 

コーヒーの名が付いたこちらの南アフリカワイン。特徴はその香りにあります。黒ブドウ品種の「ピノ・タージュ」を醸造する際に、ロースト・オーク樽の香ばしい香りを強く付けることにより、焙煎したようなコーヒーやカカオといった香りが感じられます。

エヴィノール トカイアートボトル

エヴィノール トカイアートボトル 白ワイン 紫優 化粧箱入 EVINOR TOKAJI WINE
Amazonで見る

こちらのワインは、繊細なアートボトルが魅力的です。なんと、白ワインのボトルの中に赤ワインが入っています。中身はハンガリー・トカイの甘口白ワインで、赤ワインの品種はケークフランコシュです。他にはない珍しいボトルなので、プレゼントにもオススメですよ。

最後に

ワインと一言で言っても、世界には珍しいワインがたくさん存在しています。黒ブドウから造られる白ワインも、醸造方法を少し理解するだけで「なるほど!」と納得できる造り方をしています。

どのワインも「元々のブドウの個性を、美味しいワインに変えるには?」という、生産者の想いが込められています。思わず手にとってしまうような珍ワイン、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

ブログ | instagram
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.