山の恵みを堪能できる学芸大学「Lodge Bistro SARU」に行ってみた

こんにちは、スタッフ Kです。 家ワインではその名の通り、「お家で気軽に楽しむワイン時間」をテーマにサービスをお届けしていますが…。たまには家ではなかなかできないガッツリお肉を味わいたい!そしてもちろんおいしいお肉にはおいしいワインもあわせたい!

ということで今回は出張版。

家ワインレシピ」でもたびたび登場する東急東横線 学芸大学駅はビストロやワインバルの宝庫ですが、その中でも2015年2月に新しくオープンした『Lodge Bistro SARU』へ行ってきましたのでご紹介したいと思います。

ロッジ風の店内で滋味深い山食材を味わう

ご紹介したいと言いつつ、料理に夢中でお店の写真を撮り忘れてしまいました…。

外観などについてはお店のホームページをご覧ください。 こちらのお店のコンセプトは「山の "いのち" をいただこう。」だそうで、山小屋風に設えられた店内で、生産者の元へ直接赴き仕入れた、絶品山の幸を楽しむことができます。

まずは冒頭にも掲載したこちら、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ。

前菜の盛り合わせはビストロの華!華やかに盛りつけられたプレートはそれだけでテンションが上がります。こちらのプレートも前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリュームですが、やっぱり単品より盛り合わせを頼んでしまいます。

放牧豚のリエットや薄切りロースハム、蝦夷鹿の厚切りパテなど、前菜だけでも滋味深い食材がたっぷり味わえます。ちょい飲み目的でも満足度が高いこと間違いなし。

そしてこちらがメインにオーダーした蝦夷鹿のグリル。

つけ合わせの、フラワーえのきの包み焼きのインパクトが凄かったです。

通常は縛ってまっすぐに育てるエノキを、縛らず自由に育てているためブーケのような形になっているんだとか。ボリューム満点で、甘みがあってシャキシャキ!

蝦夷鹿の中身はきれいな赤身肉… ブラックペッパーをたっぷり挽いて、シラーのグラスワインと一緒にいただきました。 旨味があって柔らかく、野性味あふれる鹿肉は、スパイス香のあるシラーとの相性が抜群なんですよね!

この日は少人数でちょい飲み目的(のわりにはよく食べていますが…)で行ったため、あまり多くのメニューを試せなかったのですが、他にも牛豚鶏、おいしそうなお肉が揃っていました。タイミングによっては、熊肉などもあるそうですよ! お肉気分の時にはぜひまた訪れたいお店です。

Lodge Bistro SARU

東京都目黒区鷹番2-16-12 エスケイリビングビル1F

TEL : 03-5734-1942

■LUNCH(ランチ)

月~金 11:30 – 14:30

土日祝 11:30 – 15:00

■DINNER(ディナー)

月~土 17:30 – 25:00

日祝 17:30 – 22:30

不定休 http://saru-gakugeidaigaku.jp/

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.