山の恵みを堪能できる学芸大学「Lodge Bistro SARU」に行ってみた

こんにちは、スタッフ Kです。 家ワインではその名の通り、「お家で気軽に楽しむワイン時間」をテーマにサービスをお届けしていますが…。たまには家ではなかなかできないガッツリお肉を味わいたい!そしてもちろんおいしいお肉にはおいしいワインもあわせたい! ということで今回は出張版。 「家ワインレシピ」でもたびたび登場する東急東横線 学芸大学駅はビストロやワインバルの宝庫ですが、その中でも2015年2月に新しくオープンした『Lodge Bistro SARU』へ行ってきましたのでご紹介したいと思います。


ロッジ風の店内で滋味深い山食材を味わう


ご紹介したいと言いつつ、料理に夢中でお店の写真を撮り忘れてしまいました…。 外観などについてはお店のホームページをご覧ください。 こちらのお店のコンセプトは「山の "いのち" をいただこう。」だそうで、山小屋風に設えられた店内で、生産者の元へ直接赴き仕入れた、絶品山の幸を楽しむことができます。 まずは冒頭にも掲載したこちら、自家製シャルキュトリーの盛り合わせ。 前菜の盛り合わせはビストロの華!華やかに盛りつけられたプレートはそれだけでテンションが上がります。こちらのプレートも前菜だけでお腹いっぱいになってしまいそうなボリュームですが、やっぱり単品より盛り合わせを頼んでしまいます。 放牧豚のリエットや薄切りロースハム、蝦夷鹿の厚切りパテなど、前菜だけでも滋味深い食材がたっぷり味わえます。ちょい飲み目的でも満足度が高いこと間違いなし。 そしてこちらがメインにオーダーした蝦夷鹿のグリル。 つけ合わせの、フラワーえのきの包み焼きのインパクトが凄かったです。 通常は縛ってまっすぐに育てるエノキを、縛らず自由に育てているためブーケのような形になっているんだとか。ボリューム満点で、甘みがあってシャキシャキ! 蝦夷鹿の中身はきれいな赤身肉… ブラックペッパーをたっぷり挽いて、シラーのグラスワインと一緒にいただきました。 旨味があって柔らかく、野性味あふれる鹿肉は、スパイス香のあるシラーとの相性が抜群なんですよね! この日は少人数でちょい飲み目的(のわりにはよく食べていますが…)で行ったため、あまり多くのメニューを試せなかったのですが、他にも牛豚鶏、おいしそうなお肉が揃っていました。タイミングによっては、熊肉などもあるそうですよ! お肉気分の時にはぜひまた訪れたいお店です。


Lodge Bistro SARU 東京都目黒区鷹番2-16-12 エスケイリビングビル1F TEL : 03-5734-1942 ■LUNCH(ランチ) 月~金 11:30 – 14:30 土日祝 11:30 – 15:00 ■DINNER(ディナー) 月~土 17:30 – 25:00 日祝 17:30 – 22:30 不定休 http://saru-gakugeidaigaku.jp/

TAGS

ワイン初心者ですが、ワインのことを知れば知るほど魅力に開眼しそう。趣味の料理とのマリアージュが目下の楽しみです。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.