瓶内二次発酵って何?シャンパーニュに泡が生まれる理由と美味しいワインの見極め方

スパークリングワインがお好きな方は、「瓶内二次発酵」という言葉を聞いたことはありませんか?スパークリングワインに欠かせない泡は、実は様々な造り方によって生まれます。中でも、高貴なシャンパーニュの造り方でもある瓶内二次発酵は、高品質なスパークリングワインを生み出します。

今回は瓶内二次発酵の説明と、おすすめワインをご紹介します。美味しいスパークリングワインの見極め方を知ると、いつものワインの選び方が変わりますよ。

瓶内二次発酵とは?

出典:http://www.champagner-guide.de/

フランスのシャンパーニュが代表とも言える”瓶内二次発酵製法”。伝統的なトラディショナル方式と言います。フランスでは、Méthode traditionnelle、Méthode champenoiseと表記されます。

泡を瓶内に注入しているわけではなく、瓶の中で泡を発生させます。瓶内で発生させることで、液体に溶け込むように小さく繊細な泡が造られます。その泡は立ち上りの持続性があり、味わいはクリーミーでエレガントな仕上がりになるため、高品質なスパークリングワインになります。

瓶内二次発酵で泡を発生させる方法

出典:https://feedyeti.com/

「二次」とあるように、まず「一次発酵」が存在します。一次発酵とは、アルコール発酵を意味します。ブドウ果汁の糖分と酵母をアルコール発酵させ、アルコールと微量の炭酸ガス(二酸化炭素)が生成されることで、ワインが出来上がります。炭酸ガスは空気中に発散されるので、泡の無い一般的なワインが出来上がります。

瓶内二次発酵のスパークリングワインの造り方は、瓶の中にスティル・ワイン(泡の無いワイン)を入れ、二次発酵を起こす方法です。ただスティル・ワインを入れただけでは、二次発酵は起こりません。

一次発酵を終えたスティル・ワインを瓶の中に入れ、糖分と酵母を再び入れて二次発酵を促します。この際、瓶の蓋を閉めることで、空気中に泡が発散されずに瓶内に残ります。炭酸ガスを瓶の中に閉じ込めることにより、発生した泡がワインの中に溶け込むようになります。これが、瓶内二次発酵です。

瓶の中で発酵を終えた酵母は、澱となり瓶底に溜まります。澱はうまみ成分(アミノ酸)を含む為、熟成したスパークリングワインの香りや味わいに複雑性を与えます。

瓶内二次発酵の熟成期間により、味わいも変わります。シャンパーニュの場合、最低でも15ヶ月瓶内で熟成させます。中には、5年ほど寝かせる最高級品も存在します。熟成中にも澱を底に集め、溜まった澱を引く作業もある為、瓶内二次発酵のスパークリングワインは、手間もコストも時間もかかる贅沢なワインなのです。

ワインラベル表記と各国を代表する瓶内二次発酵ワイン

瓶内二次発酵のスパークリングワインを選ぶために、ラベル表記や代表銘柄を理解しておくと便利です。

実はラベルに瓶内二次発酵であることが記載されていることが多いので、その言葉を見つけると美味しいスパークリングワインを見つけることが出来ます。

瓶内二次発酵のワインを見つける際のポイントは、「Méthode traditionnelle」「Metodo Classico」「Traditional Method」など、伝統的に造られた製法であることを示す文字がラベルに記載されています。

各国の代表的な瓶内二次発酵で造られるスパークリングワインは、以下のようなものがあります。

フランス…シャンパーニュ(Champagne)、クレマン(Cremant)

イタリア…フランチャコルタ(Franciacorta)、

ドイツ…フラシェンゲールング(Flaschengarung)、ヴィンツァーゼクト(WinzerZekt)

スペイン…カバ(Cava)

南アフリカ…キャップクラシック(Cap Classic)

各国によって呼び方・銘柄は様々ありますが、伝統的製法の上質スパークリングを見つけるキーワードにもなる用語なので、ぜひ覚えておきたいですね。

おすすめスパークリングワイン

出典:http://www.wolfmountainvineyards.com/

セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード

三菱食品
セグラヴューダス ブルート レゼルバ エレダード 750ml [スペイン/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

「継承」というHeredad(エレダード)の名が付いたカバは、カジュアルなカバの印象がガラリと変わる上質な味わいです。繊細な泡の立ち上がりと持続に、驚くこと間違いなしです。

オルトレポー・パヴェーゼ・メトド・クラシコ モレ・ブリュット 

ドラジェ
オルトレポー・パヴェーゼ・メトド・クラシコ モレ・ブリュット 2012 カステッロ・ディ・チゴニョーラ 白 ※ヴィンテージが異なる場合があります。
Amazonで見る

フランチャコルタと並ぶ上質スパークリングワインが、DOCGオルトレポー・パヴェーゼ・メトド・クラシコ。イタリアらしいフルーティーさの中に、熟成期間から生まれる香ばしいアロマが心地良く、余韻まで鼻腔に留まります。

シャトーメルシャン 日本のあわ メトード・トラディショネル

シャトー・メルシャン
シャトーメルシャン日本のあわ メトード・トラディショネル[2013]750ml
Amazonで見る

日本産ブドウ100%で造る日本ワインの瓶内二次発酵スパークリングワインです。きめ細かくクリーミーな泡の高品質な仕上がりに、日本ワインのスパークリングワインへの可能性を感じます。約3年間の瓶内シュール・リーにより、香りの複雑性を兼ね備えています。

シャッフェンベルガー ブリュット エクセレンス

Shaffenberger(シャッフェンベルガー)
シャッフェンベルガー ブリュット・エクセレンス
Amazonで見る

過去にホワイトハウスでも振る舞われたことのある、アメリカでも最高品質のスパークリングワインです。しっかりとした果実味でクリーミーな泡。食前から食中まで楽しめるリッチな味わいです。

ディグビー・ファイン・イングリッシュ ブリュット

ディグビー・ファイン・イングリッシュ
ディグビー ファイン イングリッシュ ブリュット NV 発泡白 750ml
Amazonで見る

スパークリングワインの人気が高まる英国から、世界最高峰のスパークリングワインを目指すネゴシアンです。果実味と引き締まった酸のバランスが、シャンパーニュに引けを取らない仕上がりです。

エグリ・ウーリエ トラディション

ドラジェ
エグリ・ウーリエ ブリュット・トラディション NV 白
Amazonで見る

シャンパーニュの中でも、近年RM(小規模生産者)が脚光を浴びる中、不動の人気であるエグリ・ウーリエ。長期の瓶内熟成を経てリリースされるトラディションの複雑性は、シャンパーニュラヴァーを虜にさせます。

最後に

よく目にする瓶内二次発酵という言葉。スパークリングワインの製法の違いで、味わいに差が生まれます。製法違いを飲み比べてみると、香りや味わいはもちろん、泡が奏でる音まで違います。

上質なスパークリングワインの選び方は、用語を知っていると便利ですね。週末やお祝いの時に最適な、瓶内二次発酵製法のスパークリングワイン。上質なワインタイムには欠かせないスパークリングワインを、ぜひお試しください。

ブログ | instagram
J.S.A.ワイン検定講師(ワインエキスパート)
【おうちで愉しむワインと食】をテーマに、ワインの豆知識と合わせてちょっとオシャレなおつまみをブログ・ウェブで紹介。 兵庫県宝塚市の自宅でJ.S.A.ワイン検定のお教室を開催中。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.