山の恵みを堪能できる学芸大学「Lodge Bistro SARU」に行ってみた

こんにちは、スタッフ Kです。 家ワインではその名の通り、「お家で気軽に楽しむワイン時間」をテーマにサービスをお届けしていますが…。たまには家ではなかなかできないガッツリお肉を味わいたい!そしてもちろんおいしいお肉にはおいしいワインもあわせたい! ということで今回は出張版。 「家ワインレシピ」でもたびたび登場する東急東横線 学芸大学駅はビストロやワインバルの宝庫ですが、その中でも2015年2月に新しくオープンした『Lodge Bistro SARU』へ行ってきましたのでご紹介したいと思います。


ロッジ風の店内で滋味深い山食材を味わう


ご紹介したいと言いつつ、料理に夢中でお店の写真を撮り忘れてしまいました…。 外観などについてはお店のホームページをご覧ください。 こちらのお店のコンセプトは「山の "いのち" をいただこう。」だそうで、山小屋風に設えられた店内で、生産者の元へ直接赴き仕入れた、絶品山の幸を楽しむことができます。 まずは冒頭にも掲載したこちら、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ。 前菜の盛り合わせはビストロの華!華やかに盛りつけられたプレートはそれだけでテンションが上がります。こちらのプレートも前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリュームですが、やっぱり単品より盛り合わせを頼んでしまいます。 放牧豚のリエットや薄切りロースハム、蝦夷鹿の厚切りパテなど、前菜だけでも滋味深い食材がたっぷり味わえます。ちょい飲み目的でも満足度が高いこと間違いなし。 そしてこちらがメインにオーダーした蝦夷鹿のグリル。 つけ合わせの、フラワーえのきの包み焼きのインパクトが凄かったです。 通常は縛ってまっすぐに育てるエノキを、縛らず自由に育てているためブーケのような形になっているんだとか。ボリューム満点で、甘みがあってシャキシャキ! 蝦夷鹿の中身はきれいな赤身肉… ブラックペッパーをたっぷり挽いて、シラーのグラスワインと一緒にいただきました。 旨味があって柔らかく、野性味あふれる鹿肉は、スパイス香のあるシラーとの相性が抜群なんですよね! この日は少人数でちょい飲み目的(のわりにはよく食べていますが…)で行ったため、あまり多くのメニューを試せなかったのですが、他にも牛豚鶏、おいしそうなお肉が揃っていました。タイミングによっては、熊肉などもあるそうですよ! お肉気分の時にはぜひまた訪れたいお店です。


Lodge Bistro SARU 東京都目黒区鷹番2-16-12 エスケイリビングビル1F TEL : 03-5734-1942 ■LUNCH(ランチ) 月~金 11:30 – 14:30 土日祝 11:30 – 15:00 ■DINNER(ディナー) 月~土 17:30 – 25:00 日祝 17:30 – 22:30 不定休 http://saru-gakugeidaigaku.jp/

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.