チーズ専門店が選ぶ「焼きチーズ」におすすめのチーズ6選!

今回は、世田谷区の三宿通り沿いにあるチーズ専門店LAMMASさんのワークショップに参加してきました。

種類がたくさんあるチーズの中でも、焼いて楽しむ定番チーズから意外なものまで、食材との美味しい組み合わせも含めて、6種類が登場しました!

チーズのラインナップ

・クロタン・ド・シャヴィニョル(フランス)
・ケファログラヴィエラ(ギリシャ)
・リコッタ・アッフミカータ・フリウラーナ(イタリア)
・カチョカヴァッロ・ディ・ブッファラ(イタリア)
・タレッジョ(イタリア)
・レイパユースト(フィンランド)

クロタン・ド・シャヴィニョル(フランス)

ず最初にサラダと合わせて登場したのは、フランスのAOC山羊チーズ「クロタン・ド・シャヴィニョル」です。高さ・直径ともに5cm未満のコロンと可愛い見た目が特徴的で、熟成によって酸味や甘味が変化していくチーズです。

普段そのまま切っていただいていた方は、焼きチーズとして登場することに驚くかもしれません。オーブンやトースターなどで表面を香ばしく焼いて、ブレッドやサラダに合わせると、とろっとしてとても美味しくなりますよ。

ケファログラヴィエラ(ギリシャ)

続いては、今回の焼きチーズのメインともいえる、ギリシャのヨアニナ県から「ケファログラヴィエラ」です!

ギリシャのチーズというと、フェタチーズが有名ですね。ケファログラヴィエラは、グリルチーズ「サガナキ」としても有名です。サガナキの由来は、取っ手の2つあるフライパンを意味する「サガニから来ていると言われています。

山羊と羊の混合乳で、さっぱりとした山羊と脂肪分のある羊の組み合わせは相性が良く、焼いてみると風味が豊かに立ち上ります。レモンを絞るだけでなく、タイムや蜂蜜と一緒に食べても美味しいです。取っ手が2つある可愛らしい小フライパンを用意して、見た目も本格的に焼いていただきたいですね。

カチョカヴァッロ・ディ・ブッファラ(イタリア)

グリルした野菜の上に、とろけさせたのは「カチョカヴァッロ・ディ・ブッファラ」です。ブッファラは水牛という意味で、カチョカヴァッロはイタリアのカンパーニャ州で作られている、珍しい水牛乳製なのです!

モッツァレラを熟成したチーズなので、焼いた後も弾力があって食べごたえのあるチーズです。バルサミコ酢をかけていただくとよく合いました。

リコッタ・アッフミカータ・フリウラーナ(イタリア)

続いて登場したのは、フレッシュチーズの中でも、リコッタチーズの燻製バージョンである「リコッタ・アッフミカータ・フリウラーナ」です。
塩気が優しいので、グアンチャーレ(豚頬肉)を巻いて焼きました。リコッタの甘みが焼いても生きていて、ホロホロっとした食感がとても美味しかったです。

タレッジョ(イタリア)

イタリアのロンバルディア州のウォッシュチーズである「タレッジョ」が登場です。
焼きチーズの会用に熟成士のLAMMASさんが、若めのタレッジョを用意してくださったので、ウォッシュの匂いは全く気になりませんでした。好きな方は熟成が進んだものをぜひ焼いてみてください!
今回は桜新町のドイツハムやソーセージ専門店のFINSCHMECKER SAITOUさんのお肉の上で焼き上げました。トマトソースなどもよく合うそうですよ。

レイパユースト(フィンランド)

以前フィンランドのお酒事情の記事でも紹介した、フィンランドの焼きチーズ「レイパユースト」も登場しましたよ。

今回はデザートチーズとして、アプリコットジャムとラッカと呼ばれるクラウドベリーのジャムと一緒にいただきました。

フィンランドの方から、耐熱皿にレイパユーストとバニラソースをチーズの1/3~1/2の高さまで注いで、オーブンで10分ほど焼き、シナモンを振りかける食べ方をすすめられました!

最後に

世界には面白いチーズが沢山ありますね。どのチーズも焼くだけで一層美味しく、香りや甘みも感じられて、新しい発見がありました。

グリル料理をする際にはぜひ「焼きチーズ」にぴったりなチーズを用意してワインと一緒に楽しんでみてください!

チーズ専門店LAMMAS

住所:東京都世田谷区下馬2-27-14-101TEL:03-6453-2045
営業時間:10:30~19:00(月曜定休※月曜が祝日の場合は営業)
休日などの情報はFBにて:https://ja-jp.facebook.com/lammas.jp

LAMMASホームページはこちら

<以前の関連記事>

・ワインベルトから外れた国「フィンランド」のお酒事情とは?
 http://iewine.jp/article/1982

・世田谷区の三宿通りにあるチーズ専門店「LAMMAS(ランマス)」に行ってきました!
 http://iewine.jp/article/1835

TAGS

岐阜出身。2013年在学中にGnR代表に就任。2015年慶応義塾大学・理工学部卒。学生時代、オランダから来たベジタリアンの留学生Miekeと出会い、彼女の実家のオーガニック牧場のチーズ輸入をスタート。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.