山の恵みを堪能できる学芸大学「Lodge Bistro SARU」に行ってみた

こんにちは、スタッフ Kです。 家ワインではその名の通り、「お家で気軽に楽しむワイン時間」をテーマにサービスをお届けしていますが…。たまには家ではなかなかできないガッツリお肉を味わいたい!そしてもちろんおいしいお肉にはおいしいワインもあわせたい! ということで今回は出張版。 「家ワインレシピ」でもたびたび登場する東急東横線 学芸大学駅はビストロやワインバルの宝庫ですが、その中でも2015年2月に新しくオープンした『Lodge Bistro SARU』へ行ってきましたのでご紹介したいと思います。


ロッジ風の店内で滋味深い山食材を味わう


ご紹介したいと言いつつ、料理に夢中でお店の写真を撮り忘れてしまいました…。 外観などについてはお店のホームページをご覧ください。 こちらのお店のコンセプトは「山の "いのち" をいただこう。」だそうで、山小屋風に設えられた店内で、生産者の元へ直接赴き仕入れた、絶品山の幸を楽しむことができます。 まずは冒頭にも掲載したこちら、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ。 前菜の盛り合わせはビストロの華!華やかに盛りつけられたプレートはそれだけでテンションが上がります。こちらのプレートも前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリュームですが、やっぱり単品より盛り合わせを頼んでしまいます。 放牧豚のリエットや薄切りロースハム、蝦夷鹿の厚切りパテなど、前菜だけでも滋味深い食材がたっぷり味わえます。ちょい飲み目的でも満足度が高いこと間違いなし。 そしてこちらがメインにオーダーした蝦夷鹿のグリル。 つけ合わせの、フラワーえのきの包み焼きのインパクトが凄かったです。 通常は縛ってまっすぐに育てるエノキを、縛らず自由に育てているためブーケのような形になっているんだとか。ボリューム満点で、甘みがあってシャキシャキ! 蝦夷鹿の中身はきれいな赤身肉… ブラックペッパーをたっぷり挽いて、シラーのグラスワインと一緒にいただきました。 旨味があって柔らかく、野性味あふれる鹿肉は、スパイス香のあるシラーとの相性が抜群なんですよね! この日は少人数でちょい飲み目的(のわりにはよく食べていますが…)で行ったため、あまり多くのメニューを試せなかったのですが、他にも牛豚鶏、おいしそうなお肉が揃っていました。タイミングによっては、熊肉などもあるそうですよ! お肉気分の時にはぜひまた訪れたいお店です。


Lodge Bistro SARU 東京都目黒区鷹番2-16-12 エスケイリビングビル1F TEL : 03-5734-1942 ■LUNCH(ランチ) 月~金 11:30 – 14:30 土日祝 11:30 – 15:00 ■DINNER(ディナー) 月~土 17:30 – 25:00 日祝 17:30 – 22:30 不定休 http://saru-gakugeidaigaku.jp/

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.